住宅ローン借り換え.jp

2019年10月の消費税増税で各社の事務手数料などが変更されています。最新の料金は各金融機関の公式サイトでご確認ください。

住宅ローンの団体信用生命保険(団信)に入れない病気一覧

この特集ページでは、住宅ローンとセットで考えなければならない団体信用生命保険(団信)と、団信に入れないケースや病気の紹介、また、その対策について解説しています。
 

住宅ローンを利用するには団信加入が(ほぼ)必須

住宅金融支援機構(国交省所管)が提供しているフラット35を除くと、住宅ローンの借り入れ・借り換え時は、基本的に団体信用生命保険(団信)への加入が必須です。

団信とは生命保険の一種で、債務者(あなた)が、万が一病気や事故で亡くなってしまった時に住宅ローンの残高が保険金で支払われる保険です。団信に加入しておくことで残された家族に住宅ローンの返済義務を残さずに済みますし、金融機関としても保険金で住宅ローンを全額返済してもらえるメリットがあります。

 

そのため、基本的に団信への加入は住宅ローン審査の必須条件となっていて、原則として団信に加入できない場合は住宅ローンの借り入れ・借り換えの審査に落ちることになります。団信の加入審査の手続き自体はさほど難しいものではなく、金融機関が指定する保険会社が用意する告知書に健康状態を記入して提出するだけです。保険会社は提出された告知書の内容をチェックして加入条件を満たしているかを書面で確認して加入可否を決定します。(住宅ローンの金額が5,000万円を超える場合など健康診断の結果の提出を求められることもあります。)

 

告知書には、過去3年以内に手術を受けた経験があるか、2週間以上継続して治療を行った経験があるか、と言った現在・過去の健康状態に関する質問項目が用意してありますので、「はい・いいえ」で記入していく様式で、記入も特に面倒ではありません。

 

この特集ページでは、住宅ローンの審査と一体ともいえる団信の加入審査について、どのような病気を患っていたり、過去に患ったことがあると団信の審査落ちる可能性があるのかという点を解説していきます。合わせて、通常の団信に入れない場合の対策についても解説したいと思います。

ワイド団信に対応するネット銀行の住宅ローン

インターネット銀行の住宅ローンは低金利で人気を集めていますが、ワイド団信に対応していないことが多く、通常の団信に入れないとネット銀行の住宅ローンを利用しにくい状況が続いていました。

最近はそのような状況は徐々に改善され、例えば変動金利で年0.415%のジャパンネット銀行の住宅ローンや、変動金利で年0.457%のじぶん銀行の住宅ローンのように低金利でありながらワイド団信に対応するネット銀行が登場しています。

ジャパンネット銀行もじぶん銀行もワイド団信を利用した場合、通常の金利に0.3%上乗せとなりますが、ワイド団信を利用した場合でもそれぞれ年0.715%、0.757%という低金利で住宅ローンを利用することができます。

※金利は2019年9月

ジャパンネット銀行のワイド団信について詳しくはこちら

じぶん銀行の団信・ワイド団信について詳しくはこちら

 

団信の加入審査に落ちるケース

先ほど説明したとおり、健康診断の提出を求められる高額な借り入れなどのケースに該当しない限り、団信は「告知書」に記入されている情報で審査が行われます。従って、告知書にオール「なし」と記入して提出できる人は基本的に団信の加入審査は通ることになります。

 

逆に言えば、団信に入れない可能性があるのは、「告知事項あり」と答えなければならない病歴や治療履歴がある人です。(告知事項ありの人が必ず加入審査に落ちるわけではありません)

 

と言うことで、まず最初に、どのような内容を告知しなければならないかを具体的に告知書を使って確認していきましょう。以下はフラット35の団信の告知書を抜粋したものです。

大きく6つの内容を告知する必要があります。(クリックすると別画面で大きい画像が表示されます)

