住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

三井住友信託・住信SBIネットの住宅ローンがLGBTに対応

大手信託銀行の三井住友信託銀行が2018年1月4日から性的少数(LGBT)へ対応し、同性カップルでも夫婦と同じように、ペアローン(共同名義での住宅ローン)や収入合算を可能にするように商品内容を改定しました。また、三井住友信託銀行と同時に住信SBIネット銀行でも同様にLGBTへの対応を開始しています。

LGBT対応住宅ローンの利用条件

三井住友信託銀行・住信SBIネット銀行所定の記載事項が明記された合意契約に係る公正証書や任意後見契約の謄本、任意後見契約に係る登記事項証明書の提出が必要。「二人の愛情と信頼に基づく真摯な関係である必要があること」「二人が同居していて、お互いに責任を持って協力し合いながら、共同生活に必要な費用を分担する義務を負うこと。」を示す必要があるわけですが、一般的な男女の夫婦でも同様ですね。

LGBT(性的少数)とは

LGBTとは、女性の同性愛者を示すLesbian(レズビアン)、男性の同性愛者を示すGay(ゲイ)、両性愛者を示すBisexual(バイセクシュアル)、性同一性障害などの心身の性別不一致を示すTransgender(トランスジェンダー)の頭文字をとった言葉です。

ペアローン・収入合算とは

ペアローンとは、同居親族と一緒に双方が債務者として住宅ローンを利用する方法です。お互いが住宅ローンの契約主体者となりながらお互いが相手の連帯保証人になるという契約体系の住宅ローンです。収入合算とは、同居親族の収入を住宅ローンを借入する本人の収入に合算して住宅ローンを申し込む方法を言います。

 

LGBTに対応した住宅ローンはみずほ銀行・楽天銀行・琉球銀行がすでに取扱いを開始しています。大手信託銀行・大手ネット銀行の住宅ローンが今回対応を開始したことで選択肢に広がることになります。選択肢が拡大すれば将来的には住宅ローンの借り換えも行いやすくなりますので素晴らしい傾向と言えます。

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(フラット35)公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(金利選択型)公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識