住宅ローン借り換え.jp

ARUHI(アルヒ)の手数料は高い?!割引が受けれる方法とは?

ARUHIは、住宅ローン専門金融機関(モーゲージバンク)として2001年に営業を開始し2004年からフラット35の取り扱いを開始している金融機関で、旧社名(SBIモーゲージ)の時代から、フラット35の実行件数で1位を獲得し続けておりフラット35の代名詞的な存在にある金融機関です。

 

フラット35業界だけでなく、住宅ローン業界全体でも大手金融機関であり、2014年3月期にはメガバンク・大手銀行グループに次いで、堂々6位のシェアを獲得しています。

 

ARUHIの上位の金融機関(グループ)は、三菱UFJフィナンシャルグループ、りそなHD、三井住友FG・三井住友トラスト(信託)、みずほFGの5つのグループだけになりますので、まさに日本最大のモーゲージバンクと言えます。

アルヒ・フラット35実行シェア
アルヒはフラット35の取り扱いシェアで9年連続1位
 

 

アルヒのフラット35は本当に手数料が高い?

これだけの利用者を誇るARUHIですが、近年、ARUHIのフラット35の手数料は高いと言う口コミが散見されるようになりました。

 

確かに、ネット銀行などが次々とフラット35業界に参入したこともあり、相対的に手数料が高い時期があったのは否定できなかったと思います。ただし、ARUHIも何も対策せずにいたわけでなく、2017年にインターネット申込み手続き・契約に限定して手数料を半額にするサービスを提供しています。

 

その結果、以下の手数料一覧表の通り、高いと言われる程の水準ではなく、むしろ最低水準の手数料になっています。

金融機関名 事務手数料(税込) 補足
ARUHI 融資金額×2.20%

※最低事務手数料220,000円

楽天銀行

融資金額×1.100%

融資金額×0.990%(借り換え)

※楽天銀行を返済口座指定の場合

※最低事務手数料165,000円

みずほ銀行 融資金額×1.870% 手数料定率型の場合
三井住友銀行 33,000円 手数料を低く金利を高く設定
りそな銀行 融資金額×1.87% 通常プランの場合
横浜銀行 融資金額×1.56% 金利引き下げタイプ の場合
イオン銀行

融資金額×1.87%

※最低事務手数料110,000円
全宅住宅ローン 融資金額×2.20% 金利が高いが、手数料が1.100%のBタイプの取り扱いもあり
日本住宅ローン 融資金額×2.20% 金利が高いが、手数料が33,000円から110,000円の標準タイプの取り扱いもあり

 

このキャンペーンは締め切り日まで間に合わない、または、終了しています。

アルヒのフラット35手数料、割引が受ける方法とは?/借り換えならネットだと半額

ARUHIダイレクトは、ネット銀行の取り扱うフラット35のように、来店不要でフラット35を融資実行まで完了できるサービスで、ARUHIではこのARUHIダイレクトを利用して住宅ローンの手続き・契約をした場合に、借り換えに限って融資事務手数料を2.20%から1.100%に半額に引き下げる割引を実施しています。 

なお、事前審査通過後に店舗相談のサービスを受けるとこの割引が無効になるので注意してくだい

このキャンペーンは締め切り日まで間に合わない、または、終了しています。

 

フラット35手数料を割引するには?

ARUHIダイレクトを利用した借り換えの場合、融資事務手数料が1.10%となるキャンペーンが2019年12月31日で終了するため、ARUHIで手数料が割り引かれる手段はなくなりました。

その代替としては店舗でのサポートは受けれませんが、楽天銀行のフラット35を活用する方法がよいでしょう。冒頭でも紹介しましたが、楽天銀行の場合、楽天銀行を返済口座指定した場合の融資事務手数料が0.990%となっています。

楽天銀行とARUHIで1,000万円から3,000万円の借り換えを行った際の手数料の比較を試算してみました。どの借り換え金額でも楽天銀行のフラット35の方が安い手数料となりました。

  楽天銀行 ARUHI
1,000万円 165,000円 220,000円
1,500万円 165,000円 330,000円
2,000万円 198,000円 440,000円
2,500万円 247,500円 550,000円
3,000万円 296,000円 660,000円

 

ARUHI ダイレクト(Web借換申込/Web本申込)Web割引の終了により、ARUHIの融資事務手数料が2.20%に統一されたことで、他の金融機関と比較してもARUHIの手数料が割高であることは否めません。ただし、「ARUHIの手数料は高い」というレベルではないでしょう。(他にも2.20%の金融機関はありますので)

 

各金融機関の融資事務手数料の比較は フラット35借り換えの手数料を徹底比較 を参考にしてみてください。

 

ARUHIの店舗一覧・公式サイトはこちら

 

【参考】アルヒのフラット35その他の手数料

一部繰上げ返済手数料 無料

借り換え手数料(全額繰上げ返済手数料)無料(保証型は5万円)

つなぎ融資手数料 10万円+印紙代

 

 

<ARUHI関連コンテンツはこちら>

ARUHI(アルヒ)の住宅ローン審査は厳しい?

フラット35(保証型)を代表するアルヒスーパーフラットとは?

アルヒが単身女性の住宅ローン(フラット35)利用動向を発表

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2019年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

 

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識