住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

団体信用生命保険(団信)ではがんが保障されない?!

団体信用生命保険をご存知でしょうか?名称が長いため団信と略されるのが一般的ですが、住宅ローン契約者が死亡や高度障害になった際に保障がされる生命保険であり、万が一保険金が支払われる場合には保険会社から住宅ローンを貸し出している金融機関に行われ住宅ローン返済に充当され住宅ローン残高がゼロになるものです。

この団体信用生命保険について注意をしたいのが、保障の対象です。具体的な保障内容をご紹介したいと思います。

 

1.両目の視力を全く永久に失った場合

2.言語・そしゃく能力を全く完全に失ったとき

3.中枢神経または精神に著しい障害を残し、常時介護が必要な状態

4.胸腹部臓器に著しい障害を残し常時介護が必要な状態

5.両上肢を手関節以上で失ったか、その用を全く永久に失ったもの

6.両下肢を足関節以上で失ったか、その用を全く永久に失ったもの

7.1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったか、全く永久に失ったもの

8.1上肢を全く永久に失いかつ1下肢を足関節以上で失ったもの

※住宅金融支援機構の保障内容より引用

 

いずれも常に他人の介護がないと生活できないレベルの障害を負うことが保障対象となると考えてよいでしょう。

病気や怪我で働かなくなったでは保障の対象とならないのです。

医療の高度化で死亡率の高かった病気も最近では治療により生存できる病気も増えており、こうした社会的変化を考えると団体信用生命保険だけでは住宅ローンの保障は不十分と言えるのかもしれません。もちろん住宅ローンを完済できるだけの医療保険や生命保険に加入されているはいらっしゃると思いますが、住宅ローンを完済し、その後の生活費をまかなえるのか?という点はしっかりご自身の家族構成もみながら判断が必要でしょう。

 

さて、本題です。

団体信用生命保険の保障内容を見てきましたが、がんを患い死亡した場合には団体信用生命保険の保障対象ですが、がんになっただけでは保障が受けれません。がんにより収入が大きく減るというアンケートも出ており、備えが重要となるでしょう。

がんの疾患で半数の方が収入が半分以下に、がん保障付き住宅ローンでもしもの備え

 

がんにかかっただけで保障される疾病保障付き団信については

がん5年生存率が65%超に。がん保障・疾病保障付住宅ローンを徹底比較

を参考にしていただければと思います。

 

住宅ローン借り換え時にがん・8大疾病などが保障される住宅ローンも比較検討されてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着ニュース

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識