住宅ローン借り換え.jp

楽天銀行の住宅ローンで楽天スーパーポイントが貯まる特典・キャンペーンとは?

楽天銀行は日本最大の口座数を誇るネット銀行で、2018年12月には口座数が700万口座を突破し、預金残高も2兆円を超えるなど順調に利用者を増やしています。

 

住宅ローンにも力を入れていて、住宅金融支援機構が提供するフラット35も取り扱っており、2016年のフラット35の実行件数は、国内全てのフラット35を取り扱う銀行の中で1位を獲得しています。楽天銀行独自の事務手数料固定で全疾病保障が無料でセットされる変動金利の金利の低さが魅力の住宅ローン(金利選択型)も順調に利用者を増やし、残高は3,000億円を超えています。

金利選択型 住宅ローンの詳細はこちら

フラット35の詳細はこちら

 

楽天銀行の住宅ローンが人気を集めているのは、「低金利」「低い手数料」「充実した疾病保障」が主な理由ですが、楽天銀行ならではの楽天スーパーポイントとの連携も魅力の1つです。期間限定でポイントが貯まるキャンペーンも開催されていますし、そもそも楽天スーパーポイントが貯まりやすくなる連携サービスが用意されています。

 

この特集ページでは楽天グループならではの楽天スーパーポイント(以下、楽天ポイント)との連携に注目して、楽天銀行の住宅ローンの新規借入れや借り換え関連で楽天スーパーポイントを貯める方法や、その他の楽天スーパーポイントをためる方法・裏技を紹介したいと思います。

 

キャンペーンで楽天スーパーポイントを貯める

 

このキャンペーンは締め切り日まで間に合わない、または、終了しています。

 

2018年12月から住宅ローンの借り換えする人を対象に楽天スーパーポイントが貯まるキャンペーンを開始しています。

楽天銀行の楽天スーパーポイントキャンペーン(2018年12月)

 

このキャンペーンは特に難しい条件はありませんがキャンペーンにエントリーすることなどの4つの条件がありますので確認しておきましょう。期間を守って忘れずに手続きすればもれなく5,000ポイントがもらえます。

● 申込期間中にエントリーボタンより本キャンペーンにエントリーすること
● 申込期間中に「フラット35」または「変動金利(固定特約付き)」による借り換えのWEB申込をすること
● 借入期間中に「フラット35」または「変動金利(固定特約付き)」による借り換えを行うこと
● 借り換えのお借入実行月の末日までに楽天スーパーポイント口座の登録を完了すること←お忘れなく

エントリー&申込はこちら(フラット35)

エントリー&申込はこちら(金利選択型)

 

住宅ローンの相談で楽天スーパーポイントを貯める

2015年12月以前にフラット35を利用していて、住宅ローン残高が2,000万円以上ある人は、無料オンライン相談(Skype相談)してアンケートに答えるだけで最大で5,100ポイントがもれなくもらえるキャンペーンを実施中です。終了期限は現時点で告知されていませんのでいつ終了してもおかしくありません。

このキャンペーンは住宅ローンの契約をする必要はなく、相談とアンケート回答することが条件なので気軽に利用できるキャンペーンと言えます。

キャンペーンの詳細はこちら

 

楽天銀行のハッピープログラムで貯める

楽天銀行には楽天銀行の口座を活用するほどに特典が増えるハッピープログラムという仕組みがあります。

ハッピープログラムとはステージ別に特典内容が変わっていくサービスで、ランクが上がるとATM手数料の無料回数が増えたり、楽天銀行の取引で楽天スーパーポイントが貯まりやすくなるようになっています。

 

楽天銀行で住宅ローンを利用するとハッピープログラムのステージが1ランクアップします。以下の表のように50万円を楽天銀行の口座に預けているだけだと会員ランクはプレミアム会員ですが、住宅ローンを利用することで会員ランクが1つ上がりVIP会員になります。

 

<ハッピープログラムのステージ一覧と楽天スーパーポイントの獲得倍率>

以下は楽天銀行の口座で貯まる楽天スーパーポイントのポイント数を一覧にした表ですが、プレミアム会員は、楽天銀行の口座に振り込むと1回あたり2ポイント貯まりますが、VIP会員になることで3ポイント貯まるようになります。1回あたりのポイント数は少ないですが、普段の何気ない取引で少しずつポイントが貯まるポイントは意外に嬉しいもので、使いだしてみると嬉しさを感じることができると思いますので、楽天銀行で住宅ローンを借りた後はハッピープログラムを利用して少しずつポイントを貯めてみてください。
 
<取引&ステージ別のポイント数>
 

楽天銀行以外のポイントがたまる方法

次に、楽天銀行の親会社の楽天市場で買い物するときに効率よく楽天スーパーポイントを貯める方法や裏技をいくつか紹介しておきます。

 

楽天カードを利用してポイントプラス2倍(SPU)

