住宅ローン借り換え.jp

団体信用生命保険(団信)に入れない・住宅ローン 組めない病気一覧

住宅ローンに(ほぼ)必須の団信加入

フラット35の除く住宅ローンの借り入れ・借り換え時は、基本的に団体信用生命保険(団信)への加入が必須です。団信は簡単に言えば生命保険です。債務者(あなた)が万が一病気や事故で亡くなってしまった時に、住宅ローンの残高が保険金により支払われる保険です。残された家族に住宅ローンの返済義務を残さずに済みますし、金融機関にも住宅ローンを全額返済してもらえるメリットがあります。

 

そのため、団信への加入審査は住宅ローン審査の必須条件となっており、団信に加入できない場合は住宅ローンの借り入れ・借り換えの審査にも落ちることになります。団信の加入審査自体は難しいものではなく、金融機関が指定する保険会社に告知書提出して加入条件を満たしているかを審査してもらうだけです。

例えば、過去3年以内に手術を受けた経験があるか?過去に2週間以上継続して治療を行った経験があるかなど、現在・過去の健康状態に関する回答(告知)して、告知書で記載して保険会社に提出するわけです。

 

この特集ページでは住宅ローン審査で欠かせない団信の加入審査について注目して、例えばどのような病気を患っていたり、過去に患ったことがあると団信の審査落ちる可能性があるのかという点を確認していきたいと思います。

 

ワイド団信の引受実績を確認

ご存知かもしれませんが、一部の金融機関では団信の加入条件を緩和したワイド団信と呼ばれる団信を提供しています。また、そのワイド団信に加入できた実績のある病気を公開しています。「ワイド団信」で加入を引き受けたということは、通常の団信に加入できなかった実績がある病気であると逆説的に理解することができますので、まずワイド団信で引き受け実績がある病気を確認してみましょう。

 

団信の加入審査は銀行ではなく保険会社が実施

下記の病名の一覧はイオン銀行が取り扱うワイド団信の公式サイトより引用した引き受け実績です。なお、団信の審査は銀行が行うわけではなく、保険会社が行います。イオン銀行の場合「クレディ・アグリコル生命保険株式会社」を引受保険会社とする団信を提供していますので、この引き受け実績は「クレディ・アグリコル生命保険株式会社」の実績ということになります。例えば、変動金利・10年固定金利ともに業界最低水準の金利を提示してワイド団信も取り扱っているじぶん銀行の住宅ローンの引受保険会社もクレディ・アグリコル生命保険株式会なので、同様の実績があると言えます。

ワイド団信で引受実績のある病気

代謝異常による病気 糖尿病、脂質異常症(高脂血症・高コレステロール血症)、高尿酸血症・痛風
心臓・血圧の病気 狭心症、心筋梗塞、不整脈、心房細動、期外収縮、心臓弁膜症、高血圧症、血栓性静脈炎(静脈血栓症)
脳の病気 脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、脳動脈瘤(脳動脈解離)、てんかん、ギランバレー症候群
精神・神経の病気 うつ病・うつ状態、自律神経失調症、適応障害、不安障害、強迫性障害、パニック障害、睡眠障害、神経症
食道・胃・腸の病気 潰瘍性大腸炎、クローン病、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸ポリープ
肝臓・胆道・膵臓の病気 肝炎・B型肝炎、C型肝炎、肝機能障害、脂肪肝、胆石、胆嚢ポリープ
呼吸器(胸部)の病気 喘息、気管支炎、肺炎、肺血栓塞栓症、結核、睡眠時無呼吸症候群
目・耳・鼻の病気 緑内障、白内障、網膜剥離、難聴、副鼻腔炎など
ホルモン・免疫異常による病気 バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、甲状腺機能低下症、リウマチ性疾患、橋本病、全身性エリテマトーデス
血液・造血器の病気・異常 貧血、赤血球・白血球の数値異常
妊娠・女性特有の病気 妊娠、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頸部異形成、子宮内膜炎

