住宅ローン借り換え.jp

2019年10月の消費税増税で各社の事務手数料などが変更されています。最新の料金は各金融機関の公式サイトでご確認ください。

どっちに借り換える?住信SBIネット銀行とじぶん銀行の住宅ローンを徹底比較!

借り換えるならどっち?住信SBIネット銀行VSじぶん銀行の住宅ローンを比較

インターネット銀行の住宅ローンの中でも人気を集めているのが住信SBIネット銀行とじぶん銀行の住宅ローンです。最近は住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利が若干高め(変動金利は低めのママ)で、ジャパンネット銀行がさらに金利が低い住宅ローンの提供を始めたことで、勢力図が塗り替えられつつありますがじぶん銀行の人気は高いですし、住信SBIネット銀行の住宅ローンの影響力もまだまだ大きい状況です。

 

ネットで住宅ローンを比較したことのある人の中には住信SBIネット銀行とじぶん銀行の住宅のどっちを選ぼうか迷っている人はたくさんいると思います。この2つの住宅ローン両方に仮審査申し込みを行っている人も多いのではないでしょうか。

 

楽天銀行やソニー銀行などのネット銀行に加えて新生銀行やイオン銀行のようにネット住宅ローンに力を入れている銀行は数多く存在しますが、現時点の力の入れ具合含めてじぶん銀行の住宅ローンが最も勢いがあり、人気のある住宅ローンになってきている印象です。

 

この特集ページでは、住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)とじぶん銀行の住宅ローンを徹底的に比較・解説してどっちを選べばよいか迷っている人のために、正確な情報をわかりやすく解説したいと思います。最終的にどっちの住宅ローンを選ぶにしても双方の住宅ローンの特徴を把握しておいて損はありませんので最後までお読みいただければと思います。

 

 

住信SBIネット銀行とじぶん銀行の生い立ち

まず最初に2つのネット銀行の生い立ちから簡単に確認していきましょう。

 

  住信SBIネット銀行 じぶん銀行
親会社 SBIホールディングス・三井住友信託銀行 KDDI・三菱UFJ銀行
開業 2007年9月 2008年6月
住宅ローン取扱開始 2008年3月 2015年12月

 

銀行としての歴史はほとんど変わりません。どちらも10年以上の歴史を積み重ねてきました。また、大手銀行とネットに強い大手企業を親会社に持つという企業背景も似ています。ネット銀行は店舗がないから何となく不安、という時代を安定的な親会社の信頼性で補って大きく成長してきと言えます。

 

なお、住宅ローンについては住信SBIネット銀行が開業してすぐに取扱を開始していますので、住宅ローンの歴史という意味では住信SBIネット銀行がリードしています。一方で、じぶん銀行が住宅ローンを本格的に開始したのは開業から7年以上経過した2015年12月です。

 

じぶん銀行は、2013年11月から三菱UFJ銀行のじぶん銀行専用のネット住宅ローンの販売代理店として住宅ローンビジネスに取り組んでいたのが出遅れた理由です。詳細は後述しますが、住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンも親会社の三井住友信託銀行の住宅ローンなので、親会社の商品をうまく活用してきたという意味でも同じような道を歩んできています。

 

住宅ローン以外のネット銀行ビジネスにおいてもライバル企業と言えるこの2つの銀行ですが、今回は住宅ローンに絞ってできるだけわかりやすく比較しながら解説していきたいと思います。

 

住宅ローンの基本的な商品性を比較

まず住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンとじぶん銀行の住宅ローンの基本的な商品性を確認していきましょう。

  住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン) じぶん銀行の住宅ローン
契約先  三井住友信託銀行 じぶん銀行
販売チャネル 住信SBIネット銀行のホームページ じぶん銀行のホームページ
来店必要有無 不要(ネット完結) 不要(ネット完結)
契約 WEB(印紙不要) WEB(印紙不要)
疾病保障 全疾病保障が無料で付帯

