住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

団体信用生命保険(団信)に入れない・審査落ちの際の住宅ローン審査対策とは?

住宅ローンを組むためには団体信用生命保険(通称;団信)の加入が原則必須となっています。このため健康上の理由で団信の審査に落ちた場合には住宅ローンも組めないこととなります。
保険が重要な事は十分にわかってはいるけどもマイホーム購入を諦められないそんな方も多いのではないでしょうか。
 住宅の新規購入時の住宅ローンだけではなく、住宅ローンの借り換えの際にも団信の加入審査が行われるため、マイホーム購入後に健康状態が悪化した場合には団信の審査に落ちる可能性もあります。
本ページでは団信の審査に落ちた方向けに住宅ローン審査対策をご紹介していきたいと思います。
ご自身の健康状態に気遣いながらマイホームの購入や住宅ローン借り換えに取り組んでらっしゃる方々の一助になれば幸いです。

 

まず最初に 団体信用生命保険(団信)とは?

団信とは住宅ローン契約者が死亡もしくは高度障害を負った場合に保険会社から住宅ローンを貸し出している金融機関に保険金が支払われ住宅ローン残高の返済に充当されることで、住宅ローン契約者の住宅ローン残高がゼロになりものです。

この仕組みにより金融機関は住宅ローンの貸倒を防ぐことができ、住宅ローン契約者およびそのご家族はいざと言う際に住宅ローン返済が免除されるメリットがあります。

 団信は名前の通り生命保険であるため、加入の際に健康状態に問題がないかの審査が必要となります。仮にこうした審査を行わずに加入希望者全員を団信に加入させた場合には、保険会社の保険支払金が大きく膨らみ、保険料も大きく上昇してしまう事態が発生し、保険としての役割をなさなくなります。保険は加入者の助け合いという側面があります。

団信の仕組みの図をご紹介したいと思います。じぶん銀行の団信の仕組みですが、原則的に仕組みはどの団信も変わりません。

 

団信の種類とは?

住宅ローン契約時に標準で付帯される団信ですが、付帯サービスとして疾病保障付きの団信も存在しています。主な団信の種類をご紹介したいと思います。

種類 保障内容 取り扱い銀行
団信 死亡・高度障害

 原則すべての住宅ローン

※フラット35は任意加入

3疾病保障付き団信

死亡・高度障害

がん・脳卒中・急性心筋梗塞

 ソニー銀行、楽天銀行のフラット35アルヒのフラット35
8疾病保障団信

 死亡・高度障害

がん、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎

 イオン銀行の住宅ローンみずほ銀行
ガン保障付き団信

 死亡・高度障害

がん

 じぶん銀行の住宅ローンau住宅ローン
全疾病保障付き団信

 死亡・高度障害

その他すべての病気や怪我

 住信SBIネット銀行の住宅ローン住信SBIネット銀行のフラット35

 

団信の加入手続きとは?

団信の加入にあたっては告知書の提出が必要となります。健康状態や住宅ローン申込金額によっては医師の診断書も必要となります。
参考までに長期固定型住宅ローンの代表格であるフラット35の団信告知書をご紹介したいと思います。1枚の簡単なものとなっていますね。
過去3年以内に病気に掛かり治療受けたかの告知が必要となっています。

多くの金融機関では団信の告知書提出などの手続きを書面で行うのが一般的ですが、昨今は じぶん銀行au住宅ローン住信SBIネット銀行の住宅ローン新生銀行の住宅ローンなどのように団信の手続きがネットで完結するサービスも出てきています。

 

団信告知で虚偽告知をした場合のリスク・デメリットについて

団信の目的は住宅ローン契約者が死亡されたり高度障害を負った場合に保険金が支払われ、住宅ローン残高がゼロになることです。保険金支払い時に保険会社による審査があるため、加入時の告知に虚偽があった場合はかなりの確率で虚偽告知がバレると考えて良いでしょう。特に告知書のタイミングで通院をしていた場合には保険支払い時の調査で医師の診断書がチェックされ、告知書のタイミングで通院歴があったことがバレてしまいます。そうした場合には保険金が支払われないため住宅ローンが残り、返済にご家族が苦しむリスクが発生しますので、虚偽告知をして団信の審査に通ろうとするのは本末転倒と言えるでしょう。

 

団信の審査に落ちた方の住宅ローン審査対策とは?

 ①ワイド団信を取り扱う住宅ローンに申し込みをする

 ワイド団信は団信と同じ保障が受けられる一方で年0.3%程度の金利上乗せの保険料を支払うことにより、9加入条件を緩和した団信となり現在は多くの金融機関が取り扱いを行っています。ただし、注意をしておきたいのが現在国内で取り扱われているワイド団信の多くがクレディ・アグリコル生命保険株式会社が保険引受会社となっているため、ワイド団信を取り扱う住宅ローンに重複して申し込みをしても意味がないという点です。
ワイド団信を取り扱う住宅ローンとしては、じぶん銀行au住宅ローンソニー銀行が代表例となります。

②団信の加入が任意のフラット35を活用する

 日本政府の100%出資機構である住宅金融機構と民間の金融機関が提携し、提供している長期固定型住宅ローンの代表格フラット35は団信の加入が任意であり、団信加入を行わなくても住宅ローンの借入が可能となります。ただし住宅ローン契約者に何かがあった場合に残されたご家族が住宅ローン返済を行わないとマイホームを売却しなければならなくなってしまうリスクもあるため、団信の代替となる生命保険などの加入していることが望ましいと言えるでしょう。

③通院完了・病気の完治から3年待つ

団信の加入手続きの項目で実際の告知書をご紹介しましたが、告知すべきなのは過去3年間に手術を受けたか、2週間以上の治療経験があったか?です。つまり3年を経過していれば告知する義務が無いこととなります。

 

まとめ

団信はもしもの際にご自身やご家族を守る保険であり、可能であれば加入しておいた方が良い保険と言えます。この意味で団信の審査に落ちた方の次にとくべき住宅ローン審査対策しては①のワイド団信申し込みが最も安心できるものと言えるでしょう。住宅ローンは完済まで長い期間付き合う金融商品であるため、もしも際の備えをしっかりしておきたいものですね。

 

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 住宅ローンの金利推移・金利動向は?【2017年10月金利予想】
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着ニュース

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識