住宅ローン借り換え.jp

SBI新生銀行が2023年1月の住宅ローン金利を発表!

SBI新生銀行が2023年1月の住宅ローン金利を発表しています。変動フォーカスはキャンペーン終了に伴い年0.420%に、固定金利タイプは据え置きとなっています。

SBI新生銀行の住宅ローンは長期固定金利タイプが低金利で融資事務手数料が安価であるため、引き続き高い競争力を維持しそうです。

なお、2022年2月からはガン団信の取り扱いも開始、住宅ローンサービスをどんどん拡充しています。

 

キャンペーン実施中!

SBI新生銀行が住宅ローンの新規借り入れキャンペーンを実施中!

SBI新生銀行が住宅ローンの新規借り入れ限定でキャンペーンを実施しています。

変動金利タイプ(変動フォーカス)であれば、年0.32%(2023年1月)で借り入れ可能です。他のサービスとの同時申込などの条件が無いのも好感が持てます。SBI新生銀行の住宅ローンなら「がん団信」もわずか0.1%の金利上乗せで利用できるので、年0.42%でがん団信付き住宅ローンを借り入れできることになります。

住宅ローンの借り換えを検討中の人は、このキャンペーンは必ず確認しておくようにしましょう。

キャンペーンの利用条件など詳しくはこちら

長期金利の動向

世界的なインフレ懸念で金利が上昇傾向にあり、日本でも6年ぶりの金利水準まで上昇していますが、日銀のよる金融緩和、長期金利をコントロールする政策は継続されており、ここから大きく金利が上昇することは考えにくい状況です。

長期金利の推移・動向

引用;三井住友銀行

 

SBI新生銀行の変動金利・10年固定金利の推移(2017年1月以降)

 

