住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

フラット35の団信を徹底比較&解説!(2017年10月リニューアル版)

2017年10月1日の申し込み分からフラット35がリニューアルします。現行制度と新制度の違いは、住宅金融支援機構のホームページなどで説明されていますので、本家や他の記事にお任せするとして、この特集ページでは、これから住宅ローンの借り入れや借り換え先をする人のために、新しいフラット35の団信と民間金融機関各社の住宅ローン利用時に加入する団信を比較してその特徴を解説したいと思います。

 

※この記事は、2017年10月以降の新制度を前提に記載しています。2017年9月以前にフラット35を申し込んだ場合に適用される制度とは異なりますので注意してください。

 

フラット35は団信への加入は任意?

民間の住宅ローンの場合、「団信(団体信用生命保険)」への加入は必須条件で、その保険料は金融機関が負担する仕組になっています。その為、一般的な民間金融機関の住宅ローンを利用する場合、団信については費用負担を意識する必要がありません。

一方、フラット35を利用する場合、団信への加入は任意ですが、保険料は利用者が負担する必要があります。

「団信」の制度だけを考えると民間の住宅ローンの方が有利ですが、団信に加入するためには引受保険会社による加入審査が行われます。過去に大病を患った経験や病気療養中の場合、団信の加入審査に落ちる可能性があります。その為、現在・過去の健康状態によっては、民間の住宅ローンを利用できない可能性があります。

民間金融機関でもこの問題を解決するために、「ワイド団信」と呼ばれている加入条件を緩和した団信を提供している金融機関が増えています。通常の団信に加入できない場合でもこのワイド団信を提供している金融機関の住宅ローンは利用できる可能性があります。ただし、ワイド団信を利用する場合、その保険料は利用者が負担する必要があります。一般的に、通常の住宅ローンの金利に「0.3%」程度が上乗せになりますので、毎月の住宅ローンの返済と合わせて保険料を支払っていくことになります。

  フラット35 民間の住宅ローン
団信 ワイド団信
団信への加入 任意 「団信」または「ワイド団信」への加入必須
団信の審査 加入する場合のみ 必ず実施される 条件を緩和して実施される
費用 利用者負担 金融機関負担 利用者負担

 

フラット35の団信保険料の金額は?

フラット35は、「団信込み」と「団信無し」の金利があり、その金利差は「0.2%」となります。「団信無し」の方が0.2%金利が低くなります。民間の住宅ローンは、前述の通り「団信込み」となります。

  団信込み 団信無し ワイド団信
フラット35 団信込みの金利―0.2% 取扱無し
民間の住宅ローン 取扱無し 通常の団信利用の金利+0.3%

 

これを、借入額3000万円・35年返済・金利1.0%(団信込みに適用)・元利均等返済・ボーナス払い無しの条件を基準にして総返済額の違い≒団信保険料の費用負担の違いをシミュレーションするとこのようになります。

  団信込み 団信無し ワイド団信
フラット35 35,568(千円)

34,405(千円)

▲1,163(千円)減

取扱無し
民間の住宅ローン 35,568(千円) 取扱無し

37,357(千円)

+1,789(千円)増

実際には借入金額や期間・金利により異なりますので、必ずご自身のケースでシミュレーションするようにしましょう。

 

フラット35の団信は解約可能?

民間の金融機関の住宅ローンの場合、団信・ワイド団信だけを解約することはできません(費用を負担していないので解約する意味もありません)。フラット35の場合、団信への加入は任意ですが、「団信込み」で契約した場合、「団信のみ」を解約して途中から金利を引き下げることはできませんので注意しておきましょう。また、「団信無し」で契約して、途中から「団信込み」にに変更することもできません。

※2017年9月までの申込みに適用される制度におけるフラット35の場合、団信の解約は可能です。

団信の三大疾病・疾病保障比較

 

