住宅ローン借り換え.jp

住宅ローン借り換え.jpに掲載する情報には金融機関のPR情報が含まれます。

住宅ローン借り換え比較ランキング

2024年2月更新

今後の住宅ローン金利は?

住宅ローンの借り換えに適したタイミングか?

住宅ローンの借り換えは早い方が効果が大きい

 

住宅ローンの借り換えで団信の保障を充実できる

住宅ローンの借り換えにおすすめの住宅ローンとは?

住宅ローン借り換え比較ランキング()

auじぶん銀行

変動金利でも10年固定でも低金利を実現しているauじぶん銀行

金利(※1)変動金利:年HPご確認%(全期間引下げプラン)(新規)
変動金利:年HPご確認%(全期間引下げプラン)(借り換え)

固定金利(当初10年固定):年HPご確認%
(当初期間引下げプラン)

審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。 金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5 年、10年に限定されます。

借入可能上限額2億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料

審査の結果、保証会社を利用する場合は、保証料相当額を上乗せした金利が設定されますが、別途発生する保証料はありません。

事務手数料融資金額の2.20%(税込)
団体信用生命保険料銀行負担(無料)
※がん50%保障団信・4疾病保障・全疾病長期入院保障が無料で付帯※2

※1 審査査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。 金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5 年、10年に限定されます。

※2 満50歳までの方が加入可能。


 

2位 住信SBIネット銀行の住宅ローン(WEB申込コース)

ネット銀行最大規模の低金利住宅ローン

金利
変動金利(新規借り入れ時):年0.298%(通期引下げプラン)
変動金利(借り換え時):年0.320%(通期引下げプラン)


※ 新規借入時は物件価格の80%以下で住宅ローンをお借入れの場合。審査結果によっては金利に年0.1%~年0.30%上乗せとなる場合があります、借入期間を35年超でお借り入れいただく場合は、ご利用いただく住宅ローン金利に年0.15%が上乗せとなります。
借入可能上限額2億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料
事務手数料融資金額の2.20%(税込)
団体信用生命保険料銀行負担(無料)
※全疾病保障特約が無料で付帯

 

SBI新生銀行のパワースマート住宅ローン

非常に魅力的な水準の諸費用がポイント!

金利変動金利:年0.420%(事務手数料定率型)
借入可能上限額3億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料
事務手数料事務手数料定率型:2.2%(税込)
団体信用生命保険料銀行負担(無料)
※安心パックを利用すれば介護保障特約が付帯

 

ソニー銀行の住宅ローン(変動セレクト)

低金利+がん50%保障特約(無料)+疾病保障も低コスト!

金利変動金利:年0.297%(借り換え時)(変動セレクト)
※2023年11月1日からのお借り入れ分について、新規購入での物件の購入価格を超えてお借り入れの場合は、金利が0.05%上乗せになります
借入可能上限額2億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料
事務手数料融資金額の2.20%(税込)
団体信用生命保険料銀行負担(無料)
※がん50%団信が無料で付帯

 

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

変動金利でも10年固定でも魅力的な金利提示しているPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

 

アルヒ(フラット35)

フラット35実行件数1位の実績はあなどれない

金利20年:年1.360%
35年:年1.840%
借入可能上限額1億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料
事務手数料1.100%(税込)※ARUHI ダイレクトで申込・契約をした場合
団体信用生命保険料保険料込み
団信への加入しない場合、0.20%金利引き下げ

 

イオン銀行の住宅ローン

イオングループでの買い物がいつでも5%オフに!

金利(定率型)変動金利:年0.380%(金利プラン)
当初10年固定:年1.490%(当初固定金利プラン)
借入可能上限額1億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料
事務手数料(定率型)融資金額の2.20%(税込)
団体信用生命保険料無料
※借り換え時の金利

 

住宅ローン借り換え比較ランキング(まとめ)

住宅ローンの新規借り入れと借り換えでは、選ばれている住宅ローンの傾向が違います。

その理由の1つに「大手金融機関グループの組織力と営業力」があります。不動産会社が住宅を販売する時、住宅ローンを紹介してきますが、その住宅ローンは不動産会社が、数多く存在する住宅ローンの中から「金利や手数料が低くおすすめ」の住宅ローンを選んでいるわけではなく、不動産会社と金融機関間で提携している住宅ローンを紹介しているだけです。

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2022年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識