住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

【速報】じぶん銀行が2018年2月の住宅ローン金利を公表!金利動向と推移は?

 
 

じぶん銀行が2018年2月の住宅ローン金利を公式サイト上で発表しました!

2017年12月に引き下げた変動金利:年0.457%で据え置き、10年固定金利は12月から0.020%引き上げて年0.640%としました。

10年固定金利は、いよいよじぶん銀行も徐々に金利を引き上げてきています。もっとも、2月はメガバンクなどの大手銀行が10年固定金利を年0.050%引き上げており、相対的にはじぶん銀行の10年固定金利は業界最低水準であり極めて魅力的です。

ただ、2017年11月までじぶん銀行は国内で唯一の10年固定金利を0.6%未満の低金利を提供している金融機関でした。それが、12月についに0.610%に引き上げ、2018年1月にも0.01%引き上げと金利引き上げが2カ月連続で続いていました。さらに、2018年2月に0.02%引き上げましたので金利上昇傾向にあることは否定できません。10年固定金利でじぶん銀行の0.640%は業界最低水準であることは間違いありませんが、今後、金利がさらに上昇していく可能性があるということは頭の中に置いておきましょう。

 

最新の住宅ローン金利一覧

 

すでに、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行のメガバンク3行も金利据え置きをを発表してますが、業界全体としては金利が引き上げになると思いますので、2018年2月も引き続き、じぶん銀行の金利の低さ・優位性が目立ちます。(メガバンクの2月の住宅ローンの10年固定金利の”最優遇”金利(三菱東京UFJ銀行:0.800%、三井住友銀行1.100%、みずほ銀行:0.800%)と比較してもその差大きいままです。)

※メガバンクは住宅ローンの審査によって適用する金利に幅があり、上記は”最優遇”の金利です。住宅ローンの審査結果によっては最優遇金利は適用されない可能性があるので注意してください。

 

それでは、2018年2月のじぶん銀行の住宅ローン金利の動向を確認しておきましょう。なお、じぶん銀行の住宅ローンは「新規借り入れ」「借り換え」で住宅ローン金利が異なることもありません。全て共通で適用される金利でメガバンクのような金利幅もありません。”自己資金(頭金)”の割合で金利が異なることもありません。

 

じぶん銀行の住宅ローン金利動向・推移(直近4か月)

金利タイプ 2017年 2018年 前月比
11月 12月 1月 2月

変動金利

0.497% 0.457% 0.457%

0.457%

据え置き

当初2年

0.400% 0.400% 0.410%

0.420%

+0.010%

当初3年

0.510% 0.510% 0.520%

0.530%

+0.010%

当初5年

0.530% 0.530% 0.540%

0.550%

+0.010%

当初10年

0.590% 0.610% 0.620%

0.640%

+0.020%

当初15年

1.223% 1.213% 1.223%

1.243%

+0.020%

当初20年

1.323% 1.313% 1.333%

1.353%

+0.020%

当初30年

2.090% 2.070% 2.090%

2.110%

+0.020%

当初35年

2.210% 2.180% 2.200%

2.230%

-0.030%

※変動金利は全期間引き下げプラン、それ以外は当初期間引き下げプランの金利。

※当サイト調べ。詳細はじぶん銀行公式サイトでご確認ください。

 

変動金利・10年固定金利の推移(2017年1月以降)

 

変動金利

(全期間引下げ)

前月比

10年固定金利

(当初期間引下げ)

前月比

2017年1月 0.497% 据え置き 0.540% +0.040%
2017年2月 0.497% 据え置き 0.500% -0.040%
2017年3月 0.497% 据え置き 0.500% 据え置き
2017年4月 0.497% 据え置き 0.500% 据え置き
2017年5月 0.497% 据え置き 0.520% +0.020%
2017年6月 0.497% 据え置き 0.580% +0.060%
2017年7月 0.497% 据え置き 0.580% 据え置き
2017年8月 0.497% 据え置き 0.590% +0.010%
2017年9月 0.497% 据え置き 0.590% 据え置き
2017年10月 0.497% 据え置き 0.590% 据え置き
2017年11月 0.497% 据え置き 0.590% 据え置き
2017年12月 0.457% -0.040% 0.610% +0.020%
2018年1月 0.457% 据え置き 0.620% +0.010%
2018年2月 0.457% 据え置き 0.640% +0.020%

※当サイト調べ。詳細はじぶん銀行公式サイトでご確認ください。

 

じぶん銀行公式サイトで確認する

 

じぶん銀行は年0.457%の変動金利、年0.640%の10年固定金利のいずれも国内最低水準の金利です。住宅ローンの収益性の低下により三菱UFJ信託銀行の住宅ローン業務からの撤退が報道されるなか、じぶん銀行がいつまでこの低金利を提示し続けられるのだろうか・・・と引き続き懸念が残る状況での、10年固定金利の引き上げは少し気になります。マイナス金利政策が長期化して銀行の収益が圧迫され続けているのは確かなので、住宅ローンの借り換えを検討している人は各銀行が低金利を提示している間に借り換えを済ませておくようにしておかないと後で後悔することになるかもしれません。

 

じぶん銀行の住宅ローン&au住宅ローン関連特集

 【インタビュー】ネット完結&がん50%保障団信で人気のじぶん銀行の住宅ローン
 【詳細情報】じぶん銀行の住宅ローンについて
 【詳細情報】au住宅ローンについて
 【ツール】じぶん銀行の住宅ローンシミュレータ―
 【最新情報】じぶん銀行の住宅ローンの最新金利動向・金利推移
 【特集】じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?(メリット・デメリット)
 【特集】じぶん銀行の住宅ローンの審査基準(厳しい?甘い?)
 【特集】au住宅ローンとじぶん銀行の違いは?
 【特集】au住宅ローンと落とし穴とは?(メリット・デメリット)

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(フラット35)公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(金利選択型)公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識