住宅ローン借り換え.jp

フラット35の団信は不要!団信に入らない?

 

 

フラット35の団信とおすすめ金融機関

フラット35は団体信用生命保険(団信)に入らないで借り入れできる住宅ローンです(民間金融機関の場合、個別事情がない限り団信への加入は必須です)。

 

どの金融機関にフラット35を申し込んでも団信無しでフラット35を利用することは可能なので、団信に加入しないでフラット35を利用する時もできるだけ借入条件が良い金融機関を選択することが重要なのは変わりません。当サイトでは、金利と事務手数料・サービス内容に優れた楽天銀行アルヒ住信SBIネット銀行の3つの金融機関をおすすめしています。

おすすめフラット35取扱い金融機関

楽天銀行のフラット35の詳細を確認する
アルヒのフラット35の詳細を確認する
住信SBIネット銀行のフラット35の詳細を確認する

 

団信のメリットと団信に加入する意味は?

「団信」は生命保険の一種です。

住宅ローン契約者が「死亡・高度障害状態」になった時に住宅ローンの残高が保険金で支払われるようにする生命保険なので保険金が返済年月の経過とともに減っていく生命保険で、住宅ローン利用者にとっては保険金発生条件を満たしたときに住宅ローンの残高がなくなるので、(家族が)マイホームを手放さずに済む可能性を広げるメリットがありますし、金融機関にとっても住宅ローンの返済を確実に行ってもらえるメリットがあります

その為、民間金融機関の住宅ローンでは団信への加入が必須となっているわけですが、国(住宅金融支援機構)が提供するフラット35は幅広い人にマイホームを購入する為のお金を融資することを目的としている側面があるので、団信に加入しなくても契約できるような制度になっています。います。(※加入はおすすめされています)

 

自分たちにとってもメリットは大きいですし、数年前のように団信の代わりの保険商品を利用するような方法もメリットが無くなっていますので、特別な事情や考え方が無い限りは、団信に加入しておいた方が良いと思いますが、この特集ページではフラット35の団信制度の解説しながら、団信に入らないでフラット35を利用することのメリット・デメリットを確認していきたいと思います。また、最後に「団信」という生命保険が通常の生命保険と比べてお得なのかについても検証していますので参考としてください。

 

フラット35の新機構団体信用生命保険制度について

まず、フラット35の団信は2017年10月に制度改定がありました。 (2017年10月に行われたフラット35の団信は制度改定に関する特集記事で詳しく解説しています)

 

それまでのフラット35の制度では、フラット35の元金・利息の返済とは別に団信の保険料を毎年支払う必要がありました。現在の制度は、毎月のフラット35の返済の中に含んで保険金が支払われるようになっています。団信加入自体は任意で、団信に加入しない場合は年0.2%低い金利でフラット35を利用できます。

 

この0.2%の金利がフラット35の総返済額の違いが実質的な団信の保険料負担ということになります。

 

まず、この0.2%の金利差が住宅ローンの返済額にどの程度の影響を与えるかを確認してみましょう。

 

フラット35団信加入有無の返済額の違い

ここではフラット35で3,000万円を35年間で借り入れた場合の毎月の返済額・総返済額をシミュレーションしています。(フラット35の金利は2018年11月の楽天銀行アルヒ住信SBIネット銀行などが提示している最低水準の金利を利用)

 

団信加入有り

フラット35

固定金利 年1.45%

団信加入無し

フラット35

固定金利 年1.25%

お借入金額 3,000万円 3,000万円
お借入期間 35年 35年
ご返済方法 元利均等返済 元利均等返済

総返済額

(利息)

3,828万円

3,706万円

毎月の返済額 9.2万円 8.9万円

 

この条件で借り入れた場合、総返済額で約122万円、毎月の返済額では約3,000円の違いになります。1年間で約36,000円の保険料負担を必要経費と考えられるかがフラット35で団信に入るか入らないかを決める最初の分岐点になります。

 

「この程度であれば必要経費だ」と思えれば団信に加入すれば良いでしょう。この費用は節約すべきと考えるようであれば団信に加入せずにフラット35を申し込むと言う選択肢が浮上してきます。

 

入りたくても団信に加入できない場合

過去に大きな病気を患ったことがあったり、現在も治療中の病気があると団信に入れないことがあります。

民間の住宅ローンの場合、団信に加入できないと基本的に住宅ローンを利用できませんが、これまでの説明の通りフラット35であれば団信に加入しなくても利用できます。フラット35は過去・現在に闘病中の人でもマイホームを購入できるように支援する目的も備えているのがその理由ですが、団信に加入せずに住宅ローンを利用することには一定のリスクがあります。

 

ポイント

団信に加入できない人は、まず、家族にその事情をしっかりと説明することが重要です。マイホームを購入して団信に加入せずに住宅ローンを利用した場合、家族がマイホームを相続すると住宅ローンの返済義務もセットで相続することになります。相続放棄するとマイホームも自分たちのものではなくなってしまいます。

このことを家族が理解していることが重要です。

例えば、事業を営んでいて個人保証の事業用の融資が高額の場合だと、事業の状況によっては最初からマイホームを相続できるような状況ではないこともあります。そういったケースは(最初からマイホームに住むのを諦める)という判断ができる場合もあるでしょうし、独身のマンション購入のように家族に家を残す必要がない状態でマイホームを購入するケースは団信に加入しないという選択肢は大いにありますね。

 

マイホームを残したい家族もいて、団信に加入したくても健康状態の問題で加入できない人は、契約前に家族としっかりと相談し、家族の協力を得ながら繰上返済をしっかりと進めて少しでも早く元本を減らすことを心がけるようにしましょう。

 

フラット35の団信に入らない・不要と判断できるのは?

