住宅ローン借り換え.jp

ソニー銀行の住宅ローン仮審査は最短1時間/AIの活用

ソニー銀行の住宅ローンの仮審査

ソニー銀行では2018年5月10日からAI(人工知能)を活用した住宅ローンの仮審査を導入して最短60分で仮審査の結果を回答するようになりました。ソニー銀行の住宅ローン仮審査は、このAI導入以前はこれまで2日から6日かかっていましたので、1時間程度で仮審査結果の通知を受けられるとなれば、気がついたときにすぐ申し込み、1時間後には仮審査結果が分かるようになりますね。

 

ネット銀行の住宅ローンは商品性や低金利が魅力ですが、書類の郵送などに時間がかかる点が弱点とされていました。ソニー銀行のAI導入はそうした弱点を補っていくことに繋がりますので、他のネット銀行にも浸透していきそうですね。ソニー銀行では電子契約にも対応することでネット完結型の住宅ローンを提供して利便性を高めています。

 

ソニー銀行の住宅ローン公式サイトはこちら

 

ソニー銀行の住宅ローン仮審査

 

申し込みから契約まで時間がかかると言われるネット銀行の住宅ローンを中心に、主要な銀行・金融機関の仮審査、審査日数、契約までに日数をまとめてみました。

 

 仮審査本審査

契約完了

特徴

ソニー銀行1時間5~10日最短20日程度 AIによる仮審査で結果回答が最短1時間
auじぶん銀行の住宅ローン当日 3日 最短10日日本で始めてネット完結型の住宅ローンを実現
アルヒのフラット35(店舗での手続きの場合)

1~2営業日 

最短3営業日最短10日 
イオン銀行の住宅ローン3~7日 1から2週間 1ヵ月程度 ネット完結型の住宅ローンを実現
 住信SBIネット銀行の住宅ローン当日~3営業日以内  約2~3週間1ヵ月半から2ヶ月程度 ネット・郵送のみで住宅ローン契約が実現
みずほ銀行不明不明1ヵ月程度 ネット完結型の住宅ローンを実現

※2020年6月時点、当サイト調べ。

 

「仮審査の結果」が早くわかれば、審査に落とされた時でも次の住宅ローン探しを始められるメリットがあります。マイホーム売買契約日が決まっている場合なら審査にかかる日数は非常に重要で、マイホームの売買契約そのものに影響することになります。

住宅ローンは申込から契約まで1か月から2か月ぐらいかかるのが一般的です。時間に余裕をもって申し込めばよいのですが、マイホーム購入時には突発的な出来事もありますので、計画通りに物事が進められるわけではありませんので、住宅ローンの審査は1日でもはやく終わった方が良いのは当然ですね。

 

ソニー銀行の住宅ローン公式サイトはこちら

 

 

ソニー銀行関連コンテンツはこちら

ソニー銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリットを解説】

ソニー銀行の住宅ローン審査は厳しい?

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2020年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識