住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

住宅ローン借り換えは同じ銀行でできる?

住宅ローンの金利低下が進んでいる中で住宅ローンの返済を続けていると、「今、利用している銀行の住宅ローンの金利低下」です。自分が利用している住宅ローン金利より低い金利を同じ銀行が提示していると、(やむを得ないのですが)正直不愉快な気持ちになってしまうものです。

 

そのうち、住宅ローンの借り換えを同じ銀行でできないのか?と気になるようになってくるようになるものです。これまで返済を続けているので取引もしやすいですし、今まで取引を続けてきた銀行内で借り換えできれば手続きも楽なのでそう考えるのは自然なことだと思います。

 

同じ銀行で住宅ローンの借り換えはできる?

フラット35からフラット35に借り換える場合は別ですが、残念ながら基本的には同じ銀行内での住宅ローンの借り換えは行えません(銀行が禁止しています)。従って、本来は今借り入れている金融機関とは別の金融機関から借り換え先を選ぶ必要があります。

 

同じ銀行内での借り換えができないのは、業界内の悪しき慣習の1つと言え、世論から批判を浴びた「携帯電話会社の長期利用者に厳しく新規利用者の獲得ばかりに力を注ぐ戦略」に近いと言えます。自社の住宅ローン利用者が、より低い金利でカンタンに住宅ローンの借り換えができるようにしてしまったら、銀行にとっては利ざや収益が減少に繋がってしまいます。このため原則、同じ金融機関で住宅ローンを借り換えを不可としているわけです

 

同じ銀行であれば借り換えではなく金利引き下げ交渉

一方で、金利引き下げ交渉により金利を下げることは可能ですし、実際、金利引き下げ交渉に成功したという事例はインターネットでも溢れています。言ったもの勝ちの対応で公平性・社会性が求められる銀行の対応としていかがなものかと言う声が聞こえそうですが、実態としては個別事案として判断されていると言う点に注意する必要があります。

 

つまり、「金利を下げて」と何も考えずにお願いしても簡単に引き下げてくれるわけではありませんし、運よく引き下げてもらえたとしても「ちょっとだけ」で終わってしまう可能性があります。

 

何度もチャンスが巡ってくる交渉ごとではありませんので、銀行には「金利引き下げしてもらえないなら、借り換えられてしまう」という危機感を抱かせることが重要になってきます。また、引き下げに成功したとしても中途半端な引き下げで承諾してしまうと、次の交渉は厳しくなってしまいますので、「最大限の引き下げ幅」を勝ちとることが重要になってきます。

 

より有利に金利引き下げ交渉を進めるには?

その1番の方法は「他の住宅ローンの審査に通っていつでも借り換えできる」ことを証明する書類を準備したり、その状態にもっていくこと、そして、それを現在の住宅ローンを利用している銀行に伝えることです。

 

同じ銀行でも積極的に借り換えによる流出を防止したいと考えている?のか、過去には大手銀行が「住宅ローン金利を引き下げましょうか?」とわざわざ向こうから電話することもありました。また、その銀行にいくら交渉しても引き下げてくれない時期もあったりもします。そのため、ネットでは成功談・失敗談が飛び交うことになっているわけです。

 

なによりも、中途半端に金利を引き下げるより住宅ローンを借り換えてしまった方が、総返済額を抑えることができる可能性が高いですし、「住宅ローンの借り換え準備が整った状態」で交渉するよりも強い立場で交渉できる方法はありません。

 

金利引き下げ交渉を第一の目的とした場合でも、本当に借り換えてしまうにしても、まずはどこか1つで良いので住宅ローンの審査に申し込んでおくと良いでしょう。

 

どちらにしてもまずは借り換えシミュレーションを

住宅ローンを借り換えるにしても、同じ銀行で金利引き下げ交渉をするにしても、毎月の返済額や総返済額がどの程度の水準になるかをシミュレーションすることをおすすめします。シミュレーションは専用ツールでカンタンに行うことができますので、まず最初に借り換え効果を確認しておくようにしましょう。

 

住宅ローンの借り換えシミュレーションはこちら

 

フラット35の金利引き下げ交渉は可能?

ちなみに、フラット35の場合は金利引き下げ交渉は行えない(大規模災害に見舞われた場合などの特別な金利優遇を除き、実際に成功したという事例が確認できていません)ため、原則として借り換えで対応することになります。冒頭で触れましたが、フラット35は同じ金融機関内での借り換えが可能ですし、それに対応している金融機関も数多く存在しますので同じ金融機関内で借り換える対応でも問題ありません。

 

ただし、フラット35は借り換え時に事務手数料や団信保険料などの費用の準備が必要になりますので、それらの費用を抑えることができる金融機関に借り換えた方が総合的にはメリットが大きくなります。

 

そういった観点では、2016年のフラット35取扱実績1位(銀行業界)を獲得した楽天銀行のフラット35は、「借り換え時の手数料が0.972%(税込)」と非常に低く設定されており、フラット35からフラット35への借り換え先の有力候補にあげられます。

 

フラット35はどこの金融機関に申し込んでも審査基準は変わりませんので、楽天銀行のフラット35だから落ちるということはまずありませんし、フラット35と言う住宅ローンの商品性そのものはどこで申し込んでも同じです。

 

楽天銀行のフラット35の詳細はこちら

 

 

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 住宅ローンの金利推移・金利動向は?【2017年10月金利予想】
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着ニュース

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識