住宅ローン借り換え.jp

【速報】住信SBIネット銀行が2019年3月の住宅ローン金利を発表!

住信SBIネット銀行の2019年3月の住宅ローン金利は?

住信SBIネット銀行が2019年3月の住宅ローン金利が判明しました!

注目の変動金利は据え置きで引き続き低金利水準を維持しています。また固定金利も人気の10年固定金利を含め、全てのタイプで据え置きとします。

 

人気の10年固定金利タイプは年0.710%。同じネット銀行のじぶん銀行が年0.590%を据え置きとし、かつ10年経過後の金利もじぶん銀行の方がかなり有利なので10年固定金利はじぶん銀行が引き続き優勢です。

 

競合のじぶん銀行の住宅ローンに全疾病保障が追加で付帯に

じぶん銀行ががん50%保障団信に加えて、精神障がいを除くすべての病気やケガに備える全疾病保障を無料でセットするという驚きの商品改定を行いました。

無料でセットされる疾病保障サービスとしては最強になったとも言える商品改定で、人気のじぶん銀行の住宅ローンがさらに人気を集めることは間違いなさそうです。

じぶん銀行のがん50%保障と全疾病保障について詳しくはこちら

 

住信SBIネット銀行が10年固定金利タイプの金利を引き下げるのは12月に続き2ヶ月連続。2018年の住信SBIネット銀行の10年固定金利は1月から11月まで0.14%も金利が上昇していましたが、同期間にじぶん銀行は0.07%しか上昇していませんでした。この半年ちょっとの間に金利差が拡大していた、というわけです。※3月はじぶん銀行も住信SBIネット銀行も金利を据え置きとしているのでその差は埋まっていません。

 

なお、住信SBIネット銀行の住宅ローンは変動金利、特に借り換え用の変動金利は非常に低く、住信SBIネット銀行の親会社の三井住友信託銀行の口座を開設することで年0.010%の金利引き下げを活用するとかなりの低金利水準です。

 

住信SBIネット銀行の公式サイト・最新の金利確認はこちら https://www.netbk.co.jp/

 

2019年3月の住信SBIネット銀行の住宅ローン金利

    通期引下げプラン 当初引下げプラン
変動金利 新規借り入れ 年0.457% 年0.975%
借り換え 年0.428% 年0.975%
固定金利 2年 年1.230% 年0.450%
3年 年1.200% 年0.520%
5年 年1.260% 年0.550%
7年 年1.100% 年0.700%
10年 年1.110% 年0.710%
15年 年1.490% 年1.090%
20年 年2.500% 年1.220%
30年 年2.340% 年1.290%
35年 年2.420% 年1.370%

※最新の情報は住信SBIネット銀行の公式サイトで確認してください。

住宅ローンの借り換え専用の変動金利は年0.428%と驚異の低金利を維持、人気の10年固定金利タイプも年0.710%としています。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローン金利の中で特に魅力的に感じるのは「変動金利」「20年固定金利」「30年固定金利」の3タイプです。10年固定金利タイプだとじぶん銀行の住宅ローンの低金利との差が大きいままですし、35年であれば楽天銀行のフラット35の方が事務手数料を考慮するとお得と言えるでしょう。

 

住信SBIネット銀行の公式サイト・最新の金利確認はこちら https://www.netbk.co.jp/

 

メガバンクなどの大手銀行など住宅ローン業界全体としても住宅ローン金利は引き下げ傾向ですが、変動金利への住宅ローン借り換え利用者を中心に住信SBIネット銀行の住宅ローンは今月も人気を集めることは確実な状況です。

 

住信SBIネット銀行住宅ローン申込はこちらから

 

住信SBIネット銀行の変動金利・10年固定金利の推移(2017年1月以降)

次に、2017年1月以降の住信SBIネット銀行の住宅ローン金利の推移を確認していきましょう。変動金利は低下傾向、10年固定金利は2017年に比べると上昇傾向にあることが確認できます。10年固定金利は2017年1月と比べて0.25%も金利が高くなっています。

