住宅ローン借り換え.jp

住宅ローン保証料なし・かからない・無料のデメリット・メリットとは?

一般的な(メガバンク・地方銀行など)の住宅ローンを利用する際に必要となるのが保証料です。

保証料とは、住宅ローン利用者が住宅ローンを返済できなくなった時に、銀行に対して保証会社が住宅ローン契約者に代わり残りの住宅ローン残高を返済する仕組みです。

住宅ローンの保証料についてはこちらの記事も参考にしてください。かんたんに言えば、住宅ローンを貸し出す金融機関を守るものなのですが、保証料(費用)を私たち住宅ローン契約者が負担する仕組みになっています。

 

(参考)

保証会社・金融機関・住宅ローン契約者の関係はソニー銀行がわかりやすく説明していましたので参考図として引用させていただきます。

 

 

比較的新しく登場したネット銀行などの住宅ローンは、保証会社を利用しない保証料なしの住宅ローンを提供しています。私たちには直接的なメリットがない保証料はできれば負担したくありません。ということで、保証料が必要ない住宅ローンについて確認していきましょう。

 

じぶん銀行の住宅ローン住信SBIネット銀行の住宅ローン楽天銀行(金利選択型)などのインターネット銀行、比較的新しく誕生したイオン銀行新生銀行などが提供している住宅ローンは保証料を支払う必要がありません。また、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して提供されるフラット35にも保証料はありません。

 

それでは、保証料なしの住宅ローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?順を追って確認していきましょう。

 

住宅ローン保証料なし・かからない・無料のメリットとは?①諸費用が安く済む

最大のメリットは住宅ローン借り入れ・借り換え時に保証料を支払う必要がないことです。保証料は金融機関が住宅ローンの審査と共に必要な金額を決定することになっていますが、一括で前払い方式で支払う場合、住宅ローン借入額の2%(税抜)程度を用意する必要があります。例えば、3,000万円の借り入れや借り換えであれば約60万円になります。どなたから見ても「高い」というのが第一印象でしょう。この費用を準備する必要がないのは大きなメリットです。

(なお、保証料を住宅ローンの金利に上乗せして支払う方式を選ぶと、合計の保証料負担が前払い方式より大きくなってしまいます。どうしても保証料が必要な住宅ローンを選ぶ場合は、総合的に考えてオトクな前払い方式として方が良いので注意してください。)

 

住宅ローン保証料なし・かからない・無料のメリットとは?②住宅ローン審査が通りやすい?

保証会社を利用する住宅ローンの場合、基本的に住宅ローンの審査は保証会社が行っています。一方で、保証会社を利用しない住宅ローンの場合、住宅ローンの審査はその金融機関により行われます。保証会社を利用する住宅ローンを提供している銀行の場合、貸し倒れがあっても保証会社に残りの残金を肩代わりしてもらえる契約をしているのでほとんど審査をしていないと思ってよいわけですね。結局は住宅ローンの審査をどこかしらの企業が行うことにかわりはありませんので、保証料なしの住宅ローンが厳しいとか通りやすいというように一概に示すことはできません。あくまでもその金融機関・保証会社の審査基準次第と考えておきましょう。

 

 

 

住宅ローン保証料なし・かからない・無料のデメリットとは?

住宅ローン保証料が不要な住宅ローンには、事務手数料が保証料とほぼ同じぐらいかかる住宅ローンと事務手数料も保証料も低い水準に抑えている住宅ローンにわかれます。例えば、住宅ローンをシミュレーション新生銀行では事務手数料も数万円程度で保証料なしなので非常に魅力的な商品設計となっています。

一方で、じぶん銀行・住信SBIネット銀行などは保証料はかかりませんが、事務手数料が保証料と同じ2%程度かかります。保証料無料は良いのですが、事務手数料が同じぐらいかかるのであれば、正直、保証料が無料でもなんの意味もありません。じぶん銀行や住信SBIネット銀行の住宅ローンについては「保証料無料」のメリットを事務手数料が2%のデメリットと相殺されていると考えるようにしましょう。

