住宅ローン借り換え.jp

2018年10月の新生銀行の住宅ローンキャンペーン(Tポイント・キャッシュバックなど)

このキャンペーンは締め切り日まで間に合わない、または、終了しています。

新生銀行では2018年7月から一部の金利タイプの住宅ローン金利を引き下げるキャンペーンを開始しています。

2018年10月もキャンペーン期間に含まれますので新生銀行の住宅ローンを検討中の人はチェックしておくようにしましょう!

 

当初固定金利タイプ(3年・5年限定)年0.3%金利引き下げキャンペーン

金利引き下げキャンペーンの概要

キャンペーン概要

キャンペーンの”申し込み期間中”に新生銀行の住宅ローンを申し込んで、借り入れ期限までに対象の金利タイプを選んで契約・融資実行する場合、借入金利を年0.3%引き下げる。

キャンペーン特典

当初3年・5年固定金利タイプの金利を年0.3%引き下げ

キャンペーン期間

申込期間:2018年7月13日(金)~2018年10月31日(水)まで

借入期限:2019年3月29日(金)


キャンペーン参加方法(参加条件)

以下の2つの条件をすべて満たすこと。

・キャンペーン申し込み期間中に新生銀行の住宅ローンに申込すること

・キャンペーン期限までに対象の金利タイプを契約し融資実行を受けること

※金利引き下げは、『当初借入金利のみ』です。3年または5年経過後に適用される金利は引き下げにならない

※“安心パックW(ダブル)”を利用する場合はキャンペーンの対象にならない

※企業提携の金利優遇などとの併用はできない

 

このキャンペーンは締め切り日まで間に合わない、または、終了しています。

具体的な金利は?(2018年10月)

新生銀行の2018年10月の住宅ローン金利

 

上記は2018年10月の新生銀行の住宅ローン金利です。当初3年固定金利は年0.900%、当初5年固定金利は年0.980%が基準です。

ここから年0.3%が引き下げられるので、当初3年固定金利は年0.600%、当初5年固定金利は年0.680%になります。

ここまでは単純ですが、3年・5年経った後に適用される金利変動金利の場合は年1.55%から0.65%を引いた年0.9%が適用されます。5年固定金利を選びなおす場合は年1.900%から年0.700%引いた年1.200%が適用されることになります。

住宅ローンは何十年も返済することになるので最初だけ金利が低くてもあまり意味がありませんのでこのキャンペーンをは返済期間が10年未満の短い人におすすめのキャンペーンと言えそうです。

新生銀行の住宅ローン関連特集

 新生銀行の住宅ローンの落とし穴?20年固定金利がオススメ
 新生銀行の住宅ローン。落とし穴で後悔しない方法とは?
 新生銀行のステップダウン住宅ローン(ステップダウン金利)を徹底解説!
 新生銀行の住宅ローン(安心パックS・自然災害時債務免除特約)のメリット・デメリット
 新生銀行の最新の住宅ローンキャンペーン情報!
 新生銀行の住宅ローン審査は厳しい?

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識