 

変動金利

(通期引き下げ)

前月比

10年固定金利

(当初引き下げ)

前月比
2017年1月 0.447% -0.05% 0.560%  
2017年2月 0.447% 据え置き 0.560% 据え置き
2017年3月 0.447% 据え置き 0.560% 据え置き
2017年4月 0.447% 据え置き 0.560% 据え置き
2017年5月 0.447% 据え置き 0.610% +0.05%
2017年6月 0.444% 据え置き 0.660% +0.05%
2017年7月 0.444% 据え置き 0.660% 据え置き
2017年8月 0.444% 据え置き 0.660% 据え置き
2017年9月 0.444% 据え置き 0.640% -0.02%
2017年10月 0.447% +0.003% 0.720% 据え置き
2017年11月 0.447% 据え置き 0.720% 据え置き
2017年12月 0.439% -0.08% 0.720% 据え置き
2018年1月 0.439% 据え置き 0.720% 据え置き
2018年2月 0.439% 据え置き 0.770% +0.05%
2018年3月 0.439% 据え置き 0.770% 据え置き
2018年4月 0.439% 据え置き 0.740% -0.03% 
2018年5月 0.428% 据え置き 0.760% +0.02% 
2018年6月 0.428% 据え置き 0.810% +0.05% 
2018年7月 0.428% 据え置き 0.810% 据え置き
2018年8月 0.428% 据え置き 0.810% 据え置き
2018年9月 0.428% 据え置き 0.860% +0.05% 
2018年10月 0.428% 据え置き 0.860% +0.05% 
2018年11月 0.428% 据え置き 0.860% 据え置き
2018年12月 0.428% 据え置き 0.810% -0.05% 
2019年1月 0.428% 据え置き 0.710% -0.10% 
2019年2月 0.428% 据え置き 0.710% 据え置き
2019年3月 0.428% 据え置き 0.710% 据え置き

※最新の情報は住信SBIネット銀行の公式サイトで確認してください。変動金利は借り換え時の金利。

 

住信SBIネット銀行の全疾病保障について

住信SBIネット銀行の住宅ローンには全疾病保障と呼ばれているすべての病気やケガを保障してくれる疾病保障サービスが付帯しています。ここで全疾病保障のサービス内容をあらためて確認しておきましょう。

 

住信SBIネット銀行の全疾病保障

 

住信SBIネット銀行の全疾病保障の詳細はこちら  

 

 住信SBIネット銀行の住宅ローンの動向

年月 事柄
2015年3月 SBIマネープラザでミスター住宅ローンの取り扱いを開始
2015年4月 取り扱いの住宅ローンをネット専用住宅ローンに一本化
2015年9月 フラット35の取り扱いを開始
2016年6月 団信のネット完結サービスを開始
2016年7月 借り換え専用の金利プランを導入
2016年8月 住宅ローン取り扱い残高が3兆円を突破
2017年1月 新宿ローンプラザを出店し初の対面サービスを開始
 2017年6月 疾病保障をグレードアップし、全疾病保障を開始 
2017年4月 フラット35に全疾病保障を無料で付帯!
2018年5月 借り換え限定の変動金利を過去最低の年0.428%へ急きょ引き下げ
2018年10月 三井住友信託銀行の口座開設で住宅ローン金利を年0.01%引き下げる施策を開始
2018年10月 諸費用も一緒に借りるときに適用される金利上乗せを廃止

 

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン関連特集

 【最新情報】住信SBIネット銀行の住宅ローンの最新金利動向・金利推移
 【最新情報】住信SBIネット銀行の住宅ローンの貸出実績は?
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?(メリット・デメリット)
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンは危険?
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準(厳しい点・あまい点は?)
 【特集】住信SBIネット銀行から住信SBIネット銀行に住宅ローンの借り換えできる?
 【特集】MR.住宅ローンREALとネット専用住宅ローンの違いとは?

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2019年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識