住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

ソニー銀行の住宅ローン審査は厳しい?

ソニー銀行は日本初の資産運用型の銀行を目指したネット専業銀行であり、2001年にソニーや三井住友銀行が出資し設立されました。
2002年にはネット専業銀行で初となる住宅ローンサービスに参入し、来店不要、保証会社不要、固定金利と変動金利の契約金利タイプの切り替えを可能にするなど、住宅ローンサービスに大きな風穴を開けました。
ソニー銀行の住宅ローンはネット専業銀行の老舗と言え、現在でも他のネット専業銀行の追随を許さないサービスとなっているものも多く、住宅ローン借り換えの際には有力な検討先となるでしょう。
今回はソニー銀行の住宅ローン審査基準を見ていき、審査が厳しいのか解説したいと思います。

 

ソニー銀行とはどんな銀行なのか?

ソニー銀行は定期預金、外貨預金、仕組み預金、FX、投資信託、NISA、クレジットカード、株式・債券(仲介)、住宅ローン、カードローン(無担保ローン)などを幅広く扱っており、メガバンク・地銀と比較しても遜色が無い商品力と言えるでしょう。

また、「お客さま本位の業務運営方針」を掲げており、商品性の分かりやすさは高い顧客満足度に結びついています。

2016年に発表された「第12回日経金融機関ランキング」にて顧客満足度第1位を獲得し、9年連続で第1位に選ばれています。

※2017年の「第13回日経金融機関ランキング」では3位にランクイン。

 

ソニー銀行の住宅ローンの特徴とは?

ソニー銀行の住宅ローンの特徴を見て行きたいと思います。「お客さま本位の業務運営方針」を掲げているだけあり、ユーザーにフェアな姿勢を示す企業姿勢がよく表れる特徴と言えると思います。

詳細は ソニー銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリットを解説】を一読ください。

<住宅ローンの金利発表が早い>

多くの金融機関の住宅ローン金利発表は毎月1日となっていますが、少しでも安い住宅ローン金利を選びたい方は金利の情報を早く得て住宅ローン比較を行いたいと考えられるでしょう。ソニー銀行では前月の半ば(16日ごろ)に翌月の住宅ローン金利を発表しており、住宅ローン比較を行いやすくしています。

<特約期間経過後の金利も安い>

メガバンク、地銀、ネット銀行の多くが導入している特約期間中の住宅ローン金利引き下げ。これらは特約期間経過後に住宅ローン金利が大幅に上がり、割高となるデメリットがあり、高い金利を支払うか住宅ローンを借り換えるかという選択になります。しかし、ソニー銀行ではこうした仕組みが無く、特約期間経過後も安価な金利が適用される特徴があります。

<初期費用が格安>

メガバンク、地銀、ネット専業銀行では住宅ローン借入れ時に諸費用として2.16%のコストが必要となります。ソニー銀行の住宅ローンでは43,200円の固定となっており、3,000万円の借り入れの場合、メガバンク、地銀、ネット専業銀行では648,000円もの諸費用となりますが、ソニー銀行は43,200円となり、60万円もの諸費用削減効果があります。

<変動から固定・固定から変動へと金利タイプの切り替えが自由>

住宅ローンは原則、契約時に選択した金利タイプを変えることができず、変動金利を選んだ場合、1回だけ固定金利への切り替えが可能となります。ソニー銀行の場合には変動金利から固定金利へ、固定金利から変動金利への切り替えが何度でも可能となっています。

 

ソニー銀行の住宅ローンの審査基準について

さて、本題のソニー銀行の住宅ローン審査基準についてです。審査基準の中で厳しい点、そうではない点を明確にし、少しでも審査に通りやすくしたいですね。

 

ソニー銀行の住宅ローンの審査基準(職業)について

まず、職業についてです。ソニー銀行の住宅ローンを取り扱うソニー生命のホームページより、ソニー銀行の住宅ローンの審査基準のうち、職業に関する部分をご紹介したいと思います。

ソニー銀行本体のサイト上ではココまで詳細に記載はされておらず有用な情報と言えます。

ソニー銀行の住宅ローンが利用できるのは下記のようにサラリーマン、公務員、会社経営者、個人事業主などであり、派遣社員、契約社員、パート、アルバイトでは利用不可となっています。かなり厳しい基準と言ってよいでしょう。

派遣社員、契約社員、パート、アルバイトの方は楽天銀行のフラット35の利用を検討されてはいかがでしょうか。国が支援する住宅ローンであり、国内で最も審査に寛容であるといわれています。

 

ソニー銀行の住宅ローンの審査基準(年収)について

次に年収についてみてみましょう。銀行によっては年収100万円以上でも可能としていることもありますが、ソニー銀行では400万円以上としています。こちらかなり厳しいと言ってよいでしょう。

年収400万円未満の方は楽天銀行のフラット35の利用を検討されてはいかがでしょうか。国が支援する住宅ローンであり、国内で最も審査に寛容であるといわれています。

 

ソニー銀行の住宅ローンの審査基準(健康状態)について

ソニー銀行はもちろん、民間の住宅ローンを組むには団体信用生命保険(団信)への加入が必須です。団信は生命保険であるため、加入には審査があります。これを告知義務と言います。健康状態の告知では過去3年分の健康状態を告知書に記載する必要があり、結構状態によっては団信に入れず住宅ローン審査落ちとなってしまいます。

ソニー銀行ではこうした方々をフォローするため、ワイド団信という加入条件を緩和した団信を取り扱っています。この点は審査に寛容だといってよいでしょう。

 

ソニー銀行の住宅ローンの審査基準(資金用途)について

続いて、資金用途についてです。注意したいのが中古住宅はマンションのみ利用できる点です。中古戸建ては利用できないこととなります。この点も審査は厳しいと言ってよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか、全体的にソニー銀行の住宅ローン審査は厳しい印象を受けますね。特に年収は400万円以上としており、国内金融機関でも最も厳しい水準と言ってよいでしょう。しかし、ソニー銀行の住宅ローン特徴の項目で見てきた、他銀行と比較した際の優位性は極めて魅力的です。

サラリーマン、公務員、会社経営者、個人事業主の方で、年収が400万円以上ある方には魅力的な住宅ローンであると言ってよいでしょう。

年収400万円未満の方、派遣社員や契約社員には楽天銀行のフラット35の利用を検討されてはいかがでしょうか。国が支援する住宅ローンであり、国内で最も審査に寛容であるといわれています。

 

<住宅ローン借り換えjpがお送りするソニー銀行の住宅ローン情報>

ソニー銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリットを解説】

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(フラット35)公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン(金利選択型)公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識