住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

預金連動型住宅ローンとは?メリット、デメリットは?

預金連動型住宅ローンとは?

預金連動型住宅ローンをご存知でしょうか?預金連動型住宅ローンとは、文字通り、住宅ローンの金利が同時に預け入れている預金額に連動して変動する住宅ローンのことで、日本国内では東京スター銀行が商品提供を最初に開始しました。現在では、東京スター銀行以外にも、一部の地銀や信託銀行で取り扱いがあります。

 

預金連動型住宅ローンのメリットとは?

預金連動型住宅ローンのメリットとしては、住宅ローン残高から預金残高を差し引いた部分にだけ住宅ローンの金利がかかること。それにより、住宅ローン控除をフルに活用できること。この2つが、本住宅ローンの大きな魅力です。預金残高を積むことによる繰り上げ返済と同様の効果を得ながら、住宅ローン控除はフルに受けられます。通常の住宅ローンの場合、繰り上げ返済をしてしまうと、ローン残高が減る分、住宅ローン控除も少なくなります。また、あくまで普通預金ですので、いつでも引き出すことが可能なので、資金の流動性(お金が必用になった時に自由に工面できること)の観点でも大きなメリットがあります。

 

東京スター銀行の預金連動型住宅ローンでシミュレーション

それでは、預金連動型住宅ローンで有名な東京スター銀行を利用するとして、試算してみましょう。
5,000円で35年固定の住宅ローン借入をし、5,000億円の預金のある場合で試算してみましょう。東京スター銀行の預金連動型住宅ローンのの10年固定金利は最大引き下げ時で年0.950%(2017年11月)であり、これにメンテナンスパック1(年0.5%)を付加したとして、年1.45%の実質金利となりますが、預金連動で無料となるのは金利部分のみですので、5,000万円に対する0.95%なので、年間50万円程度の利息となりますがこれが無料となる計算です。別途メンテナンスパックとして25万円は必要なことは留意しましょう。

また、忘れてはならないのは住宅ローン控除で、年間、最大40万円の控除を受けられる可能性があります。これを差し引きすると、15万円のプラスとなります。、上げ返済や頭金支払も不要で、実質的に支払う金利負担を低く抑えられるこの商品性は、大きな金額の預貯金がある人にとって大きなメリットといえるでしょう。

 

預金連動型住宅ローンのデメリットと注意点?

前述のメリットが享受できるのは、あくまで預金残高が借入額と同等かそれ以上ある場合であることには注意必用です。預金連動型住宅ローンは、そもそも金利が一般的な住宅ローンに比べ割高です。また、住宅ローン総額に対して最低で年0.3%のメンテナンス料(団信がない場合)がかかります。そして、金利変動の少ない長期固定型がほとんどないため、固定期間終了後に上昇リスクがあります。

 

これらのメリット、デメリットを考慮すると、預金連動型住宅ローンは現預金がかなりある富裕層向けの商品と考えて良さそうです。預金残高が住宅ローン借入額程度かそれ以上あるなら、住宅ローン控除を最大限に活用して有利に資金運用できる可能性を秘めた住宅ローンと言えるでしょう。

ただし、住宅ローン控除は所得が年3000万円以下の方に向けた税制優遇ですので気をつけましょう。

 

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 住宅ローンの金利推移・金利動向は?【2017年11月金利予想】
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着ニュース

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識