住宅ローン借り換え.jp

住信SBIネット銀行の住宅ローン審査は厳しい?

住信SBIネット銀行は日本を代表するネット銀行です。特に住宅ローンの人気は凄まじくメガバンクに次ぐ規模で地方銀行よりも利用者や実行額は圧倒的です。2018年11月には住宅ローン取り扱い累計額が4兆6,000億円を突破しています。

住信SBIネット銀行の住宅ローンの人気の高さはなんといっても低金利疾病保障が無料付帯という2点に尽きると言ってよいでしょう。これらの詳細は

住信SBIネット銀行 住宅ローンの落とし穴 メリット・デメリットは?

を一読いただければと思います。本ページでは住宅ローン住信SBIネット銀行の住宅ローンのサービス内容ではなく住宅ローン審査・審査基準について解説しています。テーマは「ネットで人気の住信SBIネット銀行の住宅ローン査は厳しいのか?甘いのか?」という点です。

住信SBIネット銀行の公式サイトはコチラ https://www.netbk.co.jp/

住信SBIネット銀行の住宅ローン取り扱い額の推移

 

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの特徴

住信SBIネット銀行が公式サイトで取り扱っている住宅ローンは「ネット専用住宅ローン」と呼ばれています。これは、住信SBIネット銀行の親会社である三井住友信託銀行が提供する住宅ローンで、住信SBIネット銀行は親会社の商品を仲介している立場です。紹介しているだけ?と思ってしまいますが、三井住友信託銀行で同じ商品を申し込むことはできませんので住信SBIネット銀行専用の商品です。住信SBIネット銀行の公式サイトはコチラ https://www.netbk.co.jp/

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン

 

住信SBIネット銀行の全疾病保障について

住信SBIネット銀行の住宅ローンにはすべての病気やケガに備えることができる全疾病保障が付帯しています。これが人気の秘訣です。一方で住信SBIネット銀行では加入条件を緩和した団信であるワイド団信を扱っていないため健康状態に不安を抱える人にとっては審査が厳しい結果が出ることが想定されます。(団信や全疾病保障の審査は保険会社が行っています)

 

 住信SBIネット銀行の全疾病保障付きの住宅ローン

住信SBIネット銀行の住宅ローン

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準について(人物像)

住宅ローン審査時に最初に確認したいのが「商品概要説明書」です。すべての金融機関では公式サイト上に説明書を公開しており、重要な審査項目が記載されています。

まず最初に人物像についての審査項目を確認しましょう。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準について(人物像)

 

<年齢について>

審査基準は20歳から65歳までの申し込みに対応しており、満80歳までの完済が必要です。35年固定の住宅ローンを組む場合には45歳までにマイホームを購入しないと住宅ローン審査に通らないこととなります。しかし、年齢の基準については一般的なものとなっており、厳しいとはいえないと思われます。

 

なお、住信SBIネット銀行の住宅ローンには全疾病保障が無料で付帯していますが、ガン保障付き団信などでは加入年齢が50歳前後としている金融機関が多いですが、住信SBIネット銀行の全疾病は一般的な住宅ローン同様に65歳までの申し込みでOKとなっており、ガン疾病保障に年齢面で加入できない方にはうれしい審査条件となっています。

 

<年収について>

多くの銀行では住宅ローン審査に必要な年収を明示していますが、住信SBIネット銀行では明示をしていないようです。明示をしてないという時点で審査基準が厳しい可能性はあると考えてよいでしょう。一方、ペアローン・収入合算の利用は可能となっている点は夫婦共働きの方にはうれしい条件となっています。

なお、2018年1月からLGBTのカップルでもペアローンや収入合算を利用できる取り組みを開始しています。

住信SBIネット銀行の住宅ローンのペアローン

 

<健康状態について>

団信の加入が必須となっており、他の民間金融機関の住宅ローンと同様の条件となっています。団信の加入時には健康状態の告知が必要であり、現在および過去3年間の病歴や健康状態を告知する必要があります。この告知内容によっては団信に入れず、住宅ローン審査落ちとなる可能性があります。加入審査条件を緩和したワイド団信という団信を扱う金融機関も多くなっていますが、住信SBIネット銀行では取り扱いをしていません。ワイド団信を扱う、ソニー銀行じぶん銀行の住宅ローンを利用するか、団信への加入が任意である住信SBIネット銀行のフラット35の利用を検討してみてください。

 

<勤続年数・雇用形態について>

こちらも商品概要説明書には明示がありませんが、住信SBIネット銀行の公式サイトのQ&Aで明示があり、派遣社員・契約社員・自営業(個人事業主)・会社役員でも利用可能となっています。派遣社員も利用可能な点は住宅ローン審査に寛容と言ってよいでしょう。

なお、アルバイト・パート・年金受給者・無職は利用できません。パート・アルバイトの方は住信SBIネット銀行のフラット35を申し込みしてみましょう。フラット35は公的な住宅ローンであるため、パートやアルバイトの方でも利用可能となっています。

