住宅ローン借り換え.jp

2019年10月の消費税増税で各社の事務手数料などが変更されています。最新の料金は各金融機関の公式サイトでご確認ください。

【速報】ジャパンネット銀行が2019年12月の住宅ローン金利を発表

 

ジャパンネット銀行のロゴ

ジャパンネット銀行が12月の住宅ローン金利を発表しました。変動金利を年0.415%、10年固定金利を年0.580%と据え置きとしました。

 

ジャパンネット銀行はZホールディングス(ヤフー)と三井住友銀行などが出資する日本で最も歴史のあるネット専業銀行ですが、住宅ローンサービスへの参入は再後発となり、商品スペックに注目が集まっていましたが、住宅ローン金利は国内最低水準の住宅ローン金利を実現している、じぶん銀行、住信SBIネット銀行を下回る水準となり、一気に住宅ローン業界の台風の目に躍り出た形です。

 

今後、住宅ローンサービスはますます激化し、我々ユーザーにメリットがある状況が実現していきそうですね。

 

ジャパンネット銀行の最新金利・利用条件・キャンペーンについてはこちら

 

ジャパンネット銀行の住宅ローン

 

2019年12月のジャパンネット銀行の住宅ローン金利

 変動金利10年固定金利35年固定金利
2019年12月0.415%0.580%1.450%
2019年11月0.415%0.580%1.450%
2019年10月0.415%0.580%1.450%
2019年9月0.415%0.580%1.450%
2019年8月0.415%0.580%1.450%
2019年7月0.415%0.580%1.450%

最新の住宅ローン金利についてはジャパンネット銀行の公式サイトで必ず確認をしてください。(ジャパンネット銀行の公式サイト:https://www.japannetbank.co.jp/)

 

ジャパンネット銀行の住宅ローンは低金利が圧倒的な魅力

ジャパンネット銀行の魅力はとにかく低く設定されている金利水準です。ぜひ、他行と比べてどの程度安くなるかシミュレーションをしてみてください。

 

    借り入れ条件

変動金利

融資事務手数料

(A)

住宅ローン返済額(元金+金利)

(B)

合計費用

(C=A+B)

ジャパンネット銀行 新規・借り換え共通

 

借入金額:4,000万円

借入期間:30年

元利均等返済・ボーナス返済無し

年0.415% 約86万円 約4,255万円 約4,341万円
じぶん銀行 新規・借り換え共通 年0.457% 約86万円 約4,281万円 約4,367万円
住信SBIネット銀行 新規借り入れ 年0.457% 約86万円 約4,281万円 約4,367万円
借り換え 年0.428% 約86万円 約4,263万円 約4,349万円
楽天銀行 新規・借り換え共通 年0.527% 約32万円 約4,325万円 約4,357万円

※各社の住宅ローン金利は2019年12月。詳細は各金融機関の公式サイトで確認してください。

 

ジャパンネット銀行の住宅ローンは豊富な疾病保障・団信を取り扱い

ジャパンネット銀行の住宅ローンには一般団信を無料で付帯させる代わりに、必要に応じて疾病保障を付帯させれるようにがん保障団信と11疾病保障団信を取り扱っています。

加入条件を緩和したワイド団信も取り扱っており、さまざまな要望に応じることができるラインアップとなっています。

ジャパンネット銀行の住宅ローンの疾病保障と団信

 

 

ジャパンネット銀行の最新金利・利用条件・キャンペーンについてはこちら

 

 

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2019年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識