重要なのは、事務手数料・保証料・利息で構成される総費用がもっともお得な住宅ローンを選ぶことなので、借り換え効果を実際にシミュレーションすることをおすすめします。

住宅ローンシミュレーションはこちら

 

融資事務手数料など諸費用についての比較もご紹介しますので参考にしてみてください。

 事務手数料保証料団信保険料2,000万円の場合4000万円の場合
じぶん銀行の住宅ローン借り入れ・借り換え金額×2.16%(税込)不要無料432,000円864,000円
住信SBIネット銀行の住宅ローン借り入れ・借り換え金額×2.16%(税込)不要無料432,000円864,000円
新生銀行の住宅ローン54,000円~162,000円不要無料108,000円※1108,000円※1
楽天銀行の住宅ローン
(フラット35)
借り入れ・借り換え金額×1.080%※2不要金利に含む216,000円432,000円
イオン銀行の住宅ローン借り入れ・借り換え金額×2.16%(税込)※3不要無料432,000円864,000円
三菱UFJ銀行の住宅ローン保証事務手数料として32,400円借り入れ・借り換え金額×2%程度無料約45万円約89万円
三井住友銀行の住宅ローン保証事務手数料として32,400円借り入れ・借り換え金額×2%程度無料約45万円約89万円
※1安心パック利用の場合
※2新規借り入れの場合。借り換えの場合、0.972%。
※3手数料定率コースの場合
※団信保険料・保証料は目安。特に保証料はかなり大きな幅が設定されている点に注意が必要(保証料が必用な住宅ローンの場合、記載内容から大きく増加する可能性があります)です。
※2000万円は借入期間20年、4000万円は借入期間30年を前提としています。
※新生銀行は安心パック利用時。イオン銀行は手数料定率の場合。
※フラット35で団信に加入しない場合団信保険料はかかりません。

 

【参考】保証料が無料の金融機関

じぶん銀行の住宅ローン 住信SBIネット銀行の住宅ローン au住宅ローン 新生銀行の住宅ローン イオン銀行の住宅ローン 楽天銀行のフラット35 アルヒのフラット35 住信SBIネット銀行のフラット35 楽天銀行(金利選択型) SBIマネープラザ(MR.住宅ローンREAL) ソニー銀行

 

【参考】保証料が2%必要な金融機関

足利銀行
三菱UFJ銀行
愛媛銀行
大垣共立銀行
岡崎信用金庫
大分銀行
沖縄銀行
沖縄ろうきん
大阪信用金庫
おかしん
関西アーバン
京都銀行
熊本銀行
三井住友銀行
京葉銀行
JAバンク
横浜銀行
北洋銀行
みずほ銀行
高知銀行
湖東信用金庫
埼玉りそな銀行
さいしん
佐賀銀行
西京銀行
山陰合同銀行
さわやか信用金庫
三井住友信託銀行
スルガ銀行
巣鴨信金
静銀
西武信用金庫 大光銀行
但馬銀行
多摩信用金庫
千葉銀行
中国銀行
中央労金
千葉興業銀行
中信
中京銀行
筑波銀行
広島銀行
百五銀行
肥後銀行
百十四銀行
広島信用金庫
福井銀行
福島銀行
福岡中央銀行
北洋洋銀行
ろうきん
北陸銀行
北海道銀行
北越銀行
北國銀行
三重銀行
武蔵野銀行
もみじ銀行
山口銀行
山形銀行
八千代銀行
山梨中央銀行
ゆうちょ銀行
横浜銀行
琉球銀行
労働金庫
蒲郡信用金庫
岐阜信用金庫
群馬銀行
ごうぎん
十六銀行
常陽銀行
第四銀行
第三銀行
播州信用金庫
16銀行
114銀行
77銀行
82銀行

 

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

 

 

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識