住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

フラット35からフラット35へ借り換えが同じ銀行で可能!

日本政府が100%出資している住宅金融支援機構と民間の金融機関が協力して提供している長期固定型住宅ローンの定番商品であるフラット35。

テレビCMも積極的に放送しており、既にフラット35で住宅ローンを組んでいる方もいいのではないでしょうか。

フラット35は完済まで金利が変わらないことで、毎月の住宅ローン返済金額が変わらないメリットがあります。

近年の住宅ローン金利の低下でフラット35も急速に金利水準を下げています。

銀行業界でフラット35の取り扱い件数が2016年に第1位となった楽天銀行のホームページよりフラット35の金利推移をご紹介します。

2008年から2009年には3%もあったフラット35の金利は低下を続け、2012年には2%、2016年には日銀のマイナス金利政策の影響を受け、1%程度まで低下していることが分かります。

一般的に住宅ローンの金利差が1%程度有れば、住宅ローンを借り換えるメリットがあるとされています。

このためフラット35を2013年より前に契約された方は、借り換えを検討する価値がありそうですね。

引用;楽天銀行ホームページ

 

フラット35を選んだ方は

フラット35が長期固定型で完済まで月々の返済額が変わらない

国が所管する住宅ローンという信頼・安心感

にフラット35のメリットを感じられていると思います。

 

こうしたフラット35のメリットを継続しつつ、毎月の住宅ローン返済額を減らすことができるのがフラット35からフラット35への借り換えです。フラット35のサービス開始直後はフラット35からフラット35への借り換えに対応していなかったためご存知で無い方も多く、フラット35からフラット35への借り換えができることに驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。

さらにフラット35からフラット35からの借り換えは同じ銀行内でも可能です。

例えば、楽天銀行から楽天銀行ARUHI(旧SBIモーゲージ)からARUHIと同じ銀行内で借り換えが可能になります。

なお、フラット35の借り換えにはフラット35の返済実績が1年以上ある必要があり、延滞の事故が直近1年ないことが条件となります。

 

フラット35の金利動向については当サイトのイチオシコンテンツである、フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想 を一読ください。翌月のフラット35の金利を前月中旬くらいに予想可能となっています。

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着ニュース

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識