住宅ローン借り換え.jp

2019年10月の消費税増税で各社の事務手数料などが変更されています。最新の料金は各金融機関の公式サイトでご確認ください。

新生銀行の住宅ローンの落とし穴?20年固定金利がオススメ

新生銀行 20年固定金利の実力は?新生銀行 住宅ローン 落とし穴を回避!

ソニー銀行、楽天銀行、新生銀行、三井住友銀行で徹底比較!

住宅ローン残高残りの返済期間借り入れ金利毎月の返済額総返済額
2000万円20年2.5%105,980円25,498,298円

 

各銀行の住宅ローン借り換えに必要な諸費用について

銀行名事務手数料保証料団信保険料その他諸費用合計
新生銀行165,000円無料無料約200,000円365,000円
楽天銀行198,800円無料無料約200,000円398,800円
ソニー銀行44,000円無料無料約200,000円244,000円
三井住友銀行33,000円400,000円無料約200,000円633,000円

 

各行の20年固定金利に借り換えた場合のシミュレーション結果

銀行名金利(20年固定)返済方法返済額(月)総返済額(トータル)
新生銀行0.950%元利均等返済91,533円21,984,253円
楽天銀行1.120%元利均等返済93,053円22,351,904円
ソニー銀行1.313%元利均等返済94,798円22,774,923 円
三井住友銀行1.590%元利均等返済97,339円23,392,348円

※シミュレーション結果は当サイトによるもの。2019年11月適用金利。正確な試算および最新の金利は各行の公式サイトで確認ください。

 

諸費用を含めた借り換えの結果は?

銀行名諸費用総返済額合計
新生銀行365,000円約2,200万円約2,236万円
楽天銀行398,800円約2,235万円約2,275万円
ソニー銀行244,000円約2,277万円約2,299万円
三井住友銀行633,000円約2,339万円約2,300万円

 

頭金が10%以上あると金利はさらに0.05%割引に

住宅の新規購入時に頭金が10%以上あると新生銀行では借り入れ金利が年0.05%割引されるサービスを実施しています。

この割引を利用することで前項のシュミレーションでも新生銀行がかなり有利になってくるはずですので注目したいですね。

 

 

最後に

 

新生銀行の住宅ローンについてさらに詳しくはこちら

新生銀行の住宅ローン関連特集

 新生銀行の住宅ローンの落とし穴?20年固定金利がオススメ
 新生銀行の住宅ローン。落とし穴で後悔しない方法とは?
 新生銀行のステップダウン住宅ローン(ステップダウン金利)を徹底解説!
 新生銀行の住宅ローン(安心パックS・自然災害時債務免除特約)のメリット・デメリット
 新生銀行の最新の住宅ローンキャンペーン情報!
 新生銀行の住宅ローン審査は厳しい?

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2019年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識