団信とは、残された家族が住宅ローンの返済せずにマイホームを住み続けられるようにするための生命保険です。

先ほども触れましたが、団信に入らない・不要と判断しやすいのは「独身・単身」でマイホームを購入してフラット35を利用するケースです。自分一人が住むための家をフラット35を利用して購入していて、もしあなたが死亡したあとにその家に住みたいと思う人がいないようなら、団信に加入する必要性は少ないと言えるでしょう。また、「あなたに万が一の状態になっても住宅ローンを確実に返済できて、家族が生活できるだけの資金的な余裕がある場合」や「すでに十分な金額の生命保険に加入している場合」も団信に入る必要がないと判断できる可能性が高まります。例えば、すでに十分な金額の生命保険に加入しているケースです。

団信と言っても所詮は生命保険でなので、2重・3重で加入すると過剰保険の状況になってしまうこともあります。その場合は団信に入らないという判断を合理的に行えることがあるわけです。

 

一般的な生命保険とフラット35団信の保険料の比較

最後に一般的な生命保険と団信の保険料を比較していますので参考としてください。結論、これから加入するのであれば、一般的な生命保険に加入するよりも団信に入っていた方がかなりオトクということがわかると思います。

30歳の方と40歳の方で民間生命保険(ライフネット生命)とフラット35団信の保険料を比較してきます。

30歳の場合

※住宅ローン65歳完済で残高3000万円、生命保険保障が3000万円と仮定

  フラット35団信 ライフネット生命
月額  2,870円※ 8,156円
年間  34,440円 97,896円
総計  1,205,400円 3,426,360円
差額  -2,220,960円  

団信のほうが圧倒的に安い計算ですね。これは生命保険では3000万円の保障が65歳(住宅ローン完済タイミング)まで続くのに対し、団信はあくまでも住宅ローン残高が保険金になるので、住宅ローンを返済することで保険金も毎年少しずつ減っていくためです。

(もし、64歳で死亡した場合、住宅ローンの残高は100万円ぐらいになっていて、それが0円になるだけですが、生命保険の場合、3000万円の保険金を受け取れることになる。)

 

※フラット35の団信の保険料は、2017年11月の楽天銀行フラット35の金利年1.37%から年0.2%を引き下げた総返済額の差額で計算しています。

 

40歳の場合

※住宅ローン65歳完済で残高2000万円、生命保険保障が2000万円と仮定

  フラット35団信 ライフネット生命
月額 1,847円※ 8,280円
年間 22,164円 99,360円
総計 554,100円 2,484,000円
差額 -1,929,900円  

年齢を40歳スタートにしても同じ結果ですね。

 

(参考)団信で保障されない病気への備えとは

団信は生命保険なので加入したとしても疾病やケガなどで働けなくなって収入が途絶えた場合の保障はありません。

今、医療の高度化で以前であれば高度障害や死亡していた病気や怪我でも治療で生存してくことが可能な世の中になっています。がん生存率も年々あがっています。

人生100歳時代が目の前に迫ってきています。そのような病気やケガへの備えの重要性は増しています。

金融機関保障内容 
じぶん銀行の住宅ローンガンと診断されただけで住宅ローン残高が半分になる疾病保障が無料付帯。詳しくはこちら
au住宅ローンガンと診断されただけで住宅ローン残高が半分になる疾病保障が無料付帯。3万円のキャッシュバック特典もアリ詳しくはこちら
楽天銀行の住宅ローン
(金利選択型・変動金利)
全疾病(すべての病気や怪我)の保障が無料付帯詳しくはこちら
イオン銀行の住宅ローンガン保障や8疾病保障を取り扱い(有料)詳しくはこちら
新生銀行の住宅ローン要介護3と認定されると住宅ローン残高がゼロに詳しくはこちら
住信SBIネット銀行の住宅ローン全疾病(すべての病気や怪我)の保障が無料付帯詳しくはこちら
三菱UFJ銀行7疾病保障を取り扱い(年0.3%の金利上乗せが必要)
みずほ銀行8疾病保障を取り扱い(有料)
2018年11月現在

 

おすすめフラット35取扱い金融機関

楽天銀行のフラット35の詳細を確認する  
アルヒのフラット35の詳細を確認する  
住信SBIネット銀行のフラット35の詳細を確認する  

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識