フラット35の機構団信告知書

「過去3か月の通院履歴」や「過去3年の治療履歴」など上記の6つの質問の中に「あり」と回答しなければならないものがある場合は注意が必要です。(※繰り返しですが「あり」があったらNGというわけでもないですし、「あり」が複数個あったとしても加入審査に落ちることが確定するわけではありません)

 

保険会社は団信の加入審査の基準を公表しているわけではありません。ただし、どの保険会社も基本的には年齢・性別・病歴(症状)などの組み合わせから総合的に審査しています。また、各保険会社が全く同一の基準を設けているわけでもありませんので、団信の引受保険会社が異なる住宅ローンに申し込むことで結果が変わってくる可能性もあります。

 

主な住宅ローンの一般団信の引受保険会社をまとめてみましたので参考としてください。

主要住宅ローンの主な団信引受保険会社一覧

金融機関 引受保険会社
三菱UFJ銀行 日本生命
明治安田生命
みずほ銀行 第一生命
三井住友銀行 住友生命
りそな銀行
埼玉りそな銀行
第一生命
三井住友信託銀行 住友生命
住信SBIネット銀行
ミスター住宅ローンREAL
SBI生命
じぶん銀行 クレディ・アグリコル生命
ジャパンネット銀行 クレディ・アグリコル生命
楽天銀行 住友生命
楽天生命
ソニー銀行 クレディ・アグリコル生命
フラット35

住友生命など(地域・申込先によって異なる)

詳しくはこちら

アルヒ(ARUHIスーパーフラット)

クレディ・アグリコル生命
(アルヒ独自団信の場合)

※2019年9月、当サイト調べ。金融機関によっては上記に記載以外の引受保険会社による団信を提供しているケースもあります。詳細は各金融機関の公式サイトなどで確認してください。

 

団信の加入基準は、保険会社によって基準が異なるので最終的には、告知書を提出して申し込んでみないことには加入可否はわからないのですが、これまでに団信に入れなかった人はたくさん存在していてデータはある程度蓄積されていることもあり、加入できない可能性のある病歴や治療歴ある程度把握することはできます。

 

例えば、以下に該当するような場合は審査に落ちる可能性と言われています。

  • 3か月以内の通院・治療・投薬など
  • 3年以内の病歴
  • 心臓・血圧関連の疾患
  • 脳・精神系の疾患
  • 肺・気管支系の疾患
  • 胃・腸など消化器系の疾患
  • 目関連の疾患
  • すい臓・肝臓の疾患
  • がん(悪性新生物)
  • 糖尿病・リウマチなど
  • 身体障害手帳
  • 視力・聴力・手足・脊髄などの疾患
  • 健康診断・人間ドックの要再検査などの指摘

 

団信の加入審査に落ちた場合の対策

一般団信に落ちた場合、最初に考えたいのは加入条件を緩和したワイド団信の利用です。例えば、じぶん銀行(クレディアグリコル生命)のように、「一般団信」「ワイド団信」共通の告知書を提出すると、最初に一般団信の加入審査が行われて、一般団信に入れない人について自動的にワイド団信の加入審査を行って回答を返答してくれるケースもあります。

 

ワイド団信への加入を検討する

ワイド団信は、正式には加入条件緩和型団体信用生命保険と言い、通常の団信に加入できない人のために用意されている団信です。通常の団信の場合、団信の保険料は銀行が負担してくれますが、ワイド団信に加入する場合住宅ローン金利に上乗せして費用を負担していくことになります。

 

従って、毎月の住宅ローン返済に含まれる形でワイド団信の保険料を支払っていく、ということになります。

 

ワイド団信付で住宅ローンを利用する場合、ワイド団信加入後の住宅ローン金利で住宅ローンを比較することが重要です。例えば、じぶん銀行の場合、2019年8月の変動金利は年0.457%で、ワイド団信加入時の金利上乗せ幅は+0.3%なので、合わせて年0.757%で住宅ローンを契約することになります。ジャパンネット銀行なら年0.715%です。

