住宅ローン借り換え.jp

フラット35(保証型)を代表するアルヒスーパーフラットとは?

この記事では、アルヒが提供する独自のフラット35・ARUHIスーパーフラットについて解説しています。借り換え専用の商品ARUHIスーパーフラット借換についてはこちらの記事で解説していますので、合わせて参考にしてください。

アルヒスーパーフラットとは?

アルヒスーパーフラットとは、フラット35融資実績ナンバーワンのアルヒが独自で提供するフラット35です。フラット35を販売している金融機関は国内に300以上存在しています、それらの金融機関が取り扱っているフラット35は、住宅金融支援機構が住宅ローン債権を買い取る「買取型」と呼ばれるタイプです。

 

特別な説明なく「フラット35」と言われている商品は「買取型」だと思ってください

 

フラット35には「買取型」以外に「保証型」と呼ばれる仕組みも存在しているのですが、フラット35(保証型)を販売している金融機関は、「アルヒ」と「日本住宅ローン」など数社しかありません(当サイト調べ)。

 

日本住宅ローンでは提携住宅メーカーの住宅との提携専用で提供しているだけだったり、誰でも利用できる「保証型のフラット35」を提供している企業はほんの一握りで、代表的な商品がフラット35で何年も連続で実行件数1位を獲得しているアルヒ(ARUHI)が提供する”ARUHIスーパーフラット”です。

 

それでは、フラット35(買取型)とフラット35(保証型)の違いを解説しながら、代表商品のARUHIスーパーフラットについて紹介しています。

 

フラット35(買取型)とフラット35(保証型)の違いとは?

「買取型」と「保証型」の違いの仕組について細部まで理解する必要はありません。「買取型」は住宅ローン債権を住宅金融支援機構が買い取るので商品・サービスの自由度が低く、「保証型」は住宅金融支援機構は「保証」だけを行うので金融機関が独自のサービスを提供しやすいと覚えておくと良いでしょう。

 

フラット35(保証型)は、商品の自由度が高い反面、金融機関の責任範囲も広いため、運営負荷が高まります。

 

そもそも普通の銀行であれば独自の住宅ローンを取り扱っているので、わざわざ「保証型」のフラット35を頑張って開発する意味がないのかもしれませんね。

 

ARUHIなど住宅ローンを専門とする金融機関(モーゲージバンク)の場合、フラット35の差別化・競争力の強化を目的としてフラット35(保証型)を取り扱う価値があるわけですが、会社の組織がしっかりとしていないと運営が難しいので、何年も連続でフラット35取扱件数1位を獲得しているアルヒ(ARUHI)だからこそ保証型のフラット35の取り扱いを積極的に行えるのだと思います。

 

フラット35(買取型)とフラット35(保証型)の比較

 フラット35(買取型)フラット35(保証型)
住宅ローンの融資各金融機関
ただし、融資後に住宅金融支援機構が買い取り
金融機関
取扱金融機関数332金融機関新規受付を行っているのは2社(提携している企業は5社)
担保借入対象となる住宅およびその敷地に住宅金融支援機構を抵当権者とする第1順位の抵当権を設定借入対象となる住宅およびその敷地に金融機関を抵当権者とする第1順位の抵当権を設定
団体信用生命保険住宅金融支援機構の団体信用生命保険特約制度が利用可能。加入は任意。金融機関が提供する団体信用生命保険を利用。
※住宅金融支援機構の団体信用生命保険特約制度は利用できない

 

上記のような違いがありうます。良くわからない人は読み飛ばしてもらって大丈夫です。具体的にアルヒの商品で商品性の違いを確認してみましょう。

 

アルヒスーパーフラットとアルヒフラット35の違い(2020年4月)

  ARUHIスーパーフラット8

 ARUHIスーパーフラット9

ARUHIスーパーフラット借換

ARUHIフラット35
金利年1.200% 年1.250%年1.300%
手数料借入金額の2.2%(税込)借入金額の2.2%(税込)借入金額の2.2%(税込)
保証料無し無し無し
団体信用生命保険料金利に含む

金利に含む

金利に含む

 条件頭金20%以上頭金10%以上 (スパーフラット9の場合)頭金10%以上
 借入期間15年~35年15年~35年20年~35年
返済負担率

30%以内(400万円未満)

35%以内(400万円以上)

20%以内

※スーパーフラット借換は通常のフラット35と同じ

30%以内(400万円未満)

35%以内(400万円以上)

 

複雑な違いがあるわけではありませんが、頭金を単純に「頭金を20%以上用意できる人」や「年間返済負担率を抑えられる人」の金利を優遇する商品だとおもってください。

たったこれだけの違いなのですが、300を超えるフラット35を提供する金融機関を見回してもこの商品とまったく同じ商品は存在しません。フラット35の中での最低水準の金利なのは言うまでもありませんし、フラット35を利用する際に、費用面での負担が大きい団体信用生命保険の保険料を金利に上乗せできる仕組みを提供している点も非常に優れた差別化と言えます。

 

ちなみに、自己資金ががもっとたくさん用意できる人(3割~4割)向けにさらに金利を引き下げた商品も用意していますので気になる人はチェックしておいてください。

 

まとめ

300を超える金融機関のうちわずか数社しか提供していないフラット35(保証型)ですが、その中でもダントツの取り扱い実績があるのがARUHIです。

 

「フラット35はどこで申し込んでも同じ」といわれることが多いのですが、ARUHIの場合はちょっと違う、ということを念頭において、申込先の金融機関選びの参考にしてください。

 

アルヒ公式サイト:https://www.aruhi-corp.co.jp/

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2020年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識