 

同じ病気でも審査結果は変わる可能性がある

同じ病気だとしても、症状によって審査結果が異なるという点は注意しておきましょう。こればかりは告知をしっかりと行ったうえで保険会社の判断を待つしかありません。

なお、住宅ローンを契約するために告知書を偽って記載する人がいますが、告知義務違反に該当するとみなされると保険金が支払われなくなってしまいますのでそのような考えは捨てるようにしましょう。(保険契約時に告知義務違反をしても契約が2年経過すれば告知義務違反には該当しなくなる話が独り歩きしているのでひょっとしたら耳にしたことがあるかもしれません。確かに契約して2年経過した場合は告知義務違反には該当しないこととされていますが、詐欺とみなされて保険金を受け取れなくなる可能性が高いと思っておくべきです。)

 

団信の加入審査に落ちた場合の対応

上記のような病気になった経験があったり、治療中の場合、団信に加入できないことで住宅ローンの審査に落ちてしまう可能性があります。その場合の代表的な対策は2つあります。

 

ワイド団信への加入を検討する

1つ目は先ほど紹介したワイド団信に加入するという方法です。通常の団信に加入できた場合は保険料は銀行が負担してくれますが、ワイド団信の場合、住宅ローン金利に上乗せされますので、実質的には毎月の住宅ローン返済と共に保険料を支払っていくことになります。ネット銀行などではあまりワイド団信を取り扱っていなかったので、通常の団信に加入できなかった場合、メガバンクや地方銀行などの住宅ローンを選ばざるをえませんでした。最近は低金利で人気のネット銀行もワイド団信の取扱を開始して選択肢の幅が広がってきました。

 

<ワイド団信を取り扱う住宅ローン>

● じぶん銀行(年0.3%上乗せ)

⇒ 変動金利の場合、0.497%+0.3%=0.797%

⇒ 10年固定金利の場合:0.590%+0.3%=0.890%

ソニー銀行(年0.2%上乗せ)

⇒ 変動金利の場合:0.549%+0.2%=0.749%(変動セレクト)

⇒ 10年固定の場合:0.889%+0.2%=1.089%

イオン銀行(年0.3%上乗せ)

⇒ 変動金利の場合:0.570%+0.3%=0.870%(変動セレクト)

⇒ 10年固定の場合:0.690%+0.3%=0.990%

※金利は2017年10月。

 

大手銀行の住宅ローン金利とぜひ比較してほしいのですが、ワイド団信の金利を上乗せしてもかなりの低金利で住宅ローンを契約できることがわかります。なお、じぶん銀行では通常の団信の審査に落ちた場合、自動的にワイド団信の審査を行ってくれるので面倒な手続きは不要です。通常の団信が理由で審査に落ちた場合、再度住宅ローンに申し込みしなおさなければならないこともありますので、じぶん銀行の住宅ローンは健康状態に不安のある人も利用しやすいような設計になっています。

 

団信に加入しない

フラット35は団信に加入しなくても利用できる特徴がある住宅ローンです。そのため、健康状態に不安がある人の受け皿として利用されている側面があります。団信に加入できなかった場合(団信に加入したくない場合)は、フラット35の利用を考えましょう。例えば、住宅ローン借り入れ当初は健康状態に問題がなかったが、返済期間中に病気を患ったことで住宅ローンの借り換えを諦めているような人にもぜひためしていただきたいと思います。

 

<フラット35おすすめの金融機関>

楽天銀行・・・業界最低水準の金利+低い事務手数料が魅力

アルヒ・・・フラット35実行件数8年連続1位の確かな実績

住信SBIネット銀行・・・2016年フラット35取扱い開始!勢いのあるネット銀行

 

団信関連関連コンテンツ

団体信用生命保険(団信)に入れない・審査落ちの際の住宅ローン審査対策とは?   

糖尿病で住宅ローン審査落ち?住宅ローン審査対策とは?

フラット35の団信は不要?入らない?

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識