住宅ローン借り換え.jp

みずほ銀行 住宅ローンのメリット・デメリットとは?

三菱UFJ銀行、三井住友銀行とともにメガバンクの一角を占めているみずほ銀行は住宅ローンで国内2位のシェアを持つ住宅ローン取扱い大手です。

みずほ銀行はインターネットサービスの拡大にも積極的でメガバンクで初めてネット専用の住宅ローン金利プランを打ち出し、2017年8月には住宅ローン契約を電子化、2017年12月には団信の契約もネット対応し、ネット完結型の住宅ローンを実現しています。

みずほ銀行の住宅ローンがネット完結型住となったことで、ネット専業銀行の住宅ローンと直接的に競合するようになっていくと思われます。

今回はみずほ銀行 住宅ローンのメリット・デメリットについてみて行きたいと思います。

みずほ銀行の住宅ローンのメリット

 

みずほ銀行について

第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行が2002年に合併しできたのがみずほ銀行であり、大手銀行3行が同時に合併することが珍しく当時大きな話題となりました。

現在みずほ銀行は全国に420余りの店舗を有し、第一勧業銀行からの流れで宝くじの販売でもおなじみの銀行です。

また、メガバンクで唯一、全ての都道府県庁所在地・政令指定都市に店舗を有してることで多くの方が預金口座を持っているのではないでしょうか。

みずほ銀行のロゴ

 

みずほ銀行 住宅ローンのメリット・特徴①メガバンクの信頼感

先にも触れましたがみずほ銀行はメガバンクで唯一、全ての都道府県庁所在地・政令指定都市に店舗を有しており、私たち利用者に親しみがある銀行です。店舗が幅広くあることで店舗での結う宅ローン相談会にも行きやすいなどのメリットもありますね。

みずほ銀行の店舗

 

みずほ銀行 住宅ローンのメリット・特徴②メガバンク初のネット完結!

2017年8月に住宅ローン契約を電子化(ネット完結)、2017年12月に団信の契約をネット完結としたことで、メガバンク初のネット専用住宅ローンの取り扱いが実現しています。このサービスの肝はインターネット上のやり取りのみで郵送の手続きも無く、住宅ローン契約が可能な点です。ネット専業銀行でも同様のサービスを実現できているのは、じぶん銀行の住宅ローンau住宅ローン住信SBIネット銀行の住宅ローンという非常に限られた銀行でしか実現できていません。メガバンクがネット専業銀行でも珍しいネット完結型の住宅ローンを取り扱っていることは大きな意味があると思われます。

みずほ銀行の住宅ローンのネット申し込みの手順

 

みずほ銀行 住宅ローンのメリット③特約期間終了後の金利が良心的

ほぼすべての銀行で提供しているのが特約期間を設定し、特約期間内の金利を割安にするタイプの住宅ローンです。住宅ローンの「定価」である「基準金利」からの割引幅を特約期間内は大きくし、その後の割引幅は縮小されるものです。
メガバンク、地銀、ネット専業銀行でも特約期間タイプの住宅ローンの貸し出しには積極であり、「10年固定金利」を打ち出す割安な住宅ローン金利は11年目以降に大きく金利が上がるものが多くなっています。
特約期間設定型の住宅ローンはより安い金利でユーザーを集客する広告宣伝手法と言ってもよく、特約期間経過後の金利をチェックせずに住宅ローンを組むことは避けたいところです。

例えば、メガバンクに次ぐ規模にまで住宅ローンシェアが拡大している、住信SBIネット銀行の住宅ローンの2018月の11年固定金利(当初引き下げプラン)は年0.860%となっていますが、11年目以降の金利は年2.075%(変動金利の基準金利2.775%-0.7%の計算式)の変動金利が適用されます。3倍近くにも金利が跳ね上がることになります。

一方、みずほ銀行の固定特約付き10年固定金利は年0.800%~年1.250%年であり、11年目以降は0.60%~0.975%(変動金利の基準金利2.475%-1.5%~1.875%優遇の計算式)の変動金利となります。

住信SBIネット銀行とみずほ銀行では11年目以降に2倍から3倍もの金利差が出る計算となります。
これは住信SBIネット銀行だけではなく、多くのネット専業銀行ではそうした金利の上がり幅となっており、みずほ銀行の特約期間終了後の金利は紳士的といってよいでしょう。

 

みずほ銀行 住宅ローンのデメリット①変動金利が割高

2018年11月現在ネット銀行の変動金利は年0.40%台での引き下げ競争が起きていますが、みずほ銀行のネット専用の住宅ローンでは0.525%~0.975%となっており、審査結果によっては、ネット銀行の2倍近い金利が適用されるリスクがあります。

