住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

第一生命がインターネットで申込可能な団信「ネットDE団信」の取扱を開始

第一生命がインターネットで申込手続きが可能な団信のインターネットサービス「ネットDE団信」の取扱開始を発表してから約3か月がたちました。当初、どの銀行の住宅ローン利用者でも(もしくはかなり幅広い銀行の住宅ローン利用者が)利用可能な団信がついに誕生したのかと思いましたが、ニュースリリースの内容を確認する限りではそのようなサービスではなかったこの商品ですが利用する銀行は増えつつあるようです。

 

ただし、利用できる人は「第一生命が単独引受または事務幹事となっている団体信用生命保険を利用している銀行の住宅ローンの利用予定者」で、かつ、その銀行が「ネットDE団信」を採用した場合に限ることになっていますので、当面は爆発的に利用できる住宅ローンがふえるわけではなさそうです。

 

とはいえ、新しい試みであることは間違いない第一生命の「ネットDE団信」について確認しておきましょう。

 

ネットDE団信のメリットは?

団体信用生命保険のお申込み手続きに必要な告知から申込みまでをインターネットで直接できるようになるので、住宅ローンの金融機関に提出してから第一生命に書類が届くまでの郵送や書類不備チェックなどにかかっていた時間を短縮できるようになること。メリットはこの1点に尽きるようです。団信の審査が早く終わることは最終的には私たち住宅ローン利用者にとって、住宅ローン全体の審査にかかる時間が短くなるというメリットがあり、第一生命の団信を利用している立場にある銀行などの金融機関にもメリットが多きいと言えそうですね。

 

<第一生命のネットDE団信を導入する銀行のメリット>

・団信の申込書類を銀行が受け取る必要がなくなる

・書類を受け取らないので書類不備のチェックが無くなる

・保険会社に書類を郵送(提出)する必要がなくなる

<住宅ローン利用者のメリット>

・(結果的に)住宅ローンの審査期間が短くなる

 

第一生命を引受保険会社とする団信を利用している住宅ローンは?

大手銀行の中で第一生命を引受保険会社とする団信を住宅ローンで採用している銀行は、「みずほ銀行」「りそな銀行・埼玉りそな銀行」「新生銀行」で、すでにりそな銀行・埼玉りそな銀行・新生銀行がネットDE団信の取扱を開始しています。

 

当サイトで紹介する機会が多い新生銀行は、住宅ローンの審査に時間がかかる(ホームページでは2か月と記載)住宅ローンの1つです。第一生命のネットDE団信を利用することで住宅ローンの審査期間が短くなると利用者にとってメリットと言えそうです。りそな銀行もネット住宅ローンにはかなり力を入れていますので、予想通りの早期導入と言えるでしょう。

 

また、第一生命としては、金融機関側のメリットを強みに、ネットDE団信を採用する金融機関を増やしたいと考えているでしょうから、取り扱い金融機関が増加する可能性はありそうですね。引き続き各金融機関からの発表を待ちましょう。

 

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 住宅ローンの金利推移・金利動向は?【2017年11月金利予想】
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着ニュース

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識