住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

新生銀行の住宅ローン審査は厳しい?

新生銀行の住宅ローンは、事務手数料54,000円~、保証料無料、団信保険料無料、一部繰り上げ返済手数料無料など、住宅ローンを利用するにあたっての諸費用をおさえることができる点が特徴の住宅ローンです。また、安心パック・安心パックW・安心パックS・ステップダウン金利など他の銀行では提供していない新生銀行独自のサービスが付帯する住宅ローンをたくさん提供しています

 

借り換えのために何十万円ものお金を手数料などで支払うのは避けたいと考える人は多く、諸費用の低さは借り換え時に高い人気を集めている理由の1つです。

 

この特集ページでは新生銀行の住宅ローンの審査基準や新生銀行の住宅ローン審査で厳しい点や甘い点を中心に紹介しています。新生銀行の住宅ローンのメリットやデメリットについてはほとんど触れていませんので、最新の金利・商品性・サービス内容については新生銀行の公式サイトなどから確認してください。

新生銀行の公式サイト:http://www.shinseibank.com/


 
新生銀行の住宅ローンについて

新生銀行は今から15年前の2002年にパワースマート住宅ローンの取り扱いを開始しました。保証料無料、繰上返済手数料無料など、当時としては非常に画期的なサービスに低い金利の住宅ローンを提供し、古い体質だった住宅ローン業界に一石を投じた功績のある銀行です。

 

新生銀行の住宅ローンの評判として、審査が厳しい・審査に落ちたという声をたくさん発見することができます。このコラムでは新生銀行の住宅ローンの審査は本当に厳しいのか、また、審査基準の中に注意すべき点がないのかを解説していきたいと思います。

 

新生銀行の住宅ローンの詳細はこちら

 

新生銀行の住宅ローンの審査基準について(人物に関する審査)

最初に確認しておきたいのが住宅ローンの商品説明書です。商品説明書を読めばその住宅ローンの審査基準などの概要が理解できるのですが、残念ながら文字ばかりで読みにくいので、重要な箇所を上から順に確認していきましょう。

 

<利用可能な人>

<年齢条件>

年齢条件は一般的で、申込時の年齢が20歳~65歳、完済時の年齢が80歳未満となっています。

 

<健康状態(団信への加入)>

団体信用生命保険加入必須は民間住宅ローンとしては一般的です。新生銀行の住宅ローンの場合、通常の団信は第一生命が引受保険会社、安心パックに内包される安心保証付団信は太陽生命が引受保険会社となります。

なお、新生銀行ではワイド団信は取り扱っていませんので、過去に病歴がある場合や病気療養中の人だと新生銀行の住宅ローンの審査に落ちる可能性があります。一般的な団信に加入できない場合は、ソニー銀行じぶん銀行の住宅ローンのようにワイド団信を扱っている金融機関を利用するか、団信への加入が任意なフラット35を取り扱っている楽天銀行住信SBIネット銀行の利用を検討すると良いでしょう。

新生銀行の審査基準について詳しくはこちら

<年収・勤続年数>

年収基準はやや厳しく、勤続年数についてはやや甘い基準と言えそうです。

まず、最低年収基準は100万円・200万円が一般的ですが、新生銀行は300万円以上と定められています。ソニー銀行や楽天銀行(金利選択型)のように年収400万円以上を基準としている住宅ローンもありますので、そこまで厳しい基準ではありませんが、やや厳しめと言ったところです。

勤続年数に関しては、3年以上の勤続を条件とする住宅ローンが多い中で2年と定められており利用しやすい部類です。しかも、新生銀行の場合は、同じ会社に2年以上勤続している必要はないので、この2年間に転職していたとしても連続して働いてさえいれば問題ないという点もポイントです。

なお、収入条件をクリアできない場合でも、共働きであれば「ペアローン」や「収入合算」を利用することで解決できますので申込時にチェック(希望)しておくようにしましょう。

 

<職業・雇用形態>

民間企業に勤めている場合の雇用形態は「正社員」または「契約社員」に限定されています。「派遣社員」「パート」は利用できないという点に注意しましょう。例えば、イオン銀行の住宅ローンの場合、「派遣社員」でも利用可能です。メガバンクの住宅ローンの場合、「契約社員」も利用不可ですのでこの点についてもそれほど厳しい水準ではありません。もちろん、公務員・自営業でも利用可能です。

 

