住宅ローン借り換え.jp

フラット35からフラット35へ借り換えが同じ銀行で可能!

フラット35なら同じ銀行への借り換えが可能

 

民間の銀行が提供するプロパー住宅ローンの場合、同じ銀行間での借り換えは行えませんが、フラット35の場合同じ銀行内での借り換えも可能という特徴があります。

 

気を付けなければならないのは同じ銀行内でフラット35を借り換える場合でも、事務手数料など住宅ローンの借り換えの費用は同じで特段おトクになるわけではないという点です。複数の金融機関に相談しなくても良いという点では手続きが少し楽かもしれませんが、同じ銀行であることを最優先してフラット35の借り換え先を決定してしまうと、手数料・金利・サービスの面で最善の借り換えが行えなくなってしまう可能性があります。

 

一般的な住宅ローンの場合、現在借り入れ中の金融機関は借り換え先候補から外す必要があるが、フラット35からフラット35に借り換える場合、現在借り入れ中の金融機関と同じ銀行も借り換え先候補にいれることができる、と考えておく程度が良いでしょう。

楽天銀行のフラット35でフラット35からフラット35への借り換えが可能

 

フラット35について

フラット35は住宅金融支援機構と民間の金融機関が協力して提供している長期固定型住宅ローンの定番商品なので既にフラット35で住宅ローンを組んでいる方も多いと思います。

フラット35のメリット(長期固定型住宅ローンのメリット)は、完済までの金利を確定することで、毎月の住宅ローン返済金額を最初に決定できることにありますが、住宅ローン金利が高い時に固定していている場合、「借入全期間の金利を高い水準で固定してしまっている」ことになるので、金利が低下している時期にしっかりと借り換えを行っておくことが重要になります。

 

まずはフラット35実行件数1位のARUHIのホームページなどで最新のフラット35の金利を確認してほしいのですが、フラット35の金利低下は明らかで、2008年・2009年には3%もあったフラット35の金利が、2012年ごろに2%程度、2016年には日銀のマイナス金利政策の影響を受けて1%程度まで低下していることがわかります。

 

10年前に3%、5年前に2%付近でフラット35を利用している人は、残りの住宅ローン残高や返済期間にもよりますが、住宅ローン借り換えで大きなメリット(総返済額を少なくする)がある可能性が高い状況です。

ARUHIのフラットの金利推移

引用;ARUHIホームページ

 

フラット35を利用している人はフラット35に借り換える人が多い

既にフラット35を利用している人は、フラット35を選んだ理由が人それぞれありますので、借り換え後の住宅ローンとしてフラット35を再び選ぶ人が多いと言われています。

フラット35からフラット35に借り換える場合、これまで利用してきた住宅ローンの商品性を変えずに、金利を引き下げられることになります。つまり、フラット35のメリットを継続しつつ、毎月の住宅ローン返済額を減らすことができるのがフラット35からフラット35への借り換えです。

 

フラット35Sの金利引き下げ期間終了のタイミングでの借り換えも一般的

省エネルギー性、耐震性に優れている住宅に適用されるフラット35Sは5年、もしくは10年の金利引き下げ期間を選択できますが、この期間終了前に、フラット35の借り換えを行うことを検討される方も多いようですね。

フラット35Sのチラシ

 

2017年10月からフラット35新団信制度がスタート

フラット35は2017年10月から新団信制度がスタートしているので、これからフラット35からフラット35に借り換える人は「団信」の制度変更をカンタンに理解しておくようにしましょう。

フラット35を過去に利用したことがある人であれば記憶にあると思いますが、従来のフラット35は住宅ローンの返済以外に団信の保険料を別途支払う必要がありました(団信に加入する場合)。2017年10月以降の申し込み分から団信の保険料を別途支払う必要がなくなり、住宅ローンの金利に0.2%上乗せすることで、住宅ローンの毎月の返済と共に団信の保険料を支払うことができるようになりました(団信への加入は引き続き任意です)。

 

借り換えにおすすめのフラット35は?

フラット35に注力している金融機関であれば、フラット35の金利はほぼ横並びなので、今、フラット35からフラット35に借り換えるときに注意しなければならないのが事務手数料です。2000万円の借り換えで40万円以上の事務手数料を用意しなければならないフラットも数多くあります。フラット35の商品性はどの金融機関で申し込んでも住宅金融支援機構が保証しているようなものなので、できるだけ事務手数料の低い金融機関を借り換え先候補に入れるようにしましょう。

 

当サイトではフラット35の借り換え手数料の比較を行っているコンテンツも用意していますので参考にしていただければと存じます。

フラット35の借り換え手数料を徹底比較/安い金融機関はドコ?

 

なお、フラット35では借り換え時に必要となる事務手数料も住宅ローンの一部として借りることができますので、手元資金に余裕がない方でも借り換えがしやすい仕組みとなっています。

 

フラット35からフラット35への借り換えでいくら節約できる?

実際にフラット35からフラット35への借り換えでいくら節約できるのかシュミレーションをしてみたいと思います。

10年前に3%でフラット35を借りていた方が、2020年3月にARUHIスーパーフラット借換を利用し借り換えをした場合を想定します。

 借り換えせず2020年3月に借り換え
元金2,000万円2,000万円
残りの返済期間25年25年
金利3%1.190%
月々の支払い 94,842円77,107円
総返済額28,551,560円23,131,972円
旧団信保険料約1,000,000円金利に含まれる
諸費用(登記など)なし200,000円
事務手数料なし220,000円
合計約2,950万円約2,355万円
借り換えメリット595万円

 

フラット35からの借り換えでも600万円近い借り換えメリットがあることが分かりますね。フラット35からフラット35への借り換えも有効な手段ということがこの結果からも分かると思います。

 

なお、フラット35にこだわらないという方におすすめしたいのは、新生銀行です。事務手数料が55,000円で、2021年4月の金利は年1.30%(21-25年固定)です。2021年4月現在のARUHIスーパーフラット借換の金利は1.320%ですので、事務手数料も金利も新生銀行の方が安価になっています。

新生銀行の住宅ローンについてさらに詳しくはこちら

 

フラット35関連コンテンツ

 フラット35の金利はどうなる?金利動向を予想
 フラット35と民間住宅ローンの違い
 フラット35の団信を徹底比較&解説!(2017年10月リニューアル版)
 フラット35パッケージローンの比較・解説
 フラット35への借り換えのデメリットとは
 フラット35で団信加入は不要?
 つなぎ融資に対応した住宅ローン・フラット35は?

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2021年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識