住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

フラット35の団信は不要?入らない?

フラット35は住宅ローン商品としては珍しく団体信用生命保険(団信)への加入が任意となっています。

既に十分な生命保険に加入している方が住宅ローンを組み団信に入ることは保険を2重にかけることになり掛け金が無駄になるデメリットがあります。

今回はフラット35で住宅ローンを検討している方向けに団信が不要、入らないという選択肢が妥当かという点を検証していきたいと思います。

 

フラット35の新機構団体信用生命保険制度について

2017年10月にフラット35の団信はグレードアップし、それまでの保障が死亡もしくは高度障害を対象としていたのを、死亡もしくは身体障害保障としました。身体障害については身体障害福祉法の1級もしくは2級に認定された場合となりそれまでの保障を拡大し、国内初の身体障害状態を団信の保障対象とするのは国内初だとしています。

また、10月1日の制度改正のタイミングでこれまで団信保険料が年1回住宅ローン残高に比例した金額を支払いする体系から、金利に含まれる体系への民間の住宅ローンと同じ体系に変わりました。

フラット35の団信への加入は任意であるため、団信への加入を行わない場合、年0.2%の金利引き下げが受けられます。

 

フラット35の団信に入らない・不要とすべき人物像は?

結論から言うと住宅ローン残高が完済し、残された家族が生活するのに十分な生命保険にかけている方にそれがあたるでしょう。例えば、住宅ローン残高が3,000万円あり、それ以外にご家族に4,000万円残したいという場合には合計で7,000万円の生命保険に加入していれば団信へ加入しなくてもよいと言う判断をしてもよいでしょう。

こうした生命保険に加入してない方でもフラット35を借りるタイミングで生命保険の見積もりも取り、団信とどちらがコストメリットあるのか比較するのも手でしょう。

 

民間生命保険とフラット35団信の保険料の比較

30歳の方と40歳の方で民間生命保険(ライフネット生命)とフラット35団信の保険料を比較してみたいと思います。

30歳の場合(住宅ローン65歳完済で残高3000万円、生命保険保障が3000万円と仮定)

  フラット35団信 ライフネット生命
月額  2,870円※ 8,156円
年間  34,440円 97,896円
総計  1,205,400円 3,426,360円
差額  -2,220,960円  

団信のほうが圧倒的に安い計算となりますが、これは生命保険では3000万円の保障が65歳(住宅ローン完済タイミング)まで続くのに対し、団信では65歳に向けて減り続ける住宅ローン残高に対し保障がされ、保険金が決められるためこうした計算となります。

 

※フラット35では団信なしの場合年0.2%の金利引き下げを受けれるため、2017年10月の楽天銀行フラット35の適用金利 年1.36%より年0.2%分を算出し団信保険料を算出。

 

40歳の場合(住宅ローン65歳完済で残高2000万円、生命保険保障が2000万円と仮定)

  フラット35団信 ライフネット生命
月額 1,847円※ 8,280円
年間 22,164円 99,360円
総計 554,100円 2,484,000円
差額 -1,929,900円  

こちらでも圧倒的にフラット35の団信保険料の方が安い計算になります。理由は同様で生命保険では2000万円の保障が65歳(住宅ローン完済タイミング)まで続くのに対し、団信では65歳に向けて減り続ける住宅ローン残高に対し保障がされ、保険金が決められるためこうした計算となります。

 

生命保険のメリット・デメリットをしっかり把握する必要性

前項で試算したように、団信は住宅ローン残高に対し保険料が決まるため住宅ローン残高が減れば保険料も減りますが、民間生命保険のが場合には保障金額の見直しが10年に1回など決めれています。このため住宅ローン残高に比例させて柔軟に保障額を変えることができず、団信の代替としてのみ新規の契約を行うことは極めてコストメリットが無いように思えます。

また、団信や生命保険が万が一への備えである以上、住宅ローン残高を下回る保障額でしか生命保険への加入を行わないのはリスクと言えるでしょう。生命保険の保障額が柔軟に住宅ローン残高に比例させられないのが最大のデメリットと言えるでしょう。

 

団信で保障されない病気なども想定しましょう

団信では疾病やケガなどで働けなくなった際の保障がありません。医療の高度化で以前であれば高度障害や死亡していた病気や怪我でも治療で生存してくことが可能な世の中が実現しつつあります。こうした事態への備えという意味では民間金融機関の疾病保障付き団信付きの住宅ローンも検討したいところですね。

金融機関保障内容
じぶん銀行の住宅ローンガンと診断さえただけで住宅ローン残高が半分になる疾病保障が無料付帯。
au住宅ローンガンと診断さえただけで住宅ローン残高が半分になる疾病保障が無料付帯。
楽天銀行の住宅ローン
(金利選択型・変動金利)
8疾病で1年間就業不能な状態が継続すると住宅ローン残高がゼロになる疾病保障が無料付帯。
イオン銀行の住宅ローンガン保障や8疾病保障を取り扱い(有料)
新生銀行の住宅ローン要介護3と認定されると住宅ローン残高がゼロに
住信SBIネット銀行の住宅ローン全疾病(すべての病気や怪我)の保障が無料付帯
三菱東京UFJ銀行7疾病保障を取り扱い(有料)
みずほ銀行8疾病保障を取り扱い(有料)
2017年10月現在

 

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 住宅ローンの金利推移・金利動向は?【2017年10月金利予想】
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

住宅ローン借り換え特集

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン関連新着ニュース

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識