がん50%保障が無料で付帯

2019年3月から全疾病保障も無料で付帯

疾病保障引き受け会社 カーディフ損害保険 クレディ・アグリコル生命保険
団信引き受け保険会社 カーディフ生命保険 クレディ・アグリコル生命保険
その他付帯サービス ガン診断給付金特約(女性限定)が無料付帯 au通信サービスとセットで毎月500円(最長5年間)お得になるau住宅ローンを提供
保証料 無料 無料
団信保険料 無料 無料
融資事務手数料 2.20% 2.20%
一部繰上返済手数料 無料 無料
全部繰上返済手数料 無料(ただし、固定金利特約期間中は33,000円(税込)) 無料(ただし、固定金利特約期間中は33,000円(税込))
残高証明書、利息証明書 1回あたり770円(税込) 1回あたり880円(税込)
条件変更手数料 1回あたり5,500円(税込) 1回あたり5,500円(税込)

 

基本的な商品性はかなり似ていることがわかります。大きく違うのは無料で付帯する疾病保障の内容の差異です。この住信SBIネット銀行とじぶん銀行の最大の特徴ともいえる「無料の疾病保障」については、このページの後半で詳しく違いを比較したいと思います。

 

次に住宅ローンを利用するにあたっての利用条件などを確認していきましょう。

 

住宅ローンの利用条件などを比較

  住信SBIネット銀行 じぶん銀行
申込時の年齢 満 20 歳以上満 65 歳以下 満 20 歳以上満 65 歳未満
完済時の年齢 満 80 歳未満 満 80 歳まで
年収 明記なし 前年度の年収(自営業の場合は申告所得)が 200 万円以上
資金使途 本人または家族が住む住宅の新築・購入資金および関連する諸費用 本人または家族が住む住宅の新築・購入資金および関連する諸費用
つなぎ融資 対応なし 対応なし
リフォーム資金 リフォーム資金専用商品を別途提供 住宅ローンとリフォームローンを一括で借り換え可能
融資金額

500 万円以上 1 億円以内(10 万円単位)

諸費用の借り入れは300万円が上限

※住宅の担保評価の200%が上限

500 万円以上 2 億円以内(10 万円単位)

諸費用は新規借入の場合住宅価格×10%が上限

※住宅の担保評価を上回る金額でも借入可

融資期間 1 年以上 35 年以内(1 ヶ月単位) 1 年以上 35 年以内(1 ヶ月単位)
地域 日本全域(離島は除く) 日本全域(離島は対象外になる場合がある)
保証料・保証人 不要 不要
ペアローン・収入合算 利用可能 利用可能
ワイド団信 なし あり(通常の団信の加入できない場合、自動的にワイド団信を審査)

 

大きな違いは借り入れ可能金額で、じぶん銀行は2億円までの融資に対応しています。たの利用条件には大きな違いはありませんが、ワイド団信の取扱有無とリフォーム資金の取扱に違いがあることがわかります。それ以外でも細かな違いが散見され、例えば、年収・融資金額(諸費用や担保評価)の条件が若干異なっています。

 

まず、住宅のリフォームを行った人やこれからリフォームを考えている人は、リフォーム資金の取り扱いが違うことに注意しておきましょう。住信SBIネット銀行はリフォーム専用のローンMr.リフォームローンを提供していますが、リフォーム資金を住宅ローンに組み込むことができません。じぶん銀行はリフォーム資金も借入金額に含むことができます。

 

現在リフォームローンを利用している人は、じぶん銀行の住宅ローンに借り換える時に住宅ローンとリフォームローンを一本化することで大きなメリットを得られる可能性があります。何よりも複数のローンが一本化できるのは家計を管理しやすいというメリットがあります。

 

ワイド団信は過去に大病を患った経験のある人や持病をお持ちの人が加入しやすい団体信用生命保険です。住信SBIネット銀行ではワイド団信は取り扱っていませんので、一般団信に加入できない場合はじぶん銀行一択ということになります。

 

全疾病保障とがん50%保障を比較

次に住信SBIネット銀行とじぶん銀行の最大の特徴ともいえる「疾病保障」について詳しく比較していきましょう。

  住信SBIネット銀行 全疾病保障   じぶん銀行 がん50%保障
加入時年齢

20〜65歳

20〜50歳

保険金支払条件

<住宅ローン残高の保障条件>

住宅ローンの借入日から3か月経過した日の翌日以降に、就業不能状態になりその日から12か月経過した日まで就業不能状態が継続した場合、住宅ローン残高相当額が保険金として支払われる。

