住宅ローン借り換え.jp

がんの疾患で半数の方が収入が半分以下に!がん保障付き住宅ローンで備えよう

がんの疾患で半数の方が収入が半分以下に

2017年9月にネット生命保険最大手のライフネット生命保険がNPO法人キャンサーネットジャパンと協力して、全国のがん経験者の男女566人を対象として日々の生活やお金や仕事に関する悩みなどの実態を調査した結果を発表しました。

 

がんにかかったとき最も不安に感じるのは再発や移転で、アンケート回答者の82%の人ががんの進行や悪化に不安に感じていることがわかります。また、仕事、家族の負担、治療費、生活の制限、治療方法、収入減少などが続いています。

がんになり不安になったこと

 

この記事で注目したいのは、がんになった時に収入がどのように変化するかという点です。なんと、がんになった人の47%もの方が収入が半分以下になったと回答しています。収入が減少することは想像できますが、2人に1人の割合で収入が半分以下になってしまうという実態は想像できていません。

しかも、収入がゼロとなった方も18%なので、約5人に1人が収入が全くなくなってしまうのが実態です。

がんに疾患なれば、当然、治療費がかかります。それを追い打ちするように収入が激減することで家計バランスが大きく崩れてしまっていることがはっきりとわかる調査経過になっています。

がんにより収入への影響


この調査では収入が減った人が、どのような点で経済的に困窮したのかも調査しています。その調査結果によると医療費や本人や家族の生活費を挙げた人が多く、次いで家賃や住宅ローンの支払いなど住居費を上げています。

がんになり収入が減り困ったこと

 

日本人の国民病とも言えるがん。日本人の2人に1人ががんになると言われています。友人・知人にもがんを経験されている人はいると思いますが、日本人にとって将来のがんに備えることは非常に重要なことです。

 

特に、最近は医療の高度化や定期健診の定着でがん≒死でなく、治療できる病気に変わってきています。

(参考記事:がん5年生存率が65%超に。がん保障・疾病保障付住宅ローンを徹底比較)

 

そうなると問題になるのは「がんになった時の経済的な負担」です。

特に住居費用は家計の支出の多くを占めているので備えが重要になってきます。

まず、賃貸の場合の住居費用は「家賃」ですが、家賃は、賃貸契約を解約したり安い家賃の家に引っ越すなどの方法があるので比較的調整しやすいという特徴があります。

一方、住宅ローンの場合、簡単には調整できないので「保険」を充実させておくことが重要になってきます。

 

現在は多くの銀行、金融機関でがんに対する備えが付帯できるようになってきました。がんを保障対象とする団信には、「がんと診断されるだけで住宅ローン残高はゼロ(支払い免除)になるもの」「がんになり1年程度働けないことで住宅ローン残高がゼロ(支払い免除)になるもの」の2つに分かれます。

 

がんと診断されると住宅ローン残高がゼロになる住宅ローン

ソニー銀行のがん団信100

ソニー銀行が扱うがん100%保障の特徴は、金利上乗せ幅が0.1%と他行の半分であることと、他行にはない100万円のがん診断給付金の保障が付帯している点です。

2020年7月現在、ソニー銀行の変動金(変動セレクト)は自己資金10%以上の新規借り入れ時で年0.457%となっており、がん団信100を付帯しても年0.557%という低金利でがんへの備えが万全になります。

がん100%の保障を住宅ローンに付帯させたい方にはソニー銀行の住宅ローンがイチオシです。(ただし年収400万万円以上の方向けの住宅ローンです)

 

ソニー銀行のがん団信100の詳細はこちら

ソニー銀行のがん保障100

 

auじぶん銀行 がん100%保障団信

ガンと診断されるだけで住宅ローン残高がゼロとなる、auじぶん銀行のがん100%保障団信。加入に当たっては年0.2%の金利上乗せが必要ですが、auじぶん銀行の住宅ローン金利は最低水準であるため、0.2%の上乗せをしてもメガバンクとそん色ない水準と言えます。また、がんと診断されたときに住宅ローン残高が半分になるがん50%保障団信を選ぶと保険料は無料ですのでコストを抑えつつ、ある程度の保障を得たい方には最適な商品と言えるでしょう。

2019年2月からはがん50%保障に全疾病保障も無料付帯を開始しており、疾病保障が充実しています。

 

auじぶん銀行のがん100%保障付きの詳細はこちら

 

 

がんと診断されると住宅ローン残高がゼロになるフラット35の新3大疾病付機構団信

フラット35取り扱いシェア1位のARUHI

ARUHIのフラット35

年0.24%の金利上乗せが保険料として必要になりますが、フラット35にはがん、心筋梗塞、脳卒中の3疾病を保障する新3大疾病付機構団信を付帯することが可能です。保険料が有料とはなりますが、がん以外も保障され、保険料が0.24%というのは安価に利用できる部類と言えます。

 

【参考】3疾病保障の保険料比較

金融機関名保険料
ソニー銀行年0.3%上乗せ
みずほ銀行年0.3%上乗せ
三菱UFJ銀行年0.3%上乗せ
千葉銀行年0.3%上乗せ
りそな銀行年0.25%上乗せ

フラット35の新3大疾病付機構団信

 

 

まとめ

今回はがんと診断されると住宅ローン残高がゼロとなるもの、がんになり1年程度経過すると住宅ローン残高がゼロになるもので代表的な、auじぶん銀行などの住宅ローンを紹介しましたが、地銀はもちろん多くの銀行でもがんを保障する住宅ローンは取り扱いしています。

 

がんと診断された時点で保障が欲しいのか?がん以外の病気や怪我も保障して欲しいのか?で選択するべき住宅ローンが変わってきますので、ぜひもしもの際を想定し選択をしてみてください。

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2021年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識