住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

フラット35でワンルームマンションは買えない?

日本を代表する長期固定型住宅ローンであるフラット35。日本政府が全面的にバックアップする住宅ローンのため、民間の金融機関では住宅ローンを組むのが困難な、非正規雇用の方(派遣社員・契約社員)、パート・アルバイトの方、会社役員、自営業の方でも利用可能です。

 

また、セカンドハウスや親族の居住を目的としても借り入れが可能なので、ご子息の上京に合わせたマンション購入時のローンとしても利用されています。使い勝手が良いフラット35ですが、ワンルームマンションの場合フラット35が利用できないことがあります。

フラット35とワンルームマンション

フラット35の取り扱い実績が2010年度以降常に1位のシェアを誇るARUHIのサイトよりフラット35の融資条件を例に紹介したいと思います。(他の金融機関経由のフラット35でも同様です)

 

マンションの場合には30平米以上が対象となっています。30平米というと18畳。ワンルームマンションとしてはかなり広めの物件に該当します。フラット35を利用してワンルームマンションを購入してしまおう、と考えている人は物件の広さが30平米以下だと審査落ちとなりますので注意しましょう。

 

次に民間の住宅ローンではどうでしょうか?主要金融機関のマンションに対する審査姿勢を一覧化してみました。

銀行名 対象マンション平米
新生銀行の住宅ローン 30平米以上
東京三菱UFJ銀行 明確な基準は開示なし
じぶん銀行の住宅ローン 明確な基準は開示なし
 住信SBIネット銀行の住宅ローン(ネット専用住宅ローン)  40平米以上
 イオン銀行の住宅ローン 明確な基準は開示なし
 ソニー銀行の住宅ローン 明確な基準は開示なし

明確な基準を設定してない銀行が多いですが、住宅ローンの審査ではその物件の担保価値を審査しています。都心部では一人暮らしを行う方も多いため、担保価値があると判断されやすいでしょうし、一人暮らしを行う方が少ない地方部では状況が異なると考えておいた方が良いでしょう。

いずれしても、30平米以下のマンションの場合、通常よりも住宅ローン審査に落ちる可能性が高くなりますので、いくつかの金融機関に申込みするようにしましょう。ちなみに、「新規借り入れ」の時の住宅ローンの審査に落ちやすいということは「借り換え」の時の審査にも落ちやすいことになりますので、その点も意識しつつ住宅ローンを選ぶようにしましょう。

 

フラット35関連コンテンツ

 フラット35の金利はどうなる?金利動向を予想
 フラット35と民間住宅ローンの違い
 フラット35の団信を徹底比較&解説!(2017年10月リニューアル版)
 フラット35パッケージローンの比較・解説
 フラット35への借り換えのデメリットとは
 フラット35で団信加入は不要?
 つなぎ融資に対応した住宅ローン・フラット35は?

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(フラット35)公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(金利選択型)公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識