住宅ローン借り換え.jp

イオン銀行 住宅ローンへの借り換えデメリット・メリットとは?

日本最大の小売企業グループに属するイオン銀行は、ATM手数料が24時間365日無料、土日祝日も店舗を営業するなどのサービスが好評で、日本経済新聞が2017年1月に発表した「第13回日経金融機関ランキング」で「顧客満足度第1位」を獲得、2018年度のオリコン「顧客満足度住宅ローン借り換え部門1位」になるなど、利用者の満足度の高さが評判の銀行です。

ネット銀行の住宅ローンよりはやや高い水準の金利ですが、ワイド団信や疾病保障付き住宅ローンを提供するなど、商品ラインナップが充実しています。近所のイオンにあるイオン銀行に来店すると住宅ローンの広告はよく目にすると思います。

それでは、イオン銀行 住宅ローンへの借り換え デメリット・メリットについて解説してきたいと思います。

イオン銀行が日経金融機関お客さま満足度第1位

 

イオン銀行とはどんな銀行なのか?

イオン銀行は2007年に設立された新しい銀行です。全国のイオン内に店舗展開していますので、最近できた銀行の中では非常に大きな規模の銀行に成長しました。イオン銀行は、住宅ローンも扱っていますが、特に力を入れているのはカードローン(無担保ローン)・クレジットカードです。他にも銀行サービスとして標準的な、定期預金、NISA、保険、iDeCo、投資信託などの商品ラインナップは、メガバンクや地銀と比較しても遜色ありません。

イオン銀行の店舗

 

イオン銀行の住宅ローン金利は?

それでは、イオン銀行の住宅ローンについて確認していきましょう。まず、最も気になる金利からです。以下は2017年3月以降のイオン銀行の住宅ローン金利の推移です。

  変動金利 10年固定金利
2018年11月 0.470% 0.740%  
2018年10月 0.470% 0.740%  
2018年9月 0.490% 0.690%  
2018年8月 0.490% 0.690%  
2018年7月 0.490% 0.690%  
2018年6月 0.490% 0.690%  
2018年5月 0.490% 0.690%  
2018年4月 0.570% 0.690%  
2018年3月 0.450% 0.690%  
2018年2月 0.450% 0.690%  
2018年1月 0.570% 0.690%  
2017年12月 0.570% 0.690%
2017年11月 0.570% 0.690%
2017年10月 0.570% 0.690%
2017年9月 0.570% 0.690%
2017年8月 0.570% 0.690%
2017年7月 0.570% 0.690%
2017年6月 0.570% 0.690%
2017年5月 0.570% 0.690%
2017年4月 0.570% 0.590%
2017年3月 0.570% 0.590%

※金利は手数料定率型の場合。定額型の場合年0.2%上乗せ。手数料定率型も取り扱いアリ

 

イオン銀行 住宅ローンへの借り換えデメリット①融資事務手数料

イオン銀行には手数料定率型と手数料定額型の2つの住宅ローンがあります。手数料定率型の場合、事務手数料として融資額の2.16%が必要となります。手数料定額型の場合、金利が0.2%上乗せになります。これは、メガバンクや地銀の住宅ローンで言う保証料と同じぐらいの費用です。ソニー銀行新生銀行のように融資事務手数料を一律としている銀行と比べると、この事務手数料はデメリットと言えるでしょう。

以下の借り換え諸費用の比較表を確認するとわかりますが、諸費用がかかる住宅ローンの1つであることがわかります。

 事務手数料保証料団信保険料2,000万円の場合4000万円の場合
じぶん銀行の住宅ローン借り入れ・借り換え金額×2.16%(税込)不要無料432,000円864,000円
住信SBIネット銀行の住宅ローン借り入れ・借り換え金額×2.16%(税込)不要無料432,000円864,000円
新生銀行の住宅ローン54,000円~162,000円不要無料108,000円※1108,000円※1
楽天銀行の住宅ローン
(フラット35)
借り入れ・借り換え金額×1.080%※2不要金利に含む216,000円432,000円
イオン銀行の住宅ローン借り入れ・借り換え金額×2.16%(税込)※3不要無料432,000円864,000円
三菱UFJ銀行の住宅ローン保証事務手数料として32,400円借り入れ・借り換え金額×2%程度無料約45万円約89万円
三井住友銀行の住宅ローン保証事務手数料として32,400円借り入れ・借り換え金額×2%程度無料約45万円約89万円
※1安心パック利用の場合
※2新規借り入れの場合。借り換えの場合、0.972%。
※3手数料定率コースの場合
※団信保険料・保証料は目安。特に保証料はかなり大きな幅が設定されている点に注意が必要(保証料が必用な住宅ローンの場合、記載内容から大きく増加する可能性があります)です。
※2000万円は借入期間20年、4000万円は借入期間30年を前提としています。
※新生銀行は安心パック利用時。イオン銀行は手数料定率の場合。
※フラット35で団信に加入しない場合団信保険料はかかりません。

 

イオン銀行 住宅ローンへの借り換えデメリット②疾病保障が有料

イオン銀行の住宅ローンと比較されがちなネット銀行の住宅ローンは、イオン銀行よりも低金利だったりするわけですが、単に金利が低いだけでなく、疾病保障を無料でつくようにしながらの低金利だということを忘れてはいけません。イオン銀行も疾病保障を提供していますが、イオン銀行の場合には8疾病保障を利用するには住宅ローンの金利に年0.3%の上乗せする必要があります。保険金の支払条件や保障内容が違うので簡単には比較できませんが住信SBIネット銀行の住宅ローンが全疾病保障を無料で付帯させていることを考えると割高に写ります。