まず、楽天市場での買い物には楽天カードを利用するだけで100円あたり2ポイントが加算されます。さらに、楽天プレミアカードや楽天ゴールドカードを利用するとさらに100円あたり2ポイント加算されるので100円の買い物で5ポイントももらえるようになります。さらに、楽天カードの引き落とし口座に楽天銀行を指定すると100円あたり1ポイント増加します。

 

普通の楽天会員が1万円の買い物をすると100ポイントしかもらえませんが、楽天銀行を引き落とし口座にした楽天プレミア(or ゴールド)カードで買い物するだけで、600ポイントも貯まることになります。

 

さらに、毎月5,10,15,20,25,30日はキャンペーンにエントリーして買い物すると、さらに100円あたりの貯まるポイントが5ポイント増えるキャンペーンを行っていますが、このキャンペーンも楽天プレミアカードと楽天ゴールドカードだと100円あたりの貯まるポイントが7ポイント増えるので、1万円の買い物で1300ポイントも貯まるようになります。

 

急ぐ必要がない買い物は0か5のつく日にキャンペーンにエントリーしてから買い物するようにしましょう。

 

楽天市場アプリ・楽天ブックスを利用してプラス2倍(SPU)

楽天市場のスマホのアプリで購入するだけで100円あたり1ポイントが増額されますが、楽天ブックスを月に1回使うとさらに1ポイント加算されて、合計2ポイントが加算されます。

楽天ブックスを無理に利用する必要はありませんが、基本的にはスマホアプリで購入するようにすると良いでしょう。

 

その他 SPU(スーパーポイントアッププログラム)

楽天カードや楽天市場アプリ、楽天ブックス以外にも下記のような楽天グループサービスの利用でポイントが付与されますので気になる人はチェックしておいてください。注意点は「月間獲得ポイントにそれぞれ上限が定めらえているという点です。

サービス 内容

月間獲得上限ポイント

楽天モバイル・SIM 楽天モバイル 通話SIMを契約 5,000
楽天トラベル

楽天トラベルの利用(日帰り、ホテルのデイユースを除く)

ダイヤモンド会員15,000、 プラチナ会員12,000、ゴールド会員9,000、シルバー会員7,000、その他会員5,000
 楽天ブランドアベニュー  購入 ダイヤモンド会員15,000、 プラチナ会員12,000、ゴールド会員9,000、シルバー会員7,000、その他会員5,000
 Rakuten NBA Special または Rakuten パ・リーグ Special  加入や利用の継続 ダイヤモンド会員15,000、 プラチナ会員12,000、ゴールド会員9,000、シルバー会員7,000、その他会員5,000
 楽天ビューティー 1500円以上の予約  ダイヤモンド会員15,000、 プラチナ会員12,000、ゴールド会員9,000、シルバー会員7,000、その他会員5,000
楽天銀行 楽天カードの引き落としを楽天銀行に設定 ダイヤモンド会員15,000、 プラチナ会員12,000、ゴールド会員9,000、シルバー会員7,000、その他会員5,000
楽天証券 月1回500円以上のポイント投資 5,000
 
楽天市場のSPU

 

 

ポンカンキャンペーンの活用で最大プラスポイント3倍(2018年2月で終了)

楽天市場、ケータイ版楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベル、楽天GORA(ゴルフ)、楽天koboの楽天グループ各サービスを利用することで最大プラス3倍(100円に付き3ポイント)のポイントアップ(2018年1月15日現在エントリー必要)

 

お買い物マラソンやスーパーセールを利用すればさらにオトクに

最近、開催頻度が増えているように感じるのが楽天名物のお買い物マラソン・楽天スーパーセールです。

これは買い物をした店舗数に応じてポイントが最大10倍程度になるという楽天で買い物する人は必ず利用してほしいキャンペーンです。

難点は必要じゃないものまで買ってしまうこと(楽天の狙いはそれなのかもしれませんね)で、10店舗で買い物をする最大9倍(100円あたり9ポイント)が追加付与されたりするのでどうしてもたくさん買ってしまいがちです。

 

キャンペーンの内容は毎回同じではありませんが、1回のキャンペーンでもらえる追加ポイントは1万ポイントとなっていることが多いです。

 

街中での楽天カードの利用で最大2倍

100円に付き2ポイント付与されるサービス(2018年10月9日現在エントリー必要)

 

楽天は販売価格(商品の値段)も安いのですが、ポイント付与を最大限活用することで普段の買い物を節約できます。

 

楽天銀行はそんな楽天市場をさらにオトクに利用するための銀行口座として利用価値があるわけですが、楽天銀行で住宅ローンを借りることで、楽天グループ全体の利用メリットが増えますので、楽天市場や楽天サービスをよく利用する人は楽天銀行の住宅ローンは選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

 

金利選択型 住宅ローンの詳細はこちら

フラット35の詳細はこちら

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2019年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識