フラット35

楽天銀行アルヒ住信SBIネット銀行

新生銀行 じぶん銀行 住信SBIネット銀行
団信種類 機構団信 3大疾病付機構団信 通常 安心パック

通常

(がん50%保障付団信)

11疾病保障

通常

(全疾病保障)

費用負担

団信無し+0.2%

団信無し+0.44%

(団信込み+0.24%)

無し 事務手数料+54,000円 費用負担無し +0.3% 費用負担無し
保障範囲

身体障害保障

死亡保障

介護保障

3大疾病保障

身体障害保障

死亡保障

 

高度障害保障

死亡保障

介護保障

高度障害保障

死亡保障

高度障害保障

死亡保障

がん50%保障

高度障害保障

死亡保障

がん保障

10種類の生活習慣病保障

高度障害保障

死亡保障

就業不能保障

年齢制限 15歳以上71歳未満 15歳以上51歳未満 20歳以上66歳未満 20歳以上66歳未満 51歳未満 51歳未満 20歳以上66歳未満
加入審査 告知内容を元に、物件の所在地ごとに定められる引受生命保険会社(明治安田生命・日本生命・第一生命・住友生命のいずれか)が審査 告知内容を元に、引受先保険会社(第一生命)が審査 告知内容を元に、引受先保険会社(太陽生命)が審査 告知内容を元に、引受先保険会社(クレディ・アグリコル生命)が審査 告知内容を元に、引受先保険会社(カーディフ生命)が審査
その他 各保障の細かな保障内容や保険金支払い条件、加入審査時の申告内容は金融機関・引受保険会社によって異なります。必ず各社公式サイトで確認してください。

通常の団信の場合、死亡保障に加えて高度障害保障が付帯します。フラット35の機構団信は「高度障害保障」が「身体障害保障」となっている点です。「身体障害保障」は「高度障害保障」よりも補償範囲が広いので、民間住宅ローンの通常の団信よりは保障内容が充実していると言えます。

※住宅金融支援機構パンフラットより抜粋

 

比較表には書ききれませんでしたが、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などの大手金融機関でも3大疾病保障などが付帯していますが、それらの疾病保障は、住宅ローンの金利に0.3%が上乗せされるため、フラット35の三大疾病付機構団信の金利上乗せ幅(団信込み+0.24%)は魅力的な水準です。じぶん銀行の11疾病保障などのように更に補償範囲が幅広い団信も存在しますので一概には言えませんが、「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」の3大疾病をおさえつつ、「介護保障」で原因を問わない万が一の事態に備えることができるのはバランスの良い商品設計と言えます。

 

ちなみに、フラット35の3大疾病付機構団信も含んで、一般的な3大疾病などの疾病保障は、申込時の年齢が51歳未満という制限があります。50代での住宅ローン申込みや借り換えで疾病保障をある程度充実させておきたいという場合は注意しましょう。住信SBIネット銀行の全疾病保障新生銀行の安心パックは、将来の病気やケガに対応できる補償が付帯しつつ、65歳まで申込み可能となっている点が特徴的です。

 

フラット35の団信・3大疾病まとめ

  • フラット35は団信への加入は任意。加入する場合は0.2%を住宅ローン金利に上乗せして費用を負担
  • フラット35(団信込み)で契約すると途中で団信を解約することはできない
  • フラット35の機構団信は通常の団信と比較するとやや保障範囲が広い
  • フラット35の3大疾病付機構団信の保障内容は費用負担(金利上乗せ+0.24%)とカバー範囲のバランスの良い商品設計と言える。

 

※この特集ページに記載している内容は当サイト調べ・見解。記載内容やその正確性を保障するものではありません。団信はどこで申し込んでも大差がない印象がありますが、各社で保険金支払い条件や保障内容が異なります。必ず、商品説明書などでその内容を確認するようにしましょう!

 

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 住宅ローンの金利推移・金利動向は?【2017年10月金利予想】
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

 

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着ニュース

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識