メガバンクや地方銀行でも+0.3%の上乗せですが、ワイド団信を利用した場合の最終的な住宅ローン金利は変動金利でも1%を超えることが多く、ワイド団信を利用する場合でもネット銀行の住宅ローンが有利な条件で借りられることが多い状況です。

ジャパンネット銀行の住宅ローン・団信の詳細はこちら

じぶん銀行の住宅ローン・団信の詳細はこちら

※以前は、金利が低いネット銀行ではあまりワイド団信を取り扱っていなかったので、通常の団信に加入できなかった場合、メガバンクや地方銀行などの住宅ローンを選ばざるをえませんでしたが、最近は低金利で人気のネット銀行もワイド団信の取扱を開始して選択肢の幅が広がってきました。

 

団信の加入審査は銀行ではなく保険会社が行う

以下の「ワイド団信で引き受けた実績のある病気・症状」の一覧は、イオン銀行が取り扱うワイド団信の公式サイトから引用したものです。この引き受け実績は「クレディ・アグリコル生命保険株式会社」の実績ということになります。クレディ・アグリコル生命保険株式会社は多くのメガバンク、地銀、ネット専業銀行のワイド団信を引き受けています。

変動金利・10年固定金利ともに業界最低水準の金利を提示してワイド団信も取り扱っているじぶん銀行の住宅ローンの引受保険会社もクレディ・アグリコル生命保険株式会です。

 

ワイド団信で引受実績のある病気

ワイド団信に加入できた病歴に名前があるということは、ワイド団信に加入することで住宅ローンを利用できる可能性がある病気・症状と言えますし、「ワイド団信」で加入を引き受けた=一般団信に加入できなかったことがある病気・症状と理解することもできます。いずれにせよ参考になる情報になりますので、以下のワイド団信で引き受け実績がある病気は事前に確認しておくと良いでしょう。

代謝異常による病気 糖尿病、脂質異常症(高脂血症・高コレステロール血症)、高尿酸血症・痛風
心臓・血圧の病気 狭心症、心筋梗塞、不整脈、心房細動、期外収縮、心臓弁膜症、高血圧症、血栓性静脈炎(静脈血栓症)
脳の病気 脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、脳動脈瘤(脳動脈解離)、てんかん、ギランバレー症候群
精神・神経の病気 うつ病・うつ状態、自律神経失調症、適応障害、不安障害、強迫性障害、パニック障害、睡眠障害、神経症
食道・胃・腸の病気 潰瘍性大腸炎、クローン病、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸ポリープ
肝臓・胆道・膵臓の病気 肝炎・B型肝炎、C型肝炎、肝機能障害、脂肪肝、胆石、胆嚢ポリープ
呼吸器(胸部)の病気 喘息、気管支炎、肺炎、肺血栓塞栓症、結核、睡眠時無呼吸症候群
目・耳・鼻の病気 緑内障、白内障、網膜剥離、難聴、副鼻腔炎など
ホルモン・免疫異常による病気 バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、甲状腺機能低下症、リウマチ性疾患、橋本病、全身性エリテマトーデス
血液・造血器の病気・異常 貧血、赤血球・白血球の数値異常
妊娠・女性特有の病気 妊娠、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頸部異形成、子宮内膜炎

※同じ病気だとしても、症状によって審査結果が異なるという点は注意しておきましょう。こればかりは告知をしっかりと行ったうえで保険会社の判断を待つしかありません。

 

病気になったことがあっても、住宅ローンを契約したいなら告知書に嘘を書けばよいという人もいますが、告知書に嘘を書いたことが判明して告知義務違反に該当するとみなされると保険金が支払われなくなってしまいます。(保険契約時に告知義務違反をしても契約が2年経過すれば告知義務違反には該当しなくなる話が独り歩きしているのでひょっとしたら耳にしたことがあるかもしれません。確かに契約して2年経過した場合は告知義務違反には該当しないこととされていますが、詐欺とみなされて保険金を受け取れなくなる可能性が高いと思っておくべきです。)

 

