住宅ローン借り換え.jp

2018年10月のフラット35の金利を予想!来月の金利はどうなる?

2018年10月のフラット35の金利が判明しました!結論としては前月から0.02%の引き上げとなりました。当サイトでは0.03%~0.04%の金利引き上げを予想していましたので予想よりは金利引き上げ幅は小さくなっています。

なお、楽天銀行・アルヒ・住信SBIネット銀行など当サイトで紹介する機会の多いフラット35取扱い金融機関もフラット35取扱金融機関最低水準の金利を維持し引き続き人気を集めそうです。

 

10月のフラット20・35金利動向

   

2018年9月

2018年9月

 

フラット20  団信加入あり 年1.31% 年1.33% +0.02%
団信加入なし 年1.11% 年1.13% +0.02%
フラット35  団信加入あり 年1.39% 年1.41% +0.02%
団信加入なし 年1.19% 年1.41% +0.02%

※この金利は自己資金10%以上のフラット20・フラット35の最低水準の金利です。フラット35は販売する金融機関により金利が異なります。毎月、最低金利水準で販売している金融機関には楽天銀行アルヒ住信SBIネット銀行などがあります。

 

 

2018年10月にフラット35に申し込むなら?

フラット35は金融機関によって金利や手数料が違います。

ただし、今では大半の金融機関の金利が横並び状態が続いていますので、注目が必要なのは「事務手数料」と「オプションサービス」です。

おすすめは事務手数料やオプションサービスが魅力的な「楽天銀行」「アルヒ」「住信SBIネット銀行」です。以下に簡単に特徴を紹介しますが、それぞれ魅力的なサービスを提供しています。特に楽天銀行は「借り換え」の場合の手数料は0.972%~となっていてかなり魅力的です。

  実績 手数料 付帯サービス(コメント)
楽天銀行 フラット35の実行件数で銀行業界で1位 新規:借入金額×1.080%~1.404%
借り換え:借入金額×0.972%~1.404%
楽天銀行口座を返済口座に指定するだけで事務手数料が最優遇。
アルヒ 8年連続フラット35実行件数1位(総合1位) 借入金額×1.08%~2.16% WEBからの事前申し込みで事務手数料が半額!
住信SBIネット銀行 全疾病保障が無料で付帯するの住信SBIネット銀行だけ! 借入金額×2.16% 2018年4月から全疾病保障が無料で付帯するように!→ 詳しくはこちら

 

以下は2018年9月に10月の金利を予想した際の投稿です。

 

2018年9月22日に住宅金融支援機構が2018年10月のフラット35の金利の参考指標である住宅金融支援機構債券の発行条件を発表しました。

今回発表された機構債券の利回りは年0.47%で前月から0.03%引き上げられています。この機構債券の利回りはフラット35の金利と連動しますので、結論としては2018年10月のフラット35の金利は0.03%程度の引き上げになると予想できます。

 

  第136回(前回) 第137回(今回)  
利回り 年0.440% 年0.470% +0.03%


2018年10月のフラット35の金利を予想

フラット35は、この機構債券の利回りの動向をチェックすることで翌月の金利がほぼ正確に予想できます。さっそく2018年9月のフラット35の金利を予想してみましょう。

<フラット20・35金利動向予想>

   

2018年9月

2018年9月

 

フラット20  団信加入あり 年1.31% 年1.35% +0.04%
団信加入なし 年1.11% 年1.15% +0.04%
フラット35  団信加入あり 年1.39% 年1.42% +0.03%
団信加入なし 年1.19% 年1.42% +0.03%

※この金利は自己資金10%以上のフラット20・フラット35の最低水準の金利で予想しています。フラット35は販売する金融機関により金利が異なります。毎月、最低金利水準で販売している金融機関には楽天銀行アルヒ住信SBIネット銀行などがあります。

 

フラット20・フラット35の金利推移を確認

次にフラット35の金利推移を確認しておきましょう。フラット35は2017年10月の制度改正で団信の保険料が金利に含まれるようになりました。2017年9月以前と比べるとわかりにくいので、ここでは2017年10月以降のフラット20とフラット35の金利推移を掲載しています。

年月 フラット20・フラット35の金利推移
フラット20 フラット35
金利 前月比 金利 前月比
2017年10月 1.290% 1.360%
2017年11月 1.300% +0.010% 1.370% +0.010%
2017年12月 1.270% -0.030% 1.340% -0.030%
2018年1月 1.290% +0.020% 1.360% +0.020%
2018年2月 1.320% +0.030% 1.400% +0.040%
2018年3月 1.290% -0.030% 1.360% -0.040%  
2018年4月 1.300% +0.010% 1.350% -0.010%
2018年5月 1.300% 0% 1.350% 0%

2018年6月

1.310% +0.010% 1.370% +0.020%

2018年7月

1.290% -0.020% 1.340% -0.030%

2018年8月

1.290% 0% 1.340% 0%

2018年9月

1.310% +0.020% 1.390% +0.050%

2018年10月(予想)

1.350% +0.040% 1.420% +0.030%

※この金利は自己資金10%以上のフラット20・フラット35の最低水準の金利で予想しています。フラット35は販売する金融機関により金利が異なります。毎月、最低金利水準で販売している金融機関には楽天銀行アルヒ住信SBIネット銀行などがあります。

 

フラット35の仕組み

フラット35を取り扱い金融機関の楽天銀行のホームページにフラット35の仕組みが紹介されています。このフラット35の金利予想で活用している住宅金融支援機構債券は下記の図で言う「MBS」です。フラット35利用者から受け取る利息は最終的にはこの債券を購入する投資家が受け取ることになります。(そのほかに、販売会社の収益や住宅金融支援機構の人件費などの運営費用に充てられます)

フラット35の仕組み

 

債券の利回り=投資家に支払う利息となりますので、MBS(住宅金融支援機構債券)の利回りをチェックすることで翌月のフラット35の金利が予想できる、というわけです。

 

フラット35関連コンテンツ

 フラット35の金利はどうなる?金利動向を予想
 フラット35と民間住宅ローンの違い
 フラット35の団信を徹底比較&解説!(2017年10月リニューアル版)
 フラット35パッケージローンの比較・解説
 フラット35への借り換えのデメリットとは
 フラット35で団信加入は不要?
 つなぎ融資に対応した住宅ローン・フラット35は?

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識