2018年7月からは居住不能信用費用保険と取り扱いも開始しています。

居住不能信用費用保険

イオン銀行の住宅ローンの天災保障

金融機関保障内容 
じぶん銀行の住宅ローンガンと診断されただけで住宅ローン残高が半分になる疾病保障が無料付帯。詳しくはこちら
au住宅ローンガンと診断されただけで住宅ローン残高が半分になる疾病保障が無料付帯。3万円のキャッシュバック特典もアリ詳しくはこちら
楽天銀行の住宅ローン
(金利選択型・変動金利)
全疾病(すべての病気や怪我)の保障が無料付帯詳しくはこちら
イオン銀行の住宅ローンガン保障や8疾病保障を取り扱い(有料)詳しくはこちら
新生銀行の住宅ローン要介護3と認定されると住宅ローン残高がゼロに詳しくはこちら
住信SBIネット銀行の住宅ローン全疾病(すべての病気や怪我)の保障が無料付帯詳しくはこちら
三菱UFJ銀行7疾病保障を取り扱い(年0.3%の金利上乗せが必要)
みずほ銀行8疾病保障を取り扱い(有料)
2018年11月現在

 

イオン銀行 住宅ローンへの借り換えデメリット③金利が高い?

メガバンクや地銀の住宅ローンと比べると低金利の住宅ローンですが、ネット銀行の住宅ローン金利との比較ではやや割高感があります。以下の比較表を確認いただくと一目瞭然ですね。

住宅ローン変動金利10年固定詳細・申込み
じぶん銀行の住宅ローン0.457%0.680%公式サイトへ
詳細を見る
au住宅ローン0.457%0.680%公式サイトへ
詳細を見る
住信SBIネット銀行の住宅ローン0.428%0.860%公式サイトへ
詳細を見る
楽天銀行の住宅ローン
(金利選択型)
0.527%1.242%公式サイトへ
詳細を見る
ソニーの住宅ローン0.807%1.030%詳細を見る
新生銀行の住宅ローン0.900%(※1)1.100%公式サイトへ
詳細を見る
イオン銀行の住宅ローン0.470%0.740%公式サイトへ
詳細を見る
※金利は2018年11月の金利。当サイト調べ。

 

ネット銀行は店舗(とその店舗で働く人件費)を圧縮した効率的なコスト構造になっており、住宅ローンの金利もそれを生かして超低金利を提示しています。一方で、2018年7月の三菱UFJ銀行の変動金利は年0.625%~年0.775%で、店舗を持つ銀行の中では金利は低い水準にあります。ネット銀行と比べて高いと言ってしまうのは少々気の毒かもしれません。実際、店舗を構える新生銀行の住宅ローンと比べたりすると金利はかなり低い水準にあります。

 

続いてイオン銀行の住宅ローンのメリットを確認していきましょう。

 

イオン銀行 住宅ローンへの借り換えメリット①イオングループでの買い物が割り引き

イオン銀行の住宅ローンの最大の特徴・メリットはイオングループでの毎日の買い物がいつでも5%オフになる特典です。毎月5万円の生活用品をイオンで買い物するする人は、毎月2500円オトクになります。1年で3万円オトクになる計算です。このサービスは最大で5年間利用できるので毎月5万円の買い物をする人は、最大で15万円相当のメリットがあることになります。

このサービスで注意しなければならないのは、住宅ローンを借り入れている期間中ずっと5%オフになると勘違いしてしまう人が多いことです。5年間だということは忘れないようにしましょう。(5年間しか利用できない、という説明はもう少し目立つようにホームページなどに書いた方が良いと思うのですが・・)

イオンセレクトクラブ

 

イオン銀行 住宅ローンへの借り換えメリット②年収100万円以上から審査OK

イオン銀行の住宅ローンは年収100万円以上あれば利用できます。ただし、雇用保険に加入している条件があるので注意しましょう。

ソニー銀行や楽天銀行のように年収400万円以上を条件としている銀行もありますので、年収100万円以上で利用できる住宅ローンは非常に珍しい部類です。

 

イオン銀行 住宅ローンへの借り換えメリット③契約手続きがネット完結

イオン銀行では2018年1月より住宅ローン契約をネット完結で行えるようにシステム更新が行われています。これにより提出書類や契約書の郵送にかかる手間や時間がなくなり、住宅ローン審査に必要な時間が大幅に圧縮されることとなります。

イオン銀行の住宅ローンのネット完結型

 

イオン銀行 住宅ローンへの借り換えメリット④借り換え専用の変動金利を提供

イオン銀行では借り換え限定で変動金利を年0.490%で提供しており、他のネット専業銀行と比較してもそん色ないレベルになっています。ただし、疾病保障が付帯されている、じぶん銀行の住宅ローン住信SBIネット銀行の住宅ローンには見劣りはすると言えます。

さらにこの0.470%の優遇金利を受けるためには

1.イオンカードセレクトの申込み
2.イオン銀行インターネットバンキングの登録
プラスして、
1.イオン銀行を口座を給与振込口座に指定
2.カードローンの申込み
3.投資信託口座開設

の優遇適用条件としています。

 

まとめ

金利や疾病保障といった住宅ローンの基礎的な商品性の比較ではそれほど大きなメリットはありませんが、イオングループの店舗が近くにあり、よく買い物をする人にとっては、イオングループでの買い物が毎日5%OFFになるのは嬉しいですね。また住宅ローンの審査条件がやや甘い設定になっているのもメリットの1つと言えそうです。今から2年ほど前に業界最低金利水う淳まで金利を引き下げて業界に一石を投じたイオン銀行。2018年はそこまでの低金利ではなくなっていますが、イオングループでの買い物が多い人にとっては魅力的な住宅ローンの1つであることは間違いありません。

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識