住宅ローン借り換え.jp

2019年10月の消費税増税で各社の事務手数料などが変更されています。最新の料金は各金融機関の公式サイトでご確認ください。

地銀の住宅ローンのデメリットとは?

日本の総人口、1億2,500万人に対し、東京、千葉、埼玉、神奈川の首都圏の人口は3,500万人程度であり、日本人の多くは首都圏以外に居住をしています。

メガバンクは首都圏や大都市部にこそ、多くの支店を持っていますが、これら以外に拠点は少なく、地銀が大きな存在を占めています。

このため住宅ローンを借りる際に、親しみなれた地銀で住宅ローンを借りている方も多いと思います。今回はこうした地銀の住宅ローンのデメリットを確認していき、ネット銀行との比較をしてみたいと思います。

銀行

 

地銀の住宅ローンのデメリット

①金利が割高

まず最初に指摘したいのが地銀の住宅ローン水準です。地銀は各地域では独占的なシェアを有していることが多く、競争が少ないことから住宅ローン金利が割高になる傾向にあります。

もちろん、地域地域で地銀や信用金庫間の競争が激しいエリアでは金利が割高といえない水準である場合もあります。

しかし、ネット銀行のように変動金利が年0.4%、0.5%台が主流となっている一方で、地銀では年0.9%前後が基準となっています。

地銀の住宅ローン金利については 地銀 住宅ローン金利比較ランキング を参考にしてみてください。 

 

②優遇金利の適用条件がある

地銀、各行の公式サイトに掲載されている住宅ローン金利は最優遇金利であり、住宅ローン審査により金利が変動すると同時に、いくつかの条件をクリアする必要があります。

具体的な条件としては

・給与受け取り口座の指定

・系列クレジットカードの申し込み

・銀行カードローンの申し込み

・投資信託の購入などです。

具体的に東海エリアの大手地銀、十六銀行の優遇金利適用条件を紹介したいと思います。 

十六銀行の住宅ローンの優遇金利適用の条件

土地を自身で所有していること、頭金えを20%用意することなど、かなり高い条件が設定されていることが分かります。

多くの方はこうした細かい注意文言を見ずに、十六銀行公式サイトに掲載されている住宅ローン金利のみを見て「安い」と感じるかもしれませんが、実際とは乖離した金利が掲載されていると考えてよいでしょう。

一方、ネット専用住宅ローンには優遇金利適用のための条件というものは原則ありません

 

③保証料が有料かつ高い

地銀に限らず、メガバンクなど伝統的な銀行で住宅ローンを組むのには系列の保証会社を利用した住宅ローン債務への保障が必要となります。

この保証を得るのに保証料が必要となります。金利上乗せの場合には年0.2%の保証料が最低でも必要となります。審査結果によっては年0.5%程度となる可能性もあるなど我々ユーザーから見ると極めて不透明であると言ってよいでしょう。

一方で、ネット専用の住宅ローンには保証会社を利用する仕組みがありませんし、年0.5%もの保証料が必要となると、フラット35の方が総返済額で安くなる可能性までありそうです。

具体的に3000万円の借入をした際に保証料が年0.2%から年0.5%の際の完済までの保証料を確認してみましょう。

保証料(年率) 保証料の総額
0.2% 1,069,639円
0.3% 1,614,022円
0.4% 2,164,711円
0.5% 2,721,739円

ネット銀行の変動金利で2019年10月時点の最も低いのはZホールディングス(ヤフー)と三井住友銀行が出資するジャパンネット銀行の年0.415%です。地銀の住宅ローンで保証料で0.3%、0.4%も取られるくらいなら最初から保証料が無料でネット銀行で住宅ローンを組みたいくらいですね。

保証会社の仕組み

 

④疾病保障が有料

地銀においても、ネット銀行同様に、ガン保障、全疾病など各種疾病保障を充実させた住宅ローンを拡充する方向にあります。

ガン保障や全疾病保障は万が一の際に、住宅ローン残高が半分になったり、ゼロになったりするものであり、生命保険、がん保険と比較しても極めて優れた保険商品と言えます。

このためこれらの保障を住宅ローンに付帯させるのは自然な流れと言えます。

ただし、地銀ではこうした疾病保障を付帯させるのは有料となっており、ガン50%保障が無料で付帯するじぶん銀行の住宅ローンau住宅ローンや全疾病保障を無料付帯させる楽天銀行(金利選択型)とは商品性の面で大きな違いがあります。

 

ネット銀行では無料付帯の疾病保障が進化中

2019年2月にじぶん銀行ががん50%保障団信に加えて、精神障がいを除くすべての病気やケガに備える全疾病保障を無料でセットするという驚きの商品改定を発表しました。(全疾病保障は2019年3月から開始されると案内されていますが、2月に契約しても3月から自動的に保障内容が切り替わりますので2月に申し込み・契約しても問題ありません)

がん診断+全疾病保障がセットされるようになったことで、無料の疾病保障サービスとしては最強になったとも言え、じぶん銀行の住宅ローンがさらに人気を集めることは間違いなさそうです。

じぶん銀行は三菱UFJフィナンシャル・グループに属しており、信頼性も抜群です。

じぶん銀行のがん50%保障と全疾病保障について詳しくはこちら

 

⑤来店が必要

最後に触れたいのが地銀の住宅ローンを組むには来店が必須となる点です。お仕事で忙しい中、銀行の支店を訪問するのはなかなか時間調整が大変ですよね。

一方で、ネット銀行ではネット完結型の住宅ローンを取り扱っているじぶん銀行の住宅ローンが有名です。

じぶん銀行の住宅ローンは必要書類の提出をネット経由で行い、金銭貸借契約書の締結も電子的に行うものになっており、最短10日で来店不要で住宅ローンが組める最先端の住宅ローンです。

地銀の住宅ローンはじぶん銀行の住宅ローンと比較した場合にはどうしてもその手続き自体が時代遅れと言ってよいレベルになっています。

じぶん銀行の住宅ローンの審査期間

 

⑥営業範囲が限られる

地銀は名前のとおり、地方に根ざしているため営業範囲も限られます。そのため、利用できる銀行が極めて限られてしまうというデメリットがあります。御自身がお住まいの地域で地銀間の競争が成り立っており、住宅ローンの金利や付帯サービスの面で切磋琢磨をしていればよいですが、そうではない地域のお住まいの場合には選択肢が限定されるというデメリットがありますね。

 

【まとめ】地銀の住宅ローンのデメリット対策は?

これから住宅ローンを新規で組む、住宅ローン借り換えを検討している方はぜひ金利の比較を行ってみましょう。

下記は地銀とネット銀行の住宅ローン金利について変動金利に絞り比較したものです。

まずは比較を行い、優れた住宅ローンを提供するネット銀行の住宅ローンも地銀と同時に審査申し込みをしてはいかがでしょうか?

 

銀行名変動金利
ジャパンネット銀行0.415%
住信SBIネット銀行0.428%
じぶん銀行0.457%
au住宅ローン0.457%
楽天銀行(金利選択型)0.527%
足利銀行0.575%
常陽銀行0.575%
横浜銀行0.600%
群馬銀行0.600%
池田泉州銀行0.625%
十六銀行0.625%
千葉銀行0.725%
南都銀行0.775%
京都銀行0.775%
七十七銀行0.875%
八十二銀行0.925%
山口銀行0.925%~
東邦銀行0.950%
西日本シティ銀行0.975%
福岡銀行0.975%
北陸銀行0.975%
静岡銀行1.275%
中国銀行0.775%

 

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2019年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

 

 

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識