住宅ローン借り換え.jp

住宅ローン借り換え.jpに掲載する情報には金融機関のPR情報が含まれます。
借り換えランキングのヘッダー

<2024年6月更新>

この特集ページでは、金利・手数料・保証料・疾病保障・安心感・借り入れ後の利便性など、住宅ローンを選ぶ時に重視したい様々なポイントで比較した今月のおすすめ住宅ローンを紹介しています!
住宅ローンは少しでも低い金利の商品を選ぶことが重要ですが、金利だけで選ぶのは間違いです。事務手数料や保証料はもちろん、疾病保障サービスもしっかり考慮することが大切です。

住宅ローンは金利だけでなく保証料・手数料・疾病保障の内容をしっかりと比べて選ぶようにしてください。

なお、最新・最先端の住宅ローンと昔の住宅ローンとの違いを比べると「住宅ローンの返済額の削減」だけでなく「将来の安心感」が手に入ることがわかると思います。

将来の安心感は家族の安定した生活や将来の安心感にも繋がります。また、ここで紹介している住宅ローンは地方に住んでいる人も全く問題なく利用できることを見逃せません。特に地方に住んでいる人は、地銀や信金・JAやろうきんの住宅ローンに安易に決めてしまわないようにしましょう。

最初に人気の変動金利と10年固定金利でおすすめの住宅ローンから紹介します。(固定金利タイプはこちら)

auじぶん銀行

auじぶん銀行の住宅ローン がんと診断されるだけで住宅ローン残高が半分に!がん50%保障団信・4疾病保障・全疾病長期入院保障※1が無料
  変動金利※2

HPご確認%(全期間引下げプラン)・借り換え時

事務手数料

2.20%(税込)

保証料

無料(※3)

10年固定金利※2

HPご確認%

(当初期間引下げプラン)

一部繰上返済手数料

無料

疾病保障

がん50%保障(診断)など

<その他の特徴>

  • スピーディーな審査は業界最速の水準!!
  • 書類の記入・郵送無し!ネット完結で印紙代を節約!
  • 住宅購入・借り換えの諸費用の借り入れも可能

※1 満50歳までの方が加入可能。

※2 審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。 金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5 年、10年に限定されます。

※3 審査の結果、保証会社を利用することになった場合、保証料相当額を上乗せした保証付金利プランとなる場合があります。その場合、上記の金利とは異なる金利になります。

編集部コメント

auじぶん銀行の住宅ローンは変動金利・10年固定金利の低金利が最大の魅力です。ただ金利が低いだけでなく、”がんと診断されたらすぐに住宅ローンの残高が半分になるがん50%保障団信”と”精神障がいを除くすべての病気とケガを理由とした入院が180日以上続くと住宅ローンの残高が0円になる全疾病保障”が無料でセットされたうえでの低金利という事を考えると驚異的としか言いようがありません。

がん保険に加入したことがある人はわかると思いますが、がん保険の保険金は100万円~300万円でも毎月3,000円~10,000円ぐらいの保険料を支払う必要があります。住宅ローンの残高の半分(3,000万円の借り入れなら最大で1,500万円)が保険金で受け取れるがん保険が無料でついてくるのは極めて高い価値があります。

がんの治療はスピードが最優先されますので、がんと診断されたら慌ただしく治療・入院がスタートします。収入も減ってしまったり、仕事を継続できなくなるう可能性も高く、診断時に住宅ローンの残高が半分になって、毎月の返済額も半分になるauじぶん銀行の住宅ローンの安心感は説明するまでもありません。万が一治療が長引いて入院が180日以上続くような状態になったら住宅ローンの残高が0円になるので安心感の高さは群を抜いていると言えるでしょう。

また、保証料無料(※2)、一部繰上返済手数料無料、通常団信の保険料も無料です。唯一、事務手数料が住宅ローンの借入金額の2.20%(税込)かかるのが弱点ですが、補って余りあるメリットがありますし、その事務手数料も住宅ローンの残高に組み入れて借入できますので、頭金がない人や手元にお金を残しておきたいない人もかなり利用しやすくなっています。(他にも不動産仲介手数料などその他の諸費用も上乗せして借入可能です)

また、特に好感がもてるのは金利プランで、auじぶん銀行の住宅ローンの金利は「低い金利で利用するための複雑な条件がない(カードローンやクレジットカードを同時に申し込まなければならない)」など非常にわかりやすくなっています。

他にも書類を郵送ではなくデータで提出することもできるので数万円かかる印紙代も節約できます。ペアローンやミックスローンを利用すると印紙代は2倍かかるのでこの印紙代カットの効果は倍増します。