 

自営業(個人事業主)については2年分、会社役員は3年分の確定申告書を提出する必要があり、これが勤続年数にあたります。なお、これら以外の雇用形態(正社員など)については明確な審査基準が明示されていませんが、転職については3ヶ月経過していれば審査申し込み可能となっています。この場合には新勤務先から提示された雇用契約書、採用通知書(年収見込証明書等)および転職後の給与明細(直近3ヵ月分・賞与明細(支給が無い場合は不要)が必要書類となります。

住信SBIネット銀行の住宅ローン

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準について(資金使途)

次に資金用途です。資金用途とは住宅ローンで借りた資金を何に使うか?という点です。ご自身やご家族が住む住宅購入や住宅ローンの借り換えに利用可能と記載されています。ただし、セカンドハウス(単身赴任中の住居、子息が通学用として利用する住居)では利用ができません。

また、自宅用であっても競売物件、借地権などでの住宅ローン利用はできないので注意が必要です。

 

借り換えについては住信SBIネット銀行間については要注意です。MR.住宅ローンREAL、MR.住宅ローン、フラット35からネット専用住宅ローンへの借り換えは行えますが、ネット専用住宅ローン間での借り換えはできません。詳細は住信SBIネット銀行から住信SBIネット銀行への住宅ローン借り換えは可能?を一読ください。

 

なお、つなぎ融資や分割融資には対応していないため、注文住宅での利用については審査上厳しいものとなりそうです。なお、つなぎ融資についてはこちらのコラムでも紹介していますので参考にしてください。住信SBIネット銀行がつなぎ融資に対応してないことへの審査対策としては、土地購入・着工のタイミングで地銀・信金・メガバンクなどのつなぎ融資に対応している住宅ローンを申し込み、住宅引渡し後のタイミングで住信SBIネット銀行に借り換えることが裏わざとなります。

住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準について(資金使途)

住信SBIネット銀行の住宅ローン審査に通らない土地の種類

・ 借地
・ 保留地
・ 共有仮換地
・ 離島
・ 準都市計画区域
・ 都市計画区域外
・ 国立公園特別地域内
・ 工業専用地域内

住信SBIネット銀行の住宅ローン

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準について(借入可能限度額)

住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準について(借入可能限度額)

500万円から1億円の融資については一般的なものとなっています。なお、住宅新規購入時には300万円のプラス、借り換え時には担保評価の200%まで借りれる点は大きなメリットですね。審査が寛容と言えそうです。

住信SBIネット銀行の住宅ローン

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査時間・期間について

次に住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査期間ですが、公式サイト上には新規購入で45日以上、借り換えで30日以上が申し込みから融資実行まで必要と記載されています。

審査自体については仮審査は、通常数時間から数日で完了、本審査は、必要書類がすべて住信SBIネット銀行に到着後、通常1週間から10日程度で完了としています。仮審査は一般的な金融機関と同程度の審査スピードですが、本審査はかなり時間かかるようです。

この審査期間は通常時のものであり、年度末などの繁忙期にはより遅くなる傾向があるようです。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査時間・期間について

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査書類

  正社員 契約社員・派遣社員 自営業 会社役員・社長
健康保険証
住民票
源泉徴収票  
住民税決定通知書
会社の決算書3期分      
確定申告書3期分     ○(確定申告をしている場合)
納税証明書3期分
物件に関する書類
借り換えに関する書類(返済予定表)

 

最後に

住信SBIネット銀行の審査については特別厳しいという内容ではないのがお分かりいただけると思います。また、住信SBIネット銀行ではフラット35の取り扱いもしているため、多くの方の期待に応えることが可能な銀行と行ってよいのではないでしょうか。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローン申し込みはコチラから

住信SBIネット銀行の住宅ローン

 

住信SBIネット銀行のフラット35

 

住信SBIネット銀行の住宅ローン審査落ち・落ちた対策は?

住信SBIネット銀行の住宅ローンの落ちた場合、数ヶ月、半年など短いスパーンで再度審査に申し込んでも通る可能性は少ないでしょう。

住信SBIネット銀行以上に低い10年固定金利を打ち出し、変動金利も同水準であるじぶん銀行の住宅ローンや国内で最も住宅ローン審査に寛容なフラット35への申し込みを行ってみましょう。

 

 

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン関連特集

 【最新情報】住信SBIネット銀行の住宅ローンの最新金利動向・金利推移
 【最新情報】住信SBIネット銀行の住宅ローンの貸出実績は?
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?(メリット・デメリット)
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンは危険?
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準(厳しい点・あまい点は?)
 【特集】住信SBIネット銀行から住信SBIネット銀行に住宅ローンの借り換えできる?
 【特集】MR.住宅ローンREALとネット専用住宅ローンの違いとは?

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識