<毎月返済の保障条件>

住宅ローンの借入日から3か月経過した日の翌日以降に就業不能状態となり、その状態で住宅ローンの約定返済日が到来した場合、1回の就業不能状態あたり、最大12回まで毎月の住宅ローン返済額が保険金により支払われる。(累計で36回まで)

 

住宅ローンの借入日から90日経過した日の翌日以降にがん(悪性新生物)と診断された場合、住宅ローン残高の50%相当のがん診断保険金が支払われ住宅ローン残高が半分になる。

※就業不能期間や入院などの条件はなく「医師による診断確定」が保険金支払条件になります。

上皮内ガン・皮膚ガンに対する保障

皮膚ガン、上皮内ガンは、住宅ローン残高の保証条件に含まれる。ただし、毎月返済の保証条件には含まれない。

子宮頸がん、大腸粘膜内がん、非浸潤がん、食道上皮内がん、悪性黒色腫以外の皮膚がんは保険金支払い対象に含まれません。
リビングニーズ特約 保険期間中に医師の診断書等で保険会社により余命6か月以内と判断されたときに被保険者の請求により保険金が支払われる。 保険期間中に医師の診断書等で保険会社により余命6か月以内と判断されたときに被保険者の請求により保険金が支払われる。
その他 女性限定で、がん診断給付金(30万円)が受け取れる特約が付帯。  

 

 

全疾病保障を比較

じぶん銀行の住宅ローンに全疾病保障が追加で付帯

2019年3月からじぶん銀行ががん50%保障団信に加えて、精神障がいを除くすべての病気やケガに備える全疾病保障を無料でセットするという驚きの商品改定をしました。

がん診断+全疾病保障がセットされるようになったことで、無料の疾病保障サービスとしては最強になったとも言え、じぶん銀行の住宅ローンがさらに人気を集めることは間違いなさそうです。

じぶん銀行のがん50%保障と全疾病保障について詳しくはこちら

全疾病保障が住信SBIネット銀行・じぶん銀行の双方で提供されるようになりましたので、その保障内容を比較していきましょう。簡単にまとめると、住信SBIネット銀行の疾病保障は1年以上の長期の就業不能・入院に強く、じぶん銀行は半年程度の(住信SBIネット銀行と比較すると)短めの就業不能・入院が手厚くなるように設計されている、です。

 

  住信SBIネット銀行 全疾病保障   じぶん銀行 全疾病保障
加入時年齢

20〜65歳

20〜50歳

保険金支払条件

<住宅ローン残高の保障条件>

住宅ローンの借入日から3か月経過した日の翌日以降に、就業不能状態になりその日から12か月経過した日まで就業不能状態が継続した場合、住宅ローン残高相当額が保険金として支払われる。

<毎月返済の保障条件>

住宅ローンの借入日から3か月経過した日の翌日以降に就業不能状態となり、その状態で住宅ローンの約定返済日が到来した場合、1回の就業不能状態あたり、最大12回まで毎月の住宅ローン返済額が保険金により支払われる。(累計で36回まで)

 

<住宅ローン残高の保障条件>

精神障がいを除く、すべての病気とケガを理由として入院が継続180日以上となった場合に、住宅ローン残高相当額が保険金で支払われる。

※入院開始から最初の31日は連続した入院である必要があります。

<毎月返済の保障条件>

じぶん銀行の全疾病保障には毎月返済の保障はありません。

リビングニーズ特約 保険期間中に医師の診断書等で保険会社により余命6か月以内と判断されたときに被保険者の請求により保険金が支払われる。 なし
その他 女性限定で、がん診断給付金(30万円)が受け取れる特約が付帯。 なし。ただし、別途提供される11疾病保障団信に加入すると、「がん診断給付」や「入院一時給付」の支給があります。