新生銀行の審査基準について詳しくはこちら  

 

新生銀行の住宅ローンの審査基準について(資金使途)

次に資金使途について確認しましょう。資金使途とはどういった条件の住宅の購入資金に利用できるかを示しすものです。新築マンション・中古マンション・建売戸建ての購入であればあまり気にしなくてもよいので読み飛ばしてください。中古の戸建住宅の場合、利用できない住宅ローンもありますが特に問題なく利用できます。

 

注文住宅の場合、ハウスメーカーや工務店に分割してお金を支払わなければなりませんが、新生銀行からは建物完成時に一括で融資してもらうことしかできません。注文住宅の場合、工務店に建築費用を支払うために「つなぎ融資」をしてもらう必要があるのですが、新生銀行独自では対応していませんので、別途つなぎ融資の申込も必要になりますので注意しましょう。なお、つなぎ融資についてはこちらのコラムでも紹介していますので参考にしてください。

 

なお、中古戸建ての購入を最初から融資対象外としている金融機関はたくさんあることを考えると、この点に関しても新生銀行の資金使途の基準が特別厳しいと言うことではありません。

 

また、新生銀行の住宅ローンはリフォーム代金も住宅ローンに含めて借り入れ・借り換えすることができます。一般的なリフォームローンよりも金利が圧倒的に低い住宅ローンの金利がそのまま適用されますので、「中古住宅購入しつつリフォームしたい場合」「住宅ローンの借り換えと同時にリフォームする場合」はかなり有力な住宅ローンになります。

 

リフォームローンについて詳しくはこちら

 

新生銀行の住宅ローンの審査基準について(借入可能限度額)

500万円~1億円の融資額は一般的ですが、新生銀行の住宅ローンの審査が厳しいと言う評判になった理由はこの審査基準にあると考えています。

新築にしても中古にしても物件には売却価格が定められています。売却価格は不動産会社やオーナーが建築費用や周辺物件の相場を参照して決めていますが、新生銀行は物件の売買価格を利用にせずに「新生銀行が指定する不動産評価会社による物件査定(評価額算出)」をおこなうこととしています。さらっと書いてあるこの1行が曲者で、「銀行の委託を受けて、第三者の立場で物件を査定する不動産評価会社」が物件の査定価格を甘くすることは考えにくく、物件査定が厳しく行われると考えておかなければなりません。

 

この物件査定が理由で審査に落ちることはほとんどないと考えられますが、「マイホームの購入価格」よりも低い価格で査定される可能性は高く、住宅ローンの借り換え時でも「その時点の住宅ローン残高」よりも物件の担保価値が低くみられて希望借入額を下回る金額を融資限度額にされてしまう可能性もあります。

 

また、担保評価額の300%を限度額とする住宅ローンもある中で、担保評価額の100%以内とされています。これは、新生銀行の住宅ローンの審査基準の中で最も厳しいポイントです。

 

これといった対策はありませんので、基本的には自己資金をできるだけ準備することが重要です。

 

新生銀行の審査基準について詳しくはこちら  

 

最後に

新生銀行はインターネットで住宅ローンを探す時代になった当初からネット申込の住宅ローンを提供しています。その結果、インターネット上には「良い評判・口コミ」も「悪い評判・口コミ」も多く存在するようになり、最近は「悪い評判」が目立っているように思います。

 

商品説明書をしっかりと読み解くと、住宅ローンの審査基準が特別厳しいわけではないことがわかります。どちらかというと甘いぐらいです。

 

ただ、今回紹介した審査基準以外にも「個人信用情報」の確認や年収に対する返済金額の割合などから総合的に判断されるのが住宅ローンの審査です。そのため、最終的には審査に申し込んでみないと最終的な結果はわかりません。これは新生銀行の住宅ローンに限った話ではありませんので、2-3社の金融機関に絞り込んでから複数の金融機関の住宅ローンに申し込むようにしておくと良いでしょう。

 

新生銀行住宅ローン申し込み専用サイトはこちら

 

<関連コンテンツ(新生銀行)>

新生銀行 住宅ローンの落とし穴で後悔しない回避策とは?

新生銀行 住宅ローン 落とし穴を回避!20年固定金利がオススメ

新生銀行の安心パックと安心パックWの違いとは?

 

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 住宅ローンの金利推移・金利動向は?【2017年11月金利予想】
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着ニュース

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識