住宅ローン借り換え.jp

住信SBIネット銀行の住宅ローンは危険?

2017年12月には住宅ローン融資実行高が3兆9,000億円を突破し、国内でメガバンクに次ぐ住宅ローンサービスシェアを有する住信SBIネット銀行の住宅ローンですが、ネット上で「住信SBIネット銀行の住宅ローンは危険?」というクチコミ・評判を散見したため今回はこの信憑性をレポートしてみたいと思います。
ざまざまな角度から検証してみましたが、結論から申し上げると「危険」ということはないのでご安心いただければと思います。
長文ですが、最後まで一読いただければと思います。

 

そもそもネット銀行が危険と言う評価を検証

インターネット上にはネット銀行が危険と言うクチコミ・評判が散見されます。これは主に突然口座が凍結されたというもので、口座凍結の理由は振り込み回数が多いなど不正利用を疑われたパターンであり、数年前にこうした問題がクローズアップされ、いわゆる炎上がありました。

原因としては、振り込め詐欺を疑われた、振込み先・振込み元が振込み詐欺と判定された人物の口座であったなどの可能性が高いようです。

口座凍結の問題についてはネット銀行だけの問題ではなく、メガバンクやゆうちょ銀行でも行われている処置であり、ネット銀行が特別なわけではありません。ただし、犯罪に利用される口座がネット銀行が多いとされており、警察の監視も厳しい可能性はありますね。口座凍結は銀行側の個別判断で凍結を行うよりも警察など当局の指導で行われていると考えるが自然でしょう。

 

ネット銀行のセキュリティ性を検証

フィッシィング詐欺など様々なインターネット上の危険性があるネットバンキング機能ですが、多くの銀行では乱数表カード、トークン、パスワードメール送信などでセキュリティ対策を行っています。また、ATMの入出金があった場合にはメールでお知らせしてくれる銀行も多いですね。

 セキュリティ方式 銀行名 
乱数表

住信SBIネット銀行、新生銀行、三菱UFJ銀行、じぶん銀行

トークン ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行
パスワードメール 楽天銀行

ネット銀行が危険と言われるのはこうしたセキュリティの意味を理解してない、インターネットリテラシーが低い利用者も多いからだと思われます。

銀行を装う詐欺メールに記載されているURLをクリックし、促されるまま、ログインIDやパスワード、乱数表のすべての数字を入力してしまった

広告や正体不明のサイトから銀行を装うサイトにアクセスし、ログインIDやパスワード、乱数表のすべての数字を入力してしまった

これではセキュリティの意味がありませんね。こうした事例は近年、大きな社会問題となり、三菱UFJ銀行の「三菱UFJダイレクト」上においてこうした詐欺に対する警告文言が大きな文字、面積に表示されていることが話題になりました。

 

住信SBIネット銀行の経営状況の観点

住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行とSBIホールディングスが出資する国内有数のネット銀行であり、国内の格付け機関「JCR」からも「A 安定的」の評価を得ています。

2017年9月末時点の自己資本比率は11.24%とメガバンク以上の健全性を示しています。

こうした具体的な数字を見ると住信SBIネット銀行の経営状況は極めて健全であると言えるのでしょう。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの危険性・デメリット

住信SBIネット銀行だけではなく、メガバンクやじぶん銀行などのネット専業銀行、地銀などでも取り扱っているのが、当初引き下げ型の住宅ローンです。これはあらかじめ決められた期間の金利割引幅を大きくし、期間経過後は割引幅が小さくなり金利が上昇するものです。

例えば、住信SBIネット銀行の住宅ローンの2018年1月の10年固定金利(当初引き下げプラン)は年0.720%となっていますが、11年目以降の金利は年2.075%(変動金利の基準金利2.775%-0.7%の計算式)の変動金利が適用されます。3倍近くにも金利が跳ね上がることになります。

この点を理解せずにを契約してしまうのはリスクと言えます。繰り返しですが当初引き下げ型の住宅ローンは多くの金融機関が取り扱っており、すべての金融機関で設定期間経過後は金利が上昇します。このため住信SBIネット銀行の住宅ローンが危険と言うより、住宅ローンを知らないことが危険と言う表現が適切でしょう。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリットを改めてご紹介

住信SBIネット銀行の住宅ローンの一番のメリットは無料付帯の疾病保障でしょう。2017年6月にそれまでの8疾病保障から全疾病保障にグレードアップがされています。全疾病保障は地銀で取り扱いがある保障ですが、年0.2%から年0.3%の保険料の上乗せが必要となります。住信SBIネット銀行の住宅ローンではこの保障が無料付帯なのがし亜大の魅力と言えます。

 

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン関連特集

 【最新情報】住信SBIネット銀行の住宅ローンの最新金利動向・金利推移
 【最新情報】住信SBIネット銀行の住宅ローンの貸出実績は?
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?(メリット・デメリット)
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンは危険?
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準(厳しい点・あまい点は?)
 【特集】住信SBIネット銀行から住信SBIネット銀行に住宅ローンの借り換えできる?
 【特集】Mr.住宅ローンとネット専用住宅ローンの違いとは?

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識