変動金利

前月比

10年固定金利

前月比
2017年1月 0.850% 据え置き 0.950%  +0.05%
2017年2月 0.850% 据え置き 1.100% +0.150%
2017年3月 0.850% 据え置き 1.050% +0.05%
2017年4月 0.850% 据え置き 0.950% -0.1%
2017年5月 0.900% +0.05% 1.000% +0.05%
2017年6月 0.900% 据え置き 1.000% 据え置き
2017年7月 0.900% 据え置き 1.000% 据え置き
2017年8月 0.900% 据え置き 1.000% 据え置き
2017年9月 0.900% 据え置き 1.000% 据え置き
2017年10月 0.900% 据え置き 1.000% 据え置き
2017年11月 0.900% 据え置き 1.000% 据え置き
2017年12月 0.900% 据え置き 1.000% 据え置き
2018年1月 0.900% 据え置き 1.000% 据え置き
2018年2月 0.900% 据え置き 1.050% +0.05%
2018年3月 0.900% 据え置き 1.100% +0.05%
2018年4月 0.900% 据え置き 1.100% 据え置き
2018年5月 0.900% 据え置き 1.150% +0.05%
2018年6月 0.900% 据え置き 1.100% -0.05%
2018年7月 0.900% 据え置き 1.100% 据え置き
2018年8月 0.900% 据え置き 1.100% 据え置き
2018年9月 0.900% 据え置き 1.100% 据え置き
2018年10月 0.900% 据え置き 1.100% 据え置き
2018年11月 0.900% 据え置き 1.100% 据え置き
2018年12月 0.900% 据え置き 1.050% -0.05%
2019年1月 0.900% 据え置き 1.000% -0.05%
2019年2月 0.900% 据え置き 1.000% 据え置き
2019年3月 0.900% 据え置き 1.000% 据え置き
2019年4月 0.900% 据え置き 1.000% 据え置き
2019年5月 0.900% 据え置き 1.000% 据え置き
2019年6月 0.900% 据え置き 1.000% 据え置き
2019年7月 0.450%(以降、変動フォーカス) 0.800% -0.200%
2019年8月 0.450% 据え置き 0.800% 据え置き
2019年9月 0.450% 据え置き 0.800% 据え置き
2019年10月 0.450% 据え置き 0.800% 据え置き
2019年11月 0.450% 据え置き 0.800% 据え置き
2019年12月 0.450% 据え置き 0.850% +0.05%
2020年1月 0.450% 据え置き 0.850% 据え置き
2020年2月 0.450% 据え置き 0.850% 据え置き
2020年3月 0.450% 据え置き 0.850% 据え置き
2020年4月 0.450% 据え置き 0.800% 引き下げ
2020年5月 0.450% 据え置き 0.800% 据え置き
2020年6月 0.450% 据え置き 0.800% 据え置き
2020年7月 0.450% 据え置き 0.800% 据え置き
2020年8月 0.450% 据え置き 0.750% 引き下げ
2020年9月 0.450% 据え置き 0.750% 据え置き
2020年10月 0.450% 据え置き 0.750% 据え置き
2020年11月 0.450% 据え置き 0.750% 据え置き
2020年12月 0.450% 据え置き 0.750% 据え置き
2021年1月 0.450% 据え置き 0.750% 据え置き
2021年2月 0.450% 据え置き 0.750% 据え置き
 2021年3月 0.450% 据え置き 0.800% +0.05%
 2021年4月 0.450% 据え置き 0.900% +0.10%
 2021年5月 0.450% 据え置き 0.750% -0.150%
 2021年6月 0.450% 据え置き 0.750% -0.150%
 2021年7月 0.450% 据え置き 0.750% 据え置き
 2021年8月 0.450% 据え置き 0.700% -0.05%
 2021年9月 0.450% 据え置き 0.700% 据え置き
 2021年10月 0.400%(借り換え限定で10月15日より) -0.05% 0.800% +0.1%
 2021年11月 0.400% 据え置き 0.850% +0.1%
 2021年12月 0.400% 据え置き 0.900% +0.05%
 2022年1月 0.400% 据え置き 0.900% 据え置き
 2022年2月 0.400% 据え置き 0.900% 据え置き
 2022年3月 0.400% 据え置き 0.950% +0.05%
 2022年4月 0.400% 据え置き 0.950% 据え置き
 2022年5月 0.400% 据え置き 1.000% +0.05%
 2022年6月 0.400% 据え置き 1.000% 据え置き
 2022年7月 0.350%(借換時) 据え置き 1.100% +0.10%
 2022年8月 0.350%(借換時) 据え置き 1.050% -0.05%
 2022年9月 0.350%(借換時) 据え置き 1.000% -0.05%
 2022年10月 0.350%(借換時) 据え置き 1.050% +0.05%
 2022年11月 0.350%(借換時) 据え置き 1.250% +0.05%
 2022年12月 0.350%(借換時) 据え置き 1.100% -0.15%
 2023年1月 0.420%(借換時) 引き上げ 1.100% 据え置き

 

SBI新生銀行は住宅ローン金利やサービス内容がネット銀行と互角と言えるほどで、保証料、事務手数料が格安になっている点は借り換えユーザーからも高く評価されています。また、SBI新生銀行独自の安心パック・安心パックダブルも非常に魅力的(もし詳しく理解していない人はこちらの特集ページをぜひご覧ください)です。

 

独自の付加サービスがついた住宅ローンを低コストで提供しているSBI新生銀行の住宅ローンは引き続き利用者の高い支持を集めていくことでしょう。

SBI新生銀行の住宅ローンについてさらに詳しくはこちら

SBI新生銀行の住宅ローン関連特集

 SBI新生銀行の住宅ローンの落とし穴?20年固定金利がオススメ
 SBI新生銀行の住宅ローン。落とし穴で後悔しない方法とは?
 SBI新生銀行のステップダウン住宅ローン(ステップダウン金利)を徹底解説!
 SBI新生銀行の住宅ローン(安心パックS・自然災害時債務免除特約)のメリット・デメリット
 SBI新生銀行の最新の住宅ローンキャンペーン情報!
 SBI新生銀行の住宅ローン審査は厳しい?

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識