住宅ローン借り換え.jp

【速報】三菱UFJ・みずほ・三井住友銀行が2020年1月の住宅ローン金利を発表

三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行のメガバンクが2020年1月の住宅ローン金利を公表しました。

長期金利はプラス圏への復帰目前、FRBの連続利下げで株式市場が値上がりを続けており長期金利も上昇傾向です。

 

長期金利の上昇傾向をうけ、三井住友銀行、みずほ銀行のメガバンクは10年固定金利を引き上げます。

 

利益に苦しんでいる大手銀行は、たとえ金利が多少低下したとしても、住宅ローンによる利益率を改善することを優先して住宅ローンの引き下げをできるだけ避けたいと考えつつ、金利が上昇するとすぐにそれを住宅ローン金利に反映している状況には違いはないでしょう。

一方でメガバンクも出資しているじぶん銀行、ジャパンネット銀行などのネット銀行は住宅ローン金利引き下げ競争を激化させており、メガバンクとのスタンスの違いが明確になってきています。

 

三井住友銀行グループのジャパンネット銀行が住宅ローンに参入

三井住友銀行・ヤフーのグループ企業であるジャパンネット銀行が住宅ローンに参入。他行を寄せ付けない圧倒的な低金利を実現!来店不要、ネット完結、電子契約などネット銀行ならではの利便性ももちろん実現。事前審査は最短当日回答。

ジャパンネット銀行の住宅ローンの詳細はこちら

また、三井住友銀行もネット専用住宅ローン限定の低金利の住宅ローンを用意するなど、住宅ローン利用者の獲得に力を入れています。ネットから気軽に審査に申し込めるので、最新金利はチェックしておくようにしましょう。(このページで紹介している通常商品よりも低い金利の商品が提供されています)

三井住友銀行のWEB限定商品について詳しくはこちら

 

長期金利はプラス圏復帰の動き

下記のグラフは、三井住友銀行のホームページから引用した直近1年の長期金利(10年もの国債利回り)の推移です。2018年10月以降、金利がどんどん低下していたましたが、2019年9月に入り反転していることが良く分かりますね。

長期金利の2019年の動向・推移

 

出典:三井住友銀行

 

続いて、変動金利の指標である短期金利の金利動向も確認しておきましょう。以下のグラフは日銀統計データベースで検索した短期金利(無担保コールO/N)の2010年以降の金利推移です。2016年2月にマイナス金利政策を開始した際に急激に低下したあとは、マイナス圏で推移し、2019年9月以降の長期金利上昇に連動し、短期金利も若干上昇しています。

無担保コール翌日物の金利推移

出典:日本銀行

 

2020年1月の住宅ローン金利動向

三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行のメガバンク三行の主力の変動金利・10年固定金利の金利を確認しておきましょう。

三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行の住宅ローン金利の動向

    2019年12月 2020年1月 金利動向
三菱UFJ銀行 変動金利 年0.625%~年0.775% 年0.625%~年0.775% 据え置き
10年固定

年0.790%

年0.790%

据え置き
三井住友銀行 変動金利 年0.625%~年0.775% 年0.625%~年0.775% 据え置き
10年固定 年1.05% 年1.10% 引き上げ
みずほ銀行 変動金利 年0.625%~年1.075% 年0.625%~年1.075% 据え置き
10年固定 年0.800%~ 年0.850%~ 引き上げ

※金利は当サイト調べ。住宅ローンの種類や金利タイプによって上記と金利が異なる場合があります。必ず公式サイトで最新の金利を確認するようにしてください。



メガバンク3行ともに10年固定金利は引き上げに踏み切っています。ネット銀行ではじぶん銀行やソニー銀行が据え置きを発表しており、ネット銀行の優位性がより目立つ状況です。

※しかも、メガバンクの場合、住宅ローンの審査次第で金利が高くなる可能性があり、最優遇金利が提示される人は一部の人です。自分に適用してもらえる金利とは限りませんので注意してください。

 

参考までにネット銀行などの変動金利・10年固定金利を以下に紹介しておきます。変動金利に関してはネット銀行の住宅ローンの低金利(特にジャパンネット銀行じぶん銀行)が目立ちます。10年固定金利に関しても、三井住友銀行のグループ会社であるジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行のグループ会社であるじぶん銀行の低金利が目立っています。

 

住宅ローン変動金利10年固定詳細・申込み
じぶん銀行の住宅ローン0.457%
(全期間引下げプラン)
0.570%
(当初期間引下げプラン)
公式サイトへ
詳細を見る
au住宅ローン0.457%
(全期間引下げプラン)
0.570%
(当初期間引下げプラン)
公式サイトへ
詳細を見る
ジャパンネット銀行の住宅ローン0.399%
(全期間引下型)
0.620%
(当初期間引下型)
公式サイトへ
詳細を見る
新生銀行の住宅ローン0.450%(変動フォーカス)0.850%公式サイトへ
詳細を見る
住信SBIネット銀行の住宅ローン0.415%
(通期引下げプラン)
0.760%
(当初引下げプラン)
公式サイトへ
詳細を見る
住信SBIネット銀行の住宅ローン
ミスター住宅ローンREAL
0.415%
(通期引下げプラン)
0.760%
(当初引下げプラン)
公式サイトへ
詳細を見る
イオン銀行の住宅ローン0.470%0.690%公式サイトへ
詳細を見る
楽天銀行の住宅ローン
(金利選択型)
0.527%~1.005%~公式サイトへ
詳細を見る
ソニーの住宅ローン0.807%0.920%詳細を見る
※金利は2020年1月の金利。当サイト調べ。

 

三菱UFJ銀行の住宅ローン関連特集

 三菱UFJ・みずほ・三井住友銀行の住宅ローン最新金利動向
 三菱UFJ銀行の住宅ローンの審査基準は厳しい?(事前審査・本審査別)
 7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン〈Plus〉(三菱UFJ銀行)を徹底解説!
  三菱UFJ銀行が住宅ローンの事前審査にAI(人工知能)導入。

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2019年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識