住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

団体信用生命保険(団信)に入れない・審査落ちの際の住宅ローン審査対策とは?

団信に入れないので困惑している人

住宅ローンを利用するには団信への加入が必要

住宅ローンを利用するときには原則として団体信用生命保険(団信)に加入する必要があります。団信へ加入できるかは保険会社の審査で決定されますが、過去に病気にかかったり、現在治療中の病気があると団信に入れないことがあります。基本的に、団信に入れないと住宅ローンの審査に落ちてしまうことになりますので、マイホーム購入を検討している人にとっては深刻な問題です。

 

では、団信に入れない人は、住宅ローンの借り入れ(マイホームの購入)や、低金利住宅ローンへの借り換えをあきらめなければならないのでしょうか?

 

決してそんなことはありません。

 

この特集ページでは、住宅ローンの団体信用生命保険(団信)の基礎知識や種類、加入審査の手続きについて解説してから、健康状態に不安のある人や団信の加入審査に不安のある人のための住宅ローン審査対策を紹介したいと思います。

目次

 

団体信用生命保険(団信)とは?

団信とは住宅ローンの契約者(私たち)が死亡もしくは高度障害状態になってしまった時に、保険会社からの保険金で住宅ローンの残高が0円になる保険商品です。金融機関としては住宅ローンの貸し倒れを防ぐことができますし、住宅ローン契約者とその家族は住宅ローン返済が全額免除されることになります。ちなみに、「団体信用生命保険」の「団体信用」とは、住宅ローンを提供する金融機関が自社の住宅ローンを利用する人たちを取りまとめて(1つの団体として)保険会社と契約することを意味しています。

団信の仕組み

 

団信の種類

いわゆる団信は一般団信と呼ばれることもあり、かんたんに言えば保険金が変動する生命保険です。ただし、団信にもいろいろと種類があり細かく分類することができます。それらの中には、がん保険や医療保険などに近い仕組みのある団信(または特約)も数多く存在します。

以下は主要な団信を一覧したものです。厳密には各金融機関によって団信の補償内容な加入条件などは違ってきますので、公式サイトなどで確認してください。

種類 保障内容(保険金支払い条件)の概要 対応する主な住宅ローン
団信(一般団信) 死亡・高度障害

 原則として住宅ローン契約時は加入必須

フラット35は任意加入

3疾病保障付団信

死亡・高度障害

がん・脳卒中・急性心筋梗塞

 ソニー銀行、楽天銀行のフラット35アルヒのフラット35住信SBIネット銀行のフラット35
8疾病保障付団信

 死亡・高度障害

がん、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎

 イオン銀行の住宅ローンみずほ銀行
がん保障付団信

 死亡・高度障害

がん

 じぶん銀行の住宅ローンau住宅ローン
全疾病保障付団信

 死亡・高度障害

その他すべての病気や怪我

住信SBIネット銀行の住宅ローン住信SBIネット銀行のフラット35SBIマネープラザ(Mr.住宅ローンREAL)

 

団信の加入審査と必要な手続きは?

実は団信の加入審査は想像以上に簡単です。原則として「告知書」と呼ばれる「過去・現在の病気・治療経験」を申告する書面による机上の審査だけで行われることが大半です。実際に健康診断や人間ドックを行ってその結果を確認されたりするわけではありません。それどころか、原則としては健康診断の結果を提出する必要もありません。住宅ローン借り入れ金額によっては、健康診断の結果の提出を求められることがありますが、基本的には「告知書」に記入されている内容だけで審査されます。しかも、「告知書」も仰々しいものではなく、A4の紙1枚におさまるような簡単なものです。

参考に住宅金融支援機構が提供するフラット35の団信加入申込書の団信申込書・兼告知書を確認しておきましょう。

住宅金融支援機構団信の申込書兼告知書

団信の告知書の事例

 

なお、団信の告知書は書面での提出が一般的でしたが、最近はじぶん銀行au住宅ローン住信SBIネット銀行の住宅ローン新生銀行の住宅ローンなどのように、インターネットで書類をアップロードすることで提出することができるようになってきました。

 

団信告知で虚偽告知をした場合のリスク・デメリットについて

先ほど、団信は原則として「告知書に記入された内容で審査される」と説明しました。本当に告知書に嘘を書いて提出することで団信に加入できるのか?という疑問を持つ人もいると思いますが、告知書に嘘を書いて提出すれば団信に加入できると思ってよいでしょう。むしろ、団信に入れない人がマイホームを購入したい・低金利の住宅ローンに借り換えたい一心で、告知書に嘘を書いて(虚偽告知して)、無理やり団信に加入していると言われています。

保険会社が「利用者がかんたんに嘘をつける告知書」だけで加入審査しているのには理由があります。

まず、保険会社は保険事故発生時(加入者が死亡・高度障害になった時)の保険金の支払い時に、しっかりとした審査を行っている点があげられます。加入時の告知で「嘘」をついていたことが判明した場合、保険金は支払われません。つまり、嘘をついて団信に加入しても万が一の際に保険金が支払われないので意味がないわけです。

「団信に加入したい」という人の数はものすごく多く、そのすべてで厳密に審査していては保険会社の事務コスト(審査にかかるお金)が非常に大きくなります。そのため、保険会社は「加入時には簡易的な審査」を行い「保険金支払い時に厳密な審査」を行っているというわけです。

 

なぜ団信加入時の虚偽告知は後を絶たない?

