住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

余命宣告で住宅ローン残高がゼロになるリビング・ニーズ特約とは?

医療の高度化や定期健診の普及で一昔前に比べると命を落とす病気は減ってきています。実際日本の平均寿命は延び、医療費の膨張、年金財源の不足など様々な問題は起きていますが、今後もこうした傾向は続くと考えてよいでしょう。

しかしながら、小林麻央さんがガンで亡くなった記憶が鮮明ですが、余命を宣告される辛いケースがなくなることはないでしょう。

余命1年、余命半年と告知されたときあなたはどういった行動を行うか想像してみてください。

また同時にそうした際に、生命保険などで残されることとなるご家族へ金銭的なサポートを用意していないとしたら。

ご家族がいる以上、生命保険など万が一への備えはしっかりとしたいところ。

また、余命宣告され最後の日を迎える直前までご家族を想う姿は想像が難しくないのではないでしょうか。

万が一への備えとして一般の生命保険はもちろん、住宅ローンにも団体信用生命保険という仕組みがあり、死亡時に保険会社から保険金が支払われ住宅ローン残高がゼロになる生命保険が原則必須で付帯されています。

一般的な団信の死亡時の保障は死後に受けられることとなります。具体的には

  • 医師の死亡診断書(金融機関所定の用紙)
  • 住民票(死亡の事実記載のあるもの)

を金融機関に提出することとなります。

考えたくない余命宣告。同じ「死亡」を保障する団信でもリビング・ニーズ特約がついた団信の場合、余命6ヶ月と診断された時点で保険金が支払われ住宅ローン残高がゼロとなるものもあります。

今回はこうしたリビング・ニーズ特約が付帯されている住宅ローンをご紹介したいと思います。

 

銀行名 保険料 保険適用時
じぶん銀行の住宅ローン 無料 余命6ヶ月告知
au住宅ローン 無料 余命6ヶ月告知
住信SBIネット銀行の住宅ローン 無料 余命6ヶ月告知

 

その他、余命6ヶ月で保障が受けれるリビング・ニーズ特約はソニー銀行やイオン銀行などワイド団信加入時に付帯されるケースが大半です。

ワイド団信の加入には年0.3%程度の金利上乗せが必要となります。

 

余命宣告時に、住宅ローン残高がゼロになれば、残される家族により最大の支出となる居住費用の問題が解決するため、心強いサポートと言えるのではないでしょうか。

 

 

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(フラット35)公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(金利選択型)公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 住宅ローンの金利推移・金利動向は?【2017年12月金利予想】
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着ニュース

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識