住宅ローン借り換え.jp

ソニー銀行が住宅ローン仮審査を1時間に短縮/AIの活用

ソニー銀行が2018年5月10日にAI(人工知能)を活用した住宅ローンの仮審査を導入して最短60分で仮審査の結果を通知してもらえるようになりました。

ソニー銀行の住宅ローン仮審査はこれまで2日から6日かかっていましたので、1時間程度で仮審査結果の通知を受けられるとなればおためしで申し込んでみて審査結果を調べることもできるようになります。

ネット銀行の住宅ローンは商品性や低金利が魅力ですが、書類の郵送などに時間がかかる点が弱点とされていました。ソニー銀行のこの取り組みはその弱点を補っていくことに繋がりますので、他のネット銀行にも浸透していきそうですね。

ただし、住宅ローンの契約を書類の郵送を不要にしてネットで完結させると仕組みまでは構築できていませんので、ソニー銀行の住宅ローンも発展途上とも言えそうです。

例えば、じぶん銀行の住宅ローンでは、パソコンやスマホで写真や書類をアップロードして契約を完結させることで申込から契約まで最短で10日を実現したりしています。

ソニー銀行の住宅ローン仮審査

 

申し込みから契約まで時間がかかると言われるネット銀行の住宅ローンを中心に、主要な銀行・金融機関の仮審査、審査日数、契約までに日数をまとめてみました。

 

  仮審査 本審査

契約完了

特徴

ソニー銀行 1時間 7~10日 1ヵ月程度  AIによる仮審査で結果回答が最短1時間
じぶん銀行の住宅ローン 当日  3日  最短10日 日本で始めてネット完結型の住宅ローンを実現
楽天銀行のフラット35  翌日  7~14日  1ヵ月半から2ヶ月程度   
楽天銀行(金利選択型) 翌日 

3~7日 

3週間から4週間  
アルヒのフラット35

1~2営業日 

最短3営業日 最短10日  
イオン銀行の住宅ローン 3~7日  1から2週間  1ヵ月程度  ネット完結型の住宅ローンを実現
 住信SBIネット銀行の住宅ローン 当日~3営業日以内   約2~3週間 1ヵ月半から2ヶ月程度  ネット・郵送のみで住宅ローン契約が実現
みずほ銀行 不明 不明 1ヵ月程度  ネット完結型の住宅ローンを実現

 

「仮審査の結果」が早くわかれば、審査に落とされた時でも次の住宅ローン探しを始められるメリットがあります。マイホーム売買契約日が決まっている場合なら審査にかかる日数は非常に重要で、マイホームの売買契約そのものに影響することになります。

住宅ローンは申込から契約まで1か月から2か月ぐらいかかるのが一般的です。時間に余裕をもって申し込めばよいのですが、マイホーム購入時には突発的な出来事もありますので、計画通りに物事が進められるわけではありませんので、住宅ローンの審査は1日でもはやく終わった方が良いのは当然ですね。

 

ソニー銀行関連コンテンツはこちら

ソニー銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリットを解説】

ソニー銀行の住宅ローン審査は厳しい?

 

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識