ワイド団信を取り扱う住宅ローン

以下は、おすすめのワイド団信に対応する低金利の住宅ローンです。メガバンクや地方銀行もワイド団信に対応していることが多いですし、相談に乗ってくれたりするのでそれらの銀行に申し込んでしまいがちですが、住宅ローンは少しの金利差が数十万・数百万の違いになってしまいます。その場の情に流されすぎず、基礎となる住宅ローン金利が低いネット銀行の住宅ローンなどを選択肢の1つに加えることをおすすめします。

● じぶん銀行(年0.3%上乗せ)

⇒ 変動金利の場合、0.497%+0.3%=0.797%

⇒ 10年固定金利の場合:0.590%+0.3%=0.890%

じぶん銀行の住宅ローン・団信の詳細はこちら

ジャパンネット銀行(年0.3%上乗せ)

⇒ 変動金利の場合:0.415%+0.3%=0.715%

⇒ 10年固定の場合:0.580%+0.3%=0.880%

ジャパンネット銀行の住宅ローン・団信の詳細はこちら

※金利は2019年9月

 

大手銀行や地方銀行でもワイド団信は取り扱っていますが、それらの住宅ローン金利と比較すればわかりますが、適用される金利が比べ物になりません。上記の2つの銀行であればワイド団信の金利を上乗せしてもかなりの低金利で住宅ローンを契約できることがわかります。

なお、じぶん銀行では通常の団信の審査に落ちた場合、自動的にワイド団信の審査を行ってくれるので面倒な手続きは不要です。

 

また、フラット35でワイド団信を利用したい場合は、アルヒの店舗での相談がおすすめです。通常のフラット35では利用できないワイド団信がアルヒ独自のフラット35であるARUHIスーパーフラットの場合、ワイド団信に加入することができるためです。AUHIスーパーフラットは頭金の一定額の用意が必要ですが、通常のフラット35よりも金利が低く有利な条件で利用できます。ワイド団信の利用時の金利上乗せは0.3%。引受保険会社はじぶん銀行やジャパンネット銀行と同じクレディ・アグリコル生命です。

 

アルヒの店舗一覧・来店予約はこちら

 

団信に加入しないで住宅ローンを利用する方法

フラット35は団信に加入しなくても利用できる住宅ローンです。

そのため、ワイド団信にも加入できない人、ワイド団信に加入したくな人の受け皿として利用されています。

将来へ備えを考えると団信に加入しないことをおすすめしたいとは言いませんが、フラット35には団信に入らない場合は金利が0.2%低くなるメリットもありますので、団信に加入できなかった場合(団信に加入したくない人)はフラット35の利用を検討すると良いでしょう。

 

住宅ローン借り入れ当初は健康状態に問題がなかったが、返済期間中に病気を患ったことを理由に住宅ローンの借り換えを諦めているような人にぜひためしていただきたいと思います。

 

また、団信に入らないでフラット35を利用したいと考えている人には「アルヒのスーパーフラット」はかなりおすすめです。アルヒのスーパーフラットはアルヒだけが取り扱うフラット35で一般的なフラット35よりも金利が低いケースが多い商品なのですが、大きな特徴として「団信に加入しない場合の金利が非常に低い」という点があります。

 

もし団信に加入しないでフラット35を利用しようと思っている人はARUHIは選択肢に入れておくようにしましょう。

 

フラット35おすすめの金融機関

楽天銀行・・・業界最低水準の金利+低い事務手数料が魅力

アルヒ・・・フラット35実行件数9年連続1位の確かな実績。アルヒスーパーフラットなら団信不加入時の金利が特に低いだけでなく、ワイド団信に加入することも可能

 

楽天銀行のフラット35

 

団信関連関連コンテンツ

団体信用生命保険(団信)に入れない・審査落ちの際の住宅ローン審査対策とは?   

糖尿病で住宅ローン審査落ち?住宅ローン審査対策とは?

フラット35の団信は不要?入らない?

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2019年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識