住宅ローン借り換え.jp

2019年10月の消費税増税で各社の事務手数料などは変更になります。詳細は各金融機関の公式サイトで必ずご確認ください。

住宅ローン借り換え比較ランキング

2019年9月更新

今後の住宅ローンの金利は?

住宅ローンの借り換えに適したタイミングか?

住宅ローンの借り換えは早い方が効果が大きくなる

住宅ローンの借り換えにおすすめの住宅ローンとは?

住宅ローン借り換え比較ランキング(2019年9月)

じぶん銀行

変動金利でも10年固定でも低金利を実現しているじぶん銀行

金利変動金利:0.457%
固定金利(当初10年固定):0.590%
借入可能上限額2億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料
事務手数料融資金額の2.16%(税込)
団体信用生命保険料銀行負担(無料)
※がん50%団信と全疾病保障が無料で付帯

 

ジャパンネット銀行

変動金利でも10年固定でも国内最低金利を実現しているジャパンネット銀行

金利変動金利:0.415%
固定金利(当初10年固定):0.580%
借入可能上限額2億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料
事務手数料融資金額の2.16%(税込)
団体信用生命保険料銀行負担(無料)

 

 

楽天銀行の住宅ローン(金利選択型)

超低金利&低事務手数料&全疾病特約付団信が無料

金利変動金利:0.527%
固定金利(当初10年固定):0.947%
借入可能上限額1億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料
事務手数料324,000円(税込)
団体信用生命保険料銀行負担(無料)
※全疾病保障特約が無料で付帯

 

新生銀行の住宅ローン

業界最低水準の諸費用がポイント!

金利変動金利:0.650%
固定金利(当初10年固定):0.950%
借入可能上限額1億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料
事務手数料54,000円(税込)~
団体信用生命保険料銀行負担(無料)
※安心パックを利用すれば介護保障特約が付帯

 

楽天銀行の住宅ローン(フラット35)

フラット35業界最低水準の金利&手数料に注目!

金利20年:1.050%
35年:1.110%
借入可能上限額1億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料
事務手数料融資金額の0.972%(税込)
※借り換えの場合
団体信用生命保険料保険料込み
団信への加入しない場合、0.20%金利引き下げ

 

 

アルヒのフラット35

フラット35実行件数1位は伊達じゃない!

金利20年:1.050%
35年:1.110%
借入可能上限額1億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料
事務手数料WEB申込で1.080%(税込)
団体信用生命保険料保険料込み
団信への加入しない場合、0.20%金利引き下げ

 

住信SBIネット銀行の住宅ローン

ネット銀行で最も高い人気を誇る住宅ローン!

金利変動金利:0.428%
固定金利(当初10年固定):0.660%
借入可能上限額1億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料
事務手数料融資金額の2.16%(税込)
団体信用生命保険料銀行負担(無料)
※全疾病保障特約が無料で付帯

 

 

5位 イオン銀行の住宅ローン

イオングループでの買い物がいつでも5%オフに!

金利(定率型)変動金利:0.520%
10年固定:0.690%
借入可能上限額1億円
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料無料
事務手数料(定率型)融資金額の2.16%(税込)
団体信用生命保険料無料

 

住宅ローン借り換え比較ランキング(まとめ)

まず、日銀の金融緩和が出口に向かうのではないか、との報道が相次ぎ報道内では住宅ローンの金利上昇の記事が目立つようになりました。精度の低いあおりを目的としているような報道も目につきますので注意するようにしましょう。

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2019年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識