住宅ローン借り換え.jp

住宅ローン借り換え代行サービスのメリット・デメリット

2016年の2月に日銀がマイナス金利政策を開始して以来、住宅ローンの歴史的な低金利が続いています。そんな中で注目を集めつつあるのが「住宅ローン借り換え代行サービス」です。「住宅ローン借り換え代行サービス」とは、数多くある住宅ローンを比較して選んでくれたり、面倒な手続きを代わりにやってくれたりするので、住宅ローンを借り換えたいけれども住宅ローンを比較したり、選んだりはできないという人にとっては魅力的なサービスと言えます。

この特集ページでは最近目にする機会が増えている住宅ローン借り換え代行サービスを利用するメリットとデメリットについて解説したいと思います。

住宅ローン借り換え代行サービスを利用するメリット

① 数多くある住宅ローンの中から住宅ローンをコンサルタントが選んでくれる

② 書類提出など面倒な手続きをコンサルタントが代わりにやってくれる

③ 借り換えで減額できた返済額を基準にした成功報酬なので銀行の営業マンよりは信用できる

 

住宅ローン借り換え代行サービスを利用するデメリット

① 成功報酬とは言え25万円~50万円程度の高額な手数料を支払う必要がある

 

色々な人の住宅ローンの借り換えをサポートした経験のある人に手続きをしてもらえるのでメリットは多いわけです。デメリットは”手数料”。数十万円の手数料を支払わなければなりません。例えば、30年間で500万円の総返済額削減効果が得られる借り換えに成功した場合、50万円も手数料を支払わなければなりません。この50万円は通常の借り換えに必要な費用とは別に用意しなければならないわけですからかなり大きな負担になります。確かに500万円の総返済額削減効果があるのかもしれませんが、それはあくまでも30年間で削減できる支払額であって、500万円を今もらえるわけではありません。

にもかかわらず50万円の手数料を代行業者に支払わなければならないのは負担以外の何物でもありません。

 

プロに相談して、プロに手続きしてもらえる住宅ローンの借り換え代行サービス。当サイトで紹介している住宅ローンよりも低い金利の住宅ローンを紹介してくれる借り換え代行業者があるかどうかはわかりませんが、そんな住宅ローンはおそらくないと思います。そうすると、低金利のネット銀行の住宅ローンに自分で申し込むだけで数十万円の手数料を支払わずに済むということだけはわすれないようにしましょう。

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識