保険金が支払われないにも関わらず、団信加入時の虚偽申告が後を絶たないのは何故なのでしょうか?それは、「マイホームを購入したい気持ちが強い(なんとしてでも住宅ローンの審査に通りたい)」、「毎月の住宅ローンの返済負担を減らすために低金利の住宅ローンに借り換えたい」と考えている人が多いことが考えられます。住宅ローンの借り入れ・借り換えが完了してしまえば、「死亡・高度障害状態」にならない限り支障はありません。本人だけでなく家族も保険金が支払われないことを理解して虚偽申告に踏み切っている事例もあるでしょう。

つまり、「背に腹は代えられない」という気持ちで団信加入時に虚偽の告知を行っている人が後を絶たないというわけです。そして、当然、保険会社もその状況は理解しているので、保険金支払い時の審査は厳密に行われるというわけです。

 

団信に入れない場合の対策とは?

このように健康状態に不安を抱えている人にとって深刻な課題である団信の加入審査。一般団信に加入できない場合の対策を2点紹介したいと思います。

①ワイド団信を取り扱う住宅ローンに申し込む

ワイド団信とは、加入条件緩和割増保険料適用特約付団体信用生命保険と言います。住宅ローンの金利に年0.2%から年0.3%程度の金利を上乗せして保険料として支払う必要がある団信で、加入条件が緩和された団信です。低金利住宅ローンで人気を集めるネット銀行ではあまり取扱いが無かったのですが、低金利と安心の企業背景(三菱UFJ銀行とKDDIの子会社)のじぶん銀行の住宅ローンがワイド団信を取り扱っていますのでおすすめです。

ワイド団信で引受実績のある病気
代謝異常による病気 糖尿病、脂質異常症(高脂血症・高コレステロール血症)、高尿酸血症・痛風
心臓・血圧の病気 狭心症、心筋梗塞、不整脈、心房細動、期外収縮、心臓弁膜症、高血圧症、血栓性静脈炎(静脈血栓症)
脳の病気 脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、脳動脈瘤(脳動脈解離)、てんかん、ギランバレー症候群
精神・神経の病気 うつ病・うつ状態、自律神経失調症、適応障害、不安障害、強迫性障害、パニック障害、睡眠障害、神経症
食道・胃・腸の病気 潰瘍性大腸炎、クローン病、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸ポリープ
肝臓・胆道・膵臓の病気 肝炎・B型肝炎、C型肝炎、肝機能障害、脂肪肝、胆石、胆嚢ポリープ
呼吸器(胸部)の病気 喘息、気管支炎、肺炎、肺血栓塞栓症、結核、睡眠時無呼吸症候群
目・耳・鼻の病気 緑内障、白内障、網膜剥離、難聴、副鼻腔炎など
ホルモン・免疫異常による病気 バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、甲状腺機能低下症、リウマチ性疾患、橋本病、全身性エリテマトーデス
血液・造血器の病気・異常 貧血、赤血球・白血球の数値異常
妊娠・女性特有の病気 妊娠、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頸部異形成、子宮内膜炎

※この病気であればNG/OKとは判断されず、最終的には病状で判断されますので、何はともあれ住宅ローン審査に申し込みしてみるしかありません。

 

じぶん銀行のワイド団信の詳しい情報はじぶん銀行の公式サイトで確認してください。 http://www.jibunbank.co.jp/

 

②団信への加入が任意のフラット35に申し込む

先ほど、団信の加入時の審査は簡易的なので告知書に虚偽を記入することで団信に加入できるという説明を行いました。虚偽の告知をした団信は「団信に加入していない」のと全く同じ状態ですが、「虚偽」「嘘」をついて契約することは決しておすすめできることではありません。ところが、全国300を超える金融機関が取り扱うフラット35は、健康状態が理由で民間の住宅ローンを借りれない人のために、団信に加入できない人にも住宅ローンの貸し出しを行っています。しかも、団信に加入しない場合、団信保険料分として団信加入時の通常のフラット35の金利から0.20%差し引かれた金利で借り入れることができます。

 

もちろん、万が一の死亡・高度障害状態になった場合でも住宅ローン残高は残ることになりますので、団信以外の備えや家族としっかりと相談しておくことが大切です。

 

なお、フラット35はどの金融機関で申し込んでも団信加入・非加入の条件はかわりません。従って、手数料・金利が低い金融機関をしっかりと選ぶことが重要になってきます。当サイトでは、金利と手数料の双方で業界最低水準の金利を提示している楽天銀行経由でのフラット35をおすすめしています。楽天銀行は楽天スーパーポイントも貯まりますし、楽天ユーザであればなおさらおすすめです。

楽天銀行の公式サイトはこちら https://www.rakuten-bank.co.jp/

団信に入れない人も借り入れ可能なフラット35

 

住宅ローン借り換えjpの団体信用生命保険(団信)に関連する記事はこちら

当サイトでは切り口を変えて団体信用生命保険に関する記事を執筆しています。団信に入れない場合の対策も紹介していますのでぜひ参考としてください。

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識