同じ「全疾病保障」という名前を利用し、共に精神障がいを除くすべての病気とケガを対象にした保障ですが、保険金の支払い条件には比較的違いがあります。

まず、「期間」ですが、住信SBIネット銀行は12か月以上と定めれていますが、じぶん銀行は180日以上と定めれています。保険金支払い条件の「期間」は短い方が有利なため、この点ではじぶん銀行の住宅ローンに付帯する全疾病保障の方が有利と言えます。

 

また、住信SBIネット銀行の全疾病保障は入院を条件とはしていませんが、じぶん銀行の全疾病保障は入院が条件となっています。この点に関しては住信SBIネット銀行の住宅ローンに付帯する全疾病保障の方が有利と言えます。180日以上の入院と12か月以上の働けない状態のどちらに備えたいのかが選定ポイントの1つと言えます。

 

更に「毎月の返済」に関する保障にも違いがあります。違いがあるというか、じぶん銀行の全疾病保障には毎月の住宅ローン返済に対する保障がありません。住信SBIネット銀行の場合、住宅ローンの約定返済日に就業不能状態であればその月の返済が保険金で保障されますが、じぶん銀行の住宅ローンには毎月の住宅ローン返済に対する保障がありません。これは働けない状態になってすぐに響いてくるので比較的大きな違いと言えます。

 

無料の疾病保障サービスとして魅力的なのは?

両者の疾病保障サービスを総合的に判断すると、じぶん銀行は、「がん診断+180日以上の入院」に備えられることからじぶん銀行の方が魅力的と言えるように思います。もちろん、住信SBIネット銀行の住宅ローンも魅力的な住宅ローンで甲乙つけがたい面もあり、どちらが優れていると断言できるものではありません。

 

利用する人によって将来の病気の備えに対する考え方が違ってくるので、ここで、具体的なケースで考えてみましょう。

例えば、将来がんにかかって12か月以上働けない状態になった場合、住宅ローンの残高が0円になります。じぶん銀行の場合、診断時に住宅ローンの残高は半分になり、180日入院が継続したタイミングで残りの残高が0円になります。

住信SBIネット銀行の場合、12か月間の毎月の返済も保障されますが、じぶん銀行の場合、診断時に半分になった住宅ローンの返済を約6か月間続ける必要があります。

 

さらに、将来がんにかかって、早期発見・早期手術によりすぐに職場復帰できた場合、じぶん銀行のがん50%保障の方が優位です。じぶん銀行はがんと診断された時点で住宅ローンの残高が半分になりますが、住信SBIネット銀行の全疾病保障は早期に職場復帰できた場合、住宅ローンの残高はそのまま残るのがその理由です。がんに対する備えは、圧倒的にじぶん銀行の方が優位と言えるでしょう。

 

がん以外の病気やケガの場合、12か月以上の就業不能で残高ゼロ+その間の毎月のローン返済の保障がある住信SBIネット銀行と、180日以上の入院で残高ゼロのじぶん銀行を比較することになります。これは、優劣つけがたく、180日以上の継続入院も12か月以上の就業不能も重度の疾患で、この条件を満たす確率は相当低いと考えられることもあり、どちらが良いとは一概に言えないでしょう。

 

総合的には有効活用できる確率はじぶん銀行のがん50%保障+全疾病保障の方が高いと考えられますので、どっちか1つを選べと言われたらじぶん銀行に軍配をあげたいと思います。

 

なお、50歳以上の人はじぶん銀行のがん50%保障団信は利用できませんので、注意が必要です。

※さらに将来へしっかりと備えたい場合じぶん銀行ではがん50%保障や11疾病保障といった保障内容が充実した疾病保障(金利上乗せ負担有)も提供しています。

住宅ローン金利を比較

最後に住宅ローン比較においてもっとも重要な要素である金利を比較しておきましょう。ここでは人気の金利タイプである変動金利と10年固定金利で比較しています。

  住信SBIネット銀行 全疾病保障   じぶん銀行 がん50%保障
変動金利(新規借入)

一律:年0.457%

一律:年0.457%

変動金利(借り換え)

一律:年0.428%

10年固定金利(新規借入)

一律:年0.710%(年2.075%)

