住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

ネット住宅ローンの落とし穴・デメリットや評判・審査基準を徹底比較!

ネット住宅ローンとは、ネット銀行の住宅ローンやインターネット専用で申込を受け付けている住宅ローンの総称です(みずほ銀行など”ネット住宅ローン”という商品名で売り出しているケースもありますが、この記事では”ネット住宅ローンはインターネット銀行の住宅ローンまたはネット専用で受け付けている住宅ローン”という意味で使っています。)

もちろん、様々なインターネット銀行が独自の住宅ローンを提供しているので、ネット住宅ローンと全てを一括りにすることはできないのですが共通点は多くあります。この特集ページではネット住宅ローン共通の特徴などを解説しつつ、主なネット住宅ローンの落とし穴やデメリット・審査基準についても解説したいと思います。

最終的に店舗などで申し込む従来型の住宅ローンを選ぶとしても、インターネットがこれだけ普及している時代の住宅ローン選びにネット住宅ローンを無視することはできません。この記事は、住宅ローンの新規借り入れを考えている人にとっても、住宅ローンの借り換えを考えている人にとっても、参考になる内容だと思いますので、参考にしていただければと思います。

 

ネット住宅ローンの歴史

日本にネット住宅ローンが登場したのは今から15年以上前の2002年。15年以上経った今でも人気のネット住宅ローンの1つであるソニー銀行の住宅ローンが日本初のインターネット銀行が提供した住宅ローンです。その後、住信SBIネット銀行やじぶん銀行など後発で登場したネット銀行が次々と住宅ローンの取り扱いを開始しました。さらにりそな銀行やみずほ銀行などの大手銀行がネット専用の住宅ローンを提供するようになり現在に至っています。

住宅ローンは30代~40代のインターネットを最も利用する年代に利用される商品というのもあり、あっという間にネット住宅ローンは世の中に浸透しました。最近はスマホがあれば申込が完結できるじぶん銀行の住宅ローンも人気を集めていますし、2018年になって住宅ローンの一部の業務を人工知能(AI)を利用する動きも盛んになっています。

 

ネット住宅ローンの有利なコスト構造

ネット住宅ローンがこれまでの住宅ローンよりも低金利で提供できる大きな理由はコスト構造が優れているからです。

銀行は慈善事業ではありませんのでしっかりと利益を出さなければなりません。住宅ローンの主な収入は「住宅ローン利用者から得られる利息収入や事務手数料などの収入」で、支出(コスト)は、宣伝広告費や住宅ローンを販売するスタッフの人件費・店舗費、住宅ローンビジネスを支えるシステム開発費、貸し倒れ時の費用などです。この収入と支出の差分が銀行にとっての利益であり、その利益があるからこそ金融機関が住宅ローンを提供する意味があるわけですね。

ネット住宅ローンは、受付をネットで行いますので店舗費用は掛かりません。人件費も抑えることができます。コストの面で有利であることがネット住宅ローンの最大の特徴と言えます。更に、書類の郵送や印刷も不要な完全デジタルのネット完結(じぶん銀行が日本で初めて提供)して、郵送・書面のコストをさらに削減した住宅ローンも登場していますし、住宅ローンの仮審査を人工知能(AI)が対応(ソニー銀行や住信SBIネット銀行)するようになり、さらに人件費を削減する動きが拡大しています。

 

ネット住宅ローンの落とし穴・デメリット①

ネット住宅ローン共通の落とし穴・デメリットとして最初に認識しておいて欲しいのは「住宅ローンの申し込みから契約完了まで時間がかかる」ことです。ネット住宅ローンは、申込書類や必要書類を郵送で授受することになります。しかも、”必要書類が全てそろっているか”、”記入ミスがないか”を、スタッフにチェックしてもらえないので、大半の人は書類不備で郵送は1往復では終わらずに時間がかかってしまうと考えておくようにしましょう。

 

ネット住宅ローンの落とし穴・デメリット②

ネット住宅ローンには事務手数料が比較的高い住宅ローンが多いという特徴があります。例えば、住信SBIネット銀行、じぶん銀行などです。この2つの銀行は今もっとも人気のあるネット住宅ローンなので、ネット住宅ローンを探している人であれば必ず選択肢にはあがってくると思います。この点は念頭に入れておくようにしましょう。事務手数料が高いということは、住宅ローンの借り入れ・借り換え時の初期費用が嵩むことを意味しています。もっとも、住信SBIネット銀行もじぶん銀行も事務手数料分も住宅ローンとして借り入れることができますので、初期費用分の現金の用意が難しいという人でも利用することができます。

 

ネット住宅ローンの落とし穴・デメリット③

住宅ローン専門スタッフへの相談しながら借り入れを決定することができないのもネット住宅ローンの特徴です。住宅ローンの借り入れ先を選ぶときに重要になってくるのが金利タイプの選定です。それ以外にも疾病保障などをどうするかなど、じぶんだけではなかなか決められないこともあったりするものです。住宅ローンはよくわからないから専門の人に相談して、質問しながら選びたい人にとっては、じぶんで申込先を決めて、借り入れる金利タイプを決めて手続きをすすめていくことが必要になるネット住宅ローンはデメリットと言えるでしょう。

逆にご自身である程度住宅ローンを学び、選び、申込できる人にとってはデメリットではありません。むしろ、営業トークや余計なセールスを受けることの少ないので逆にメリットとも言えます。

 

ネット住宅ローンの審査基準

どんなに良い住宅ローンを見つけても、審査に落ちてしまっては水の泡です。また、いい加減な記事や比較サイトでは、ネット住宅ローンの審査は厳しいというように表現されることもあります。住宅ローンの審査基準は千差万別ですし、審査基準を100%開示している金融機関はありません。最終的には申し込んで見るしかないのですが、その住宅ローンが厳しい審査基準を設けているかは年収基準である程度判断することができます。まずは、以下のネット住宅ローン+αの審査基準について確認してみましょう。

金融機関年収詳細・申込み
楽天銀行の住宅ローン
(フラット35)
100万円程度でも可公式サイトへ
詳細を見る
aruhiの住宅ローン
(フラット35)
100万円程度でも可公式サイトへ
詳細を見る
住信SBIネット銀行の住宅ローン
(フラット35)
100万円程度でも可公式サイトへ
詳細を見る
イオン銀行の住宅ローン100万円以上公式サイトへ
詳細を見る
じぶん銀行の住宅ローン200万円以上公式サイトへ
詳細を見る
au住宅ローン200万円以上公式サイトへ
詳細を見る
新生銀行の住宅ローン300万円以上公式サイトへ
詳細を見る
楽天銀行の住宅ローン
(金利選択型)
400万円以上公式サイトへ
詳細を見る
住信SBIネット銀行の住宅ローン基準なし公式サイトへ
詳細を見る
基準なし詳細を見る

ネット住宅ローンの中で厳しめの年収基準を設けているのはソニー銀行と楽天銀行、逆にその他のネット住宅ローンは年収基準も低く申し込みやすい審査基準になっていると言えます。

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(フラット35)公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(金利選択型)公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

 

 

 

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識