住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

【ダブルフラット】フラット20・フラット35を併用して上手な返済計画を

一般的に住宅ローンは1つだけ契約するのですが、計画性のある人を中心に、将来の支出増加や収入減少に備えて2つの契約にわけるケースがあります。

例えば「定年前までにできるだけ住宅ローンの返済を進めておきたい」、「子供の養育費が増える前に住宅ローンの返済を進めておきたい」といったケースです。

 

具体的に考えてみましょう。

 

例えば、住宅ローン契約時の年齢が45歳だったとしましょう。このとき20年の住宅ローンと35年の住宅ローンの2つに契約をわけると、20年の住宅ローンは65歳で完済し、35年の住宅ローンは80歳で完済する計画になります。

仮に、65歳で定年を迎えた場合、そのタイミングで20年の住宅ローンの返済が終わるのでその後の毎月の返済がぐっと楽になります。定年や再就職は収入が大きく減る可能性がありますので、もし、そうなってしまっても生活に苦しむことの無いように住宅ローンのを前倒ししておくことができます。

 

資金的に余裕があれば全部を20年返済の住宅ローンにしてしまえば良いわけです。資金的に余裕がなければ35年返済にしつつ、余力に応じて繰上返済する方法もありますので、必ずしも2本の住宅ローンにわけなければならないわけではありませんが、1つの方法として住宅ローンを返済期間の違う2つの住宅ローンにわけるというやり方があるというわけです。

 

ダブルフラットとは?

ダブルフラットについて

期間の違う住宅ローンを組み合わせることで住宅ローンの返済に強弱をつける住宅ローンは一般的にミックスローンと呼ばれています。ダブルフラットとは、フラット35をミックスして借り入れる住宅ローンのことで、借り入れ期間が20年以上35年以内のフラット35と、借り入れ期間が15年以上20年未満のフラット20を組み合わせて借り入れる商品のことです。

 

ダブルフラットのメリットとデメリットは以下の通りです。

 

ダブルフラットのメリット

● 支出が増える・収入が減るあるタイミングに備えて毎月の住宅ローンの返済額を調整しておける

● 住宅ローンの一部を借り入れ期間の短い(≒金利の低い)契約にできるので総返済額を減らせる

 

ダブルフラットのデメリット

● 2つの契約の返済が続いている間は毎月の返済負担は比較的大きい

● 2つの住宅ローンの契約になるので、印紙代や登記手続きの諸費用が少し増える

 

ダブルフラットシミュレーション例

<前提>

住宅ローン契約額(合計):3,000万円

うち、フラット20(15年返済):1,000万円

うち、フラット35(35年返済):2,000万円

※フラット20の金利1.29%、フラット35の金利1.36%

 

<毎月の返済額>

フラット20:61,133円

フラット35:59,874円

 ⇒ 借り入れから20年は121,007円

 ⇒ 借り入れから21年~35年は59,874円

 

<総返済額>

36,151,083円

ダブルフラットケーススタディ

借り入れから15年間は毎月約12万円を返済していくことになりますが、その後は約6万円の返済で済むことになります。毎月6万円も返済が減れば、支出増や収入減にかなり耐えられることになります。

ダブルフラットのポイントは、このようにある時点を境に毎月の返済額を大きく減らせることなのですがもう1つメリットがあります、フラット35よりもフラット20の方が金利が低く返済期間も短いため、全額をフラット35にするよりも総返済額を大きく減らせることもわかります。

 

フラット35を上手に活用する方法の1つであるダブルフラット。将来の収入減や支出増に備えて前倒しで住宅ローンを返済しておきたい場合の返済方法として検討してみてはいかがでしょうか?

 

フラット35関連コンテンツ

 フラット35の金利はどうなる?金利動向を予想
 フラット35と民間住宅ローンの違い
 フラット35の団信を徹底比較&解説!(2017年10月リニューアル版)
 フラット35パッケージローンの比較・解説
 フラット35への借り換えのデメリットとは
 フラット35で団信加入は不要?
 つなぎ融資に対応した住宅ローン・フラット35は?

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(フラット35)公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(金利選択型)公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識