これを考えるとみずほ銀行のみに住宅ローン審査を申し込むことが避けたいですね。

金融機関変動金利保障内容 
住信SBIネット銀行の住宅ローン0.428%全疾病(すべての病気や怪我)の保障が無料付帯詳しくはこちら
住信SBIネット銀行のMR.住宅ローンREEAL
(MR.住宅ローンREAL)
0.428%全疾病(すべての病気や怪我)の保障が無料付帯詳しくはこちら
じぶん銀行の住宅ローン0.457%ガンと診断されただけで住宅ローン残高が半分になる疾病保障が無料付帯。詳しくはこちら
au住宅ローン0.457%ガンと診断されただけで住宅ローン残高が半分になる疾病保障が無料付帯。詳しくはこちら
イオン銀行の住宅ローン0.470%ガン保障や8疾病保障を取り扱い(有料)詳しくはこちら
楽天銀行の住宅ローン
(金利選択型・変動金利)
0.527%8疾病で1年間就業不能な状態が継続すると住宅ローン残高がゼロになる疾病保障が無料付帯。詳しくはこちら
新生銀行の住宅ローン0.600%要介護3と認定されると住宅ローン残高がゼロに詳しくはこちら
三菱UFJ銀行0.775%7疾病保障を取り扱い(年0.3%の金利上乗せが必要)
みずほ銀行0.775%8疾病保障を取り扱い(有料)
2018年12月現在

 

みずほ銀行 住宅ローンのデメリット②保証料が必要

都市銀行、地銀、メガバンク、信用金庫などの扱う住宅ローンを組むためには金融機関が提携している保証会社の保証を得る必要があり、保証会社への保証料の支払いが必要となります。

保証会社は金融機関に住宅ローン契約者が住宅ローン返済が滞った際の弁済を請け負っています。保証会社は金融機関が融資を行う対象の住宅に第一順位の抵当権を設定し、焦げ付きが発生する可能性を低くしています。

ここまでは納得できるのですが、その保証に住宅ローン融資額の2.16%もの保証料をとることです。3000万円の借り入れであれば648,000円もの保証料となります。これはバカになりませんね。金融機関を守るための仕組みのコストを我々が負担するこの仕組みには疑問を持たざる負えません。

みずほ銀行の住宅ローンの保証会社

 

みずほ銀行 住宅ローンのデメリット③疾病保障が有料

楽天銀行(金利選択型)住信SBIネット銀行の住宅ローンが全疾病保障をau住宅ローンじぶん銀行の住宅ローンががん50%保障を付帯しているように、ネット専業銀行では疾病保障を無料とする動きが広がっています。一方で、残念ながらみずほ銀行では8疾病保障の付帯が有料となっています。

みずほ銀行の住宅ローンの8疾病保障

 

みずほ銀行 住宅ローンのデメリット④給与振込み口座へ指定しなければならない

みずほ銀行の住宅ローンを利用するためには給与振込み口座にみずほ銀行を指定しなければなりません。また、みずほマイレージクラブ(クレジットカード)に入会する必要があります。みずほ銀行のデメリットというよりメガバンクが一般的に行っている条件設定ではありますが、デメリットと言わざるおえないですね。

 

みずほ銀行 住宅ローンのデメリット⑤審査結果により金利が変わる

みずほ銀行をはじめ、メガバンクでは住宅ローン審査結果により金利が変わる場合はあります。このため、公式サイト上では2018年11月現在、金利表記は下記のように金利に幅を持たせて記載されています。

変動金利であれば、最も審査結果が良い方には年0.525%が適用されますが、審査結果がよくなかった場合には年0.975%まで金利が上がる可能性があります。

審査結果により金利に幅が出るのは、ネット専業銀行にはないことであり、みずほ銀行の住宅ローンのデメリットと言ってよいでしょう。

みずほ銀行の2018年11月の住宅ローン金利

 

みずほ銀行 住宅ローンのデメリット⑥電子契約に手数料が必要

メリット②に対応するデメリットとしてネット完結型の住宅ローンを利用するのには税抜き5,000円の手数料が必要となります。電子契約は新日鉄住金ソリューションズが提供するシステムを導入して実現しているため、この利用料をユーザーに転嫁していると考えて良さそうです。

電子契約を利用することで契約書に貼付する収入印紙が省けるためメリットはあるのですが、じぶん銀行などネット完結型を実現しているネット銀行の電子契約で手数料が必要なものはありません。

この辺りでは旧態依然としたスタンスを感じてしまい残念ですね。

 

まとめ

メガバンクの住宅ローンとあって、大きな特徴が無く万人に向けた商品となっていますね。ただし、メガバンク初のネット専用住宅ローンを提供していますので、平日、なかなか時間がとれず住宅ローン契約のための時間を作れない、メガバンクの住宅ローンには興味があるけど、金利を安くしたいという方には適した住宅ローンだと思われます。

 

しかし、疾病保障が有料であること、住宅ローン金利が審査結果で変化する可能性などをみずほ銀行の住宅ローンだけに申し込みをするのではなく、じぶん銀行の住宅ローン楽天銀行(金利選択型)など、みずほ銀行より低い金利を提示し、疾病保障が無料な住宅ローンへの申し込みもあわせて実施してみてください。

 

【参考】みずほ銀行のネット専用住宅ローンの金利推移

  変動金利 10年固定金利 20年固定金利
2018年11月 0.525%~0.975% 0.80% ~1.25% 1.30%~1.75%

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識