ネット銀行の利便性と効率性を武器に今の日本の住宅ローンの最先端を走っているauじぶん銀行の住宅ローンは、新規借り入れ・借り換え問わず選択肢の1つに加えておくべき住宅ローンであることは間違いありません。

こんな人におすすめ

「低金利の変動金利・10年固定金利を探している人」、「将来、がんになるリスクに備えたい人」、「全ての病気やケガによる入院に備えたい人」、「諸費用も含めて借りたい人」、「ネット銀行の住宅ローンを利用したいが時間があまりない人」

ソニー銀行

がんと診断されるだけで住宅ローン残高が半分になるがん保障が無料!さらに残高が0円になる保障もおトク!
ソニー銀行の住宅ローン 変動金利

年0.397%(借り換え時)※1

(変動セレクト住宅ローン)

事務手数料

2.20%(税込)

保証料

無料

10年固定金利

年1.466%※1

(固定セレクト住宅ローン)

一部繰上返済手数料

無料

疾病保障

がん50%保障(診断)

<その他の特徴>

  • 諸費用の安さは業界随一!
  • 仮審査は最短60分!のスピード審査
  • がんと診断されたら残高が半分になる保障が無料!
  • がんと診断されたら残高が0円になる保障利用時の費用負担にも大注目!
※1 2023年11月1日からのお借り入れ分について、新規購入での物件の購入価格を超えてお借り入れの場合は、金利が0.05%上乗せになります

編集部コメント

ソニー銀行は日本で初めて住宅ローンの取扱いを行ったインターネット銀行で、ネット住宅ローンとしては国内最古の歴史があります。

2019年に「がん50%保障」と「がん100%保障」という団信の取扱いを開始したことで将来の安心感を意識した住宅ローンに進化しただけでなく、先行して類似のサービスを提供していたauじぶん銀行のサービス内容(金利上乗せ幅や付帯サービス)よりもおトクな面があるような商品に設計されています。

こんな人におすすめ

「低金利の変動金利・10年固定金利を探している人」、「将来、がんになるリスクに備えたい人」、「全ての病気やケガによる入院に備えたい人」、「諸費用も含めて借りたい人」、「ネット銀行の住宅ローンを利用したいが時間があまりない人」

アルヒ(フラット35)

アルヒの住宅ローン フラット35非常に魅力的な水準の金利!アルヒだけのアルヒスーパーフラットにも注目!
  20年固定金利 年1.460%

事務手数料

1.10%(税込・ARUHIダイレクトで申込・契約まで行った場合)※

保証料

無料

35年固定金利 年1.850%

一部繰上返済手数料

無料

疾病保障

無し

<その他の特徴>

  • アルヒスーパーフラットならさらに低金利!
  • フラット35実行件数シェア連続1位獲得中!(全体)
  • 最短3営業日で本審査完了(店舗来店時、事務手数料は税込み2.20%)

※最低事務手数料220,000円(税込)

こんな人におすすめ

「自営業・派遣社員・契約社員として働いている人」、「店舗で専門スタッフに相談したい人」、「自己資金が住宅価格×20%以上用意できている人」固定金利の住宅ローンを考えている人」、「民間銀行の住宅ローン審査に落ちた人」、「住宅ローンの契約までの時間がとにかくない人」

SBI新生銀行

SBI新生銀行の住宅ローン SBI新生銀行の住宅ローンの固定金利の低金利は見逃せない!
SBI新生銀行の住宅ローン借り換え 10年固定金利

年0.950%

事務手数料

2.20%(税込)※手数料定率型

保証料

無料

35年固定金利 年1.550%

一部繰上返済手数料

無料

疾病保障

介護保障

<その他の特徴>

  • 保証料無料・団信保険料も無料
  • 介護保障&元本返済休止サービス(安心パック)は魅力的
  • 育児代行・家事代行サービスも
こんな人におすすめ

「借り入れ・借り換え時の初期費用をできるだけ低下させたい人(事務手数料定額型がおすすめ)」、「10年固定・35年固定など固定金利を探している人」、「転職直後の人」、「ITフリーランスなどとして働く人」

最新の住宅ローン情報

注目の住宅ローンの最新動向!

auじぶん銀行では、がん50%保障団信に加えて、精神障がいを除くすべての病気やケガに備える全疾病長期入院保障や月次返済保障が満50歳までの人に無料で提供しています。

無料で利用できる住宅ローンの疾病保障としては最強とも言える内容で、auじぶん銀行の住宅ローンは引き続き人気を集めることになりそうです。

 

auじぶん銀行のがん50%保障と全疾病保障について詳しくはこちら