住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

【速報!】ソニー銀行が2018年5月の住宅ローン金利を発表!!

ソニー銀行2018年5月の住宅ローン金利を発表しました!

一般的な銀行の場合、住宅ローン金利は月初に公表しますがソニー銀行楽天銀行(金利選択型)は毎月中旬に翌月の住宅ローン金利を発表しています。住宅ローンは申込から契約まで1か月以上かかる場合がありますので、約2週間早く来月の金利を知ることができるのは非常に役立ちます。また、ソニー銀行の金利発表は他の銀行も当然チェックしながら、金利を決定していますので翌月の住宅ローン金利の動向を予想するうえでも役立ちます。特に、自分で住宅ローンの実行タイミングをコントロールできる「住宅ローンの借り換え」の場合、「今月借り換えるべきか」「来月借り換えるべきか」を判断できるメリットもありますね。

 

それでは、発表されたばかりの2018年5月のソニー銀行の住宅ローン金利を確認してみましょう。

 

ソニー銀行の住宅ローン金利(2018年5月)

頭金・自己資金10%以上でのマイホーム購入

ソニー銀行の住宅ローン金利・新規購入で自己資金10%以上(2018年5月)

借り換え、または、自己資金10%未満でのマイホーム購入

ソニー銀行の住宅ローン金利・借り換えまたは新規購入で自己資金10%未満(2018年5月)

 

2018年5月の変動金利は据え置き!

上記の表のとおり、変動金利タイプについてはソニー銀行の住宅ローン・変動セレクト住宅ローンともに金利据え置きとなっています。ソニー銀行は、変動セレクト住宅ローンの金利が年0.457%~と非常に低金利で提供しています。これは、じぶん銀行の住宅ローンの変動金利(年0.459%・2018年4月)住信SBIネット銀行の住宅ローンの変動金利(年0.439%~年0.457%・2018年4月)と同じ水準で業界最低水準の変動金利と言えます。

ただし、じぶん銀行には「がんと”診断”されただけで住宅ローンの残高が半分になるがん50%保障団信」住信SBIネット銀行には「病気やケガの理由を問わず、就業不能状態になった時に住宅ローンの残高が0円になる全疾病保障」が無料でついています。変動セレクト住宅ローンは、「事務手数料が借入金額 ×2.16%」で事務手数料水準もじぶん銀行・住信SBIネット銀行と同様の水準で、金利水準もほぼ変わらないのですが、疾病保障は無料がついていないという点においては無料で疾病保障が付帯する住宅ローンと比べると見劣りしています。

 

2018年5月の固定金利は全般的に引き下げ!

固定金利タイプの住宅ローンの金利は、すべての金利タイプで金利引き下げとなっています。4月も引き下げ傾向でしたので2か月連続での引き下げとなります。金利の引き下げ幅は、「金利を固定する期間」によって異なりますが、超長期固定金利タイプで最も金利引き下げ幅が大きくなっています。長期金利が低下していることが素直に反映されていると言えるでしょう。5月に住宅ローンの借り入れ・借り換えを考えている人にとって朗報です。

 

このように、2018年5月のソニー銀行の住宅ローン金利は、2カ月連続で全般的に金利引き下げになりました!ソニー銀行の住宅ローンに申し込むのか、または、他社の住宅ローンに申し込むのかの判断がわかれることになると思いますが、5月に住宅ローンの借り入れ・借り換えを検討中の人は早めに申し込みしておくようにしましょう。

 

続いて、ソニー銀行の住宅ローンの金利推移を確認しておきましょう。

 

ソニー銀行の住宅ローン金利推移

以下は、2017年1月以降の「借り換え、または、自己資金10%未満でのマイホーム購入時」の金利推移(変動金利と10年固定金利)の推移です。

変動金利は2017年12月に引き下げられ、2017年1月以降でもっとも低い金利となっています。一方で、10年固定金利は2018年3月が2017年1月以降では最も高く、変動金利タイプと固定金利タイプの金利差が徐々に拡大していることがわかります。なお、2018年5月は4月に続いて比較的大きく金利が低下しており、10年固定金利タイプを選ぶには良いタイミングと言えるかもしれません。

  変動セレクト住宅ローン 住宅ローン
  変動金利 10年固定金利 変動金利 10年固定金利
2017年1月 0.549% 0.998% 0.849% 0.898%
2017年2月 0.549% 0.937% 0.849% 0.837%
2017年3月 0.549% 1.015% 0.849% 0.915%
2017年4月 0.549% 1.006% 0.849% 0.906%
2017年5月 0.549% 0.984% 0.849% 0.884%
2017年6月 0.549% 1.011% 0.849% 0.911%
2017年7月 0.549% 1.007% 0.849% 0.907%
2017年8月 0.549% 1.056% 0.849% 0.956%
2017年9月 0.549% 1.013% 0.849% 0.913%
2017年10月 0.549% 0.989% 0.849% 0.889%
2017年11月 0.549% 1.028% 0.849% 0.928%
2017年12月 0.529% 1.012% 0.829% 0.912%
2018年1月 0.529% 1.014% 0.829% 0.914%
2018年2月 0.507% 1.044% 0.807% 0.944%
2018年3月 0.507% 1.061% 0.807% 0.961%  
2018年4月 0.507% 1.034% 0.807% 0.934%   
2018年5月 0.507% 1.019% 0.807% 0.919%

 

ソニー銀行の住宅ローンの特徴

ソニー銀行の住宅ローンのメリット・デメリット・落とし穴などは、ソニー銀行 住宅ローンのメリット・デメリット・落とし穴とは?の記事で紹介していますので、そちらの記事も参考にしていただければと思いますが、ソニー銀行の「利用者の満足度が高い」ことが最大の特徴の住宅ローンで、2017年8月に発表されたオリコン日本顧客満足度ランキング「住宅ローン」部門で1位を獲得するなど実績があります。

ソニー銀行がオリコン顧客満足度ランキング入賞

 

ソニー銀行の住宅ローンの商品の特徴(概要)

  • 保証料・団体信用生命保険(団信)保険料が無料
  • 一部繰上げ返済手数料が無料!
  • 事務手数料がわずか42000円で固定(ソニー銀行の住宅ローンの場合)
  • 「変動金利から固定金利」、「固定金利から変動金利」への金利タイプの変更がいつでも可能!

 

ソニー銀行の住宅ローンの特養

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(フラット35)公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(金利選択型)公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識