住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

ソニー銀行が住宅ローン仮審査を1時間に短縮/AIの活用

ソニー銀行が2018年5月10日よりAIを活用し、住宅ローンの仮審査を1時間に短縮します。

ソニー銀行の住宅ローン仮審査はこれまで2日から6日かかっており、今回のサービス改良で顧客利便性が大きく向上します。

ただし、今回の発表では住宅ローン契約に関し、ネット完結型との報道はなく、ソニー銀行などネット完結型を実現することで最短10日で住宅ローン契約ができる銀行とは引き続き大きな差がある状態です。

ソニー銀行の住宅ローン仮審査

