住宅ローン借り換え.jp

2019年10月の消費税増税で各社の事務手数料などが変更されています。最新の料金は各金融機関の公式サイトでご確認ください。

三井住友銀行がヤフーと共同出資の金融サービス企業の立ち上げへ

 

2017年12月に合弁会社の設立を発表

2017年の年末に三井住友銀行がヤフーと住宅ローンなどの金融分野での協業を進めるべく、三井住友フィナンシャルグループとヤフーで共同出資(ヤフーが51%)で新たに会社を立ち上げ、金融商品の提供や開発を行うといった内容で報道されました。

 

2018年6月にブレインセル株式会社を設立

その半年後、2018年の6月にブレインセル株式会社という名前で予定通り合弁会社が設立されています。2019年10月の調べで、ブレインセル株式会社の従業員は26名。まだまだ規模は小さいですが、アプリの企画・開発やデータ分析を担っている会社のようです。

 

ブレインセル株式会社

 

ヤフーや三井住友銀行の規模で言えば1部署、1支店よりも小さな規模ですし、ホームページを見ても何も情報がありませんので、親会社の仕事をこなすような形で運営しているものと思われます。

 

フィンテック企業としてはちょっと寂しいホームページですし、金融にイノベーションを与えるというよりは親会社のために頑張ることが目的のフィンテック企業といった印象です。設立から1年以上経過していますので、グループ会社に提供したノウハウを外部に展開していくような、海外のフィンテック企業を凌駕するようなそんな企業にぜひ育ってほしいと思います。

 

Zホールディングス(ヤフー)と三井住友銀行の組み合わせで立ち上がったフィンテック企業である以上、日本を代表するフィンテックサービスをぜひ提供して欲しいですし、筆者個人としても大いに期待しています。

 

三井住友銀行は昔からネットで住宅ローンの簡易審査を行うサービスを提供していて、ヤフー不動産を訪問した人にそのサービス提供するとか親会社からもらったデータを分析してレポートするとか、よくわからないけどAPI的な金融サービスを作ってみるとか程度だとちょっと寂しいですね。「共同で会社を作ります」と発表した瞬間が一番注目されていた、というようなことにならないよう、今後の活躍を期待しましょう。

 

三井住友銀行の住宅ローンのデメリット・メリット・特徴はこちら

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2019年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識