一律:年0.570%(年1.541%)
10年固定金利(借り換え) 一律:年0.710%(年2.075%)

※金利は2019年10月。変動金利は通期引下げ、10年固定金利は当初期間引下げの金利プランで比較。10年固定金利のカッコ内の数字は10年経過後に変動金利に移行した場合に適用される金利(基準金利が変わらない場合)

 

じぶん銀行は非常にシンプルな金利設定になっていることが特徴です。新規・借り換えで金利は違いませんし、自己資金・頭金の有無で金利が変わることもありません。諸費用を借り入れた場合でも適用される金利が高くなることもありません。一方で住信SBIネット銀行はじぶん銀行と比べるとやや複雑な金利設定になっていて、借り換え限定の変動金利を低金利を提示していたり、三井住友信託銀行の口座を同時開設することで、金利優遇もあります。

 

まとめると、変動金利に関してはほぼ互角、10年固定金利に関してはじぶん銀行の方が低金利です。最初の10年も10年経過後に適用される可能性がある金利もじぶん銀行の方が低金利になっています。

 

なお、10年固定金利タイプを選んで10年経過した後に変動金利に移行した時に適用される金利はじぶん銀行は年1.541%です。一方で住信SBIネット銀行の場合変動金利で2%以上の金利が適用されることになりますので、10年経過後のことを考えるとじぶん銀行の10年固定金利の方が有利な金利であることがわかります。(※実際に適用される金利は10年固定期間が終了した後の変動金利の基準金利をもとに算出されます。

 

2019年11月の住宅ローン金利で考えると・・・

この特集で解説したようにじぶん銀行と住信SBIネット銀行の住宅ローンは金利だけで選ぶのが難しいのですが、10年固定金利での借り入れを考えるのであれば、金利比較した通りでじぶん銀行の住宅ローンの方が魅力的と言えるでしょう。

 

じぶん銀行の住宅ローンは、がん100%保障を年0.2%の金利上乗せ、11疾病保障を年0.3%の金利上乗せで付帯できますので、仮に11疾病保障を付帯したとしても大半のケースでじぶん銀行の住宅ローンの総返済額の方が少なく抑えられる計算になります。

 

変動金利で比較すると金利は大差がありません。借り換えであれば住信SBIネット銀行の住宅ローンの方が低金利なので、住信SBIネット銀行の住宅ローンに軍配があがります。ただし、金利差がさほどでもありませんので、全疾病+がん50%保障の付帯を考えるとじぶん銀行を選ぶ理由は十分にあると思います。先ほど解説したそれぞれの付帯する疾病保障がご自身の考え方にあう方を選ぶと良いでしょう。

 

ただ、51歳以上だと話は変わります。じぶん銀行の疾病保障は満50歳までが利用条件なので、51歳以上でも疾病保障を付帯できる住信SBIネット銀行の住宅ローンが有利になってきます。

 

 

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン関連特集

 【最新情報】住信SBIネット銀行の住宅ローンの最新金利動向・金利推移
 【最新情報】住信SBIネット銀行の住宅ローンの貸出実績は?
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?(メリット・デメリット)
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンは危険?
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準(厳しい点・あまい点は?)
 【特集】住信SBIネット銀行から住信SBIネット銀行に住宅ローンの借り換えできる?
 【特集】ミスター住宅ローンREALとネット専用住宅ローンの違いとは?

じぶん銀行の住宅ローン&au住宅ローン関連特集

 【インタビュー】ネット完結&がん50%保障団信で人気のじぶん銀行の住宅ローン
 【詳細情報】じぶん銀行の住宅ローンについて
 【詳細情報】au住宅ローンについて
 【ツール】じぶん銀行の住宅ローンシミュレータ―
 【最新情報】じぶん銀行の住宅ローンの最新金利動向・金利推移
 【特集】じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?(メリット・デメリット)
 【特集】じぶん銀行の住宅ローンの審査基準(厳しい?甘い?)
 【特集】au住宅ローンとじぶん銀行の違いは?
 【特集】au住宅ローンと落とし穴とは?(メリット・デメリット)

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2019年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識