住宅ローン借り換え.jp

住宅ローン借り換え代行サービスのメリット・デメリット

2016年の2月に日銀がマイナス金利政策を開始してから耳にする機会が増えたのが「住宅ローン借り換え代行サービス」です。

この「住宅ローン借り換え代行サービス」とは、世の中にたくさんある住宅ローンからあなたに合った住宅ローンを比較して選んでくれたり、面倒な手続きを代わりにやってくれたりするので、住宅ローンを借り換えたいけれども住宅ローンを比較したり、選んだりはできないという人のために提供されているサービスです。

この特集ページでは最近目にする機会が増えている住宅ローン借り換え代行サービスを利用するメリットとデメリットについて解説したいと思います。

お金・銀行のイメージ画像

 

住宅ローン借り換え代行サービスを利用するメリット

1.世の中にたくさん存在する住宅ローンの中から住宅ローンを専門のコンサルタントが選んでくれる

2.書類提出など面倒な手続きをコンサルタントが代行してくれる(書類の準備は必要)

3.住宅ローンの借り換えで減額できた返済額を基準にした成功報酬型

 

住宅ローン借り換え代行サービスを利用するデメリット

1.高額な報酬(成功報酬とは言え)を支払う必要がある

2.借り換えたことで減った返済額が報酬の基準になるので疾病保障などの付帯サービスも考慮してもらえない可能性がある

3.変動金利タイプへの借り換えの場合、成功報酬とは言え借り換え後の返済額が確実に減るわけではない点に注意が必要

 

住宅ローン借り換え代行サービスの成功報酬について

一般の人であれば、住宅ローンは1回からせいぜい3回ぐらいしか契約することがありませんので、知識が不足しがちな金融商品の1つです。一方で、このようなサービスに従事している人は、様々な人の住宅ローンの借り換えをサポートした経験があるので、メリットがないわけではありませんが、なんと言っても最大のデメリットは”手数料”です。

 

成功報酬とはいえ、数十万円の手数料を支払うケースが多く、筆者であればそんな報酬を支払おうとは思いません。例えば、30年間で500万円の総返済額削減効果が得られる借り換えに成功した場合、50万円も手数料を支払わなければならなかったり。この50万円は通常の借り換えに必要な費用とは別に用意しなければならないわけですから、大きな負担です。

 

確かに住宅ローンの借り換えで500万円の総返済額削減効果を得られるのであれば50万円の手数料は安いと思える人もいるのだと思いますが、500万円はあくまでも30年間で削減できる支払額であって、500万円が今もらえるわけではありませんので、一時的には高額のお金が住宅ローンの借り換えと共になくなってしまいます。

 

ご自身で借り換えを行うことが最もメリットのある住宅ローン借り換え

借り換え代行を頼んだからと言って、その住宅ローンの金利が特別に低くなるわけではありませんので、当サイトのような住宅ローンの比較サイト(信用できない比較サイトも多くあるので注意が必要なのですが)などで、ご自身で住宅ローンを探して申し込めば成功報酬の手数料は不要です。30万円や50万円の手数料を支払うのであればぜひ住宅ローンの元本を減らしてほしいと思います。

 

プロに相談して、プロに手続きしてもらえる住宅ローンの借り換え代行サービス。当サイトで紹介している住宅ローンよりも低い金利の住宅ローンを紹介してくれる借り換え代行業者があるかどうかはわかりませんが、特別な商品が存在するわけではありませんので、当サイトでおすすめしている住宅ローンと変わらない程度の借り換え効果になると思います。

 

代行会社にしてもAIにしても最後まで責任を取ってくれるわけではありません。最後は自分の判断にしかなりませんので、自分自身で時間を作っていくつかの住宅ローンに申し込む方が得策なケースが多いと思います。

特にAIを駆使して最適な住宅ローンを提案するというようなフィンテック企業は、少なくとも現時点では品質が高いサービスを提供できているとは言い難い状況で、自分で選んだ方がマシという結果になることも少なくありません。

 

低金利のネット銀行の住宅ローンに自分で申し込むだけで、代行会社に支払う数十万円の費用が節約できるという点ははわすれないようにしましょう。

 

2020年3月時点で人気の変動金利で住宅ローン金利が低い金融機関はぜひご自身の目でチェックをしてみてください。

金融機関変動金利保障内容 
じぶん銀行の住宅ローン0.410%
(全期間引下げプラン)
ガンと診断されただけで住宅ローン残高が半分になるがん疾病保障と全疾病(すべての病気や怪我)の保障がWで無料付帯。詳しくはこちら
住信SBIネット銀行のMR.住宅ローンREEAL
(ミスター住宅ローンREAL)
0.398%
(借り換え/通期引下げプラン)
全疾病(すべての病気や怪我)の保障が無料付帯詳しくはこちら
住信SBIネット銀行の住宅ローン0.398%
(借り換え/通期引下げプラン)
全疾病(すべての病気や怪我)の保障が無料付帯詳しくはこちら
新生銀行の住宅ローン0.450%
(変動フォーカス)
要介護3と認定されると住宅ローン残高がゼロに詳しくはこちら
イオン銀行の住宅ローン0.470%
(借り換え/金利プラン)
ガン保障や8疾病保障を取り扱い(有料)詳しくはこちら
三井住友銀行0.475%
(WEB申込専用住宅ローンⅠ )
8疾病保障を取り扱い(年0.3%の金利上乗せが必要)詳しくはこちら
三菱UFJ銀行0.775%
(ずーっとうれしい金利コース
店頭)
7疾病保障を取り扱い(年0.3%の金利上乗せが必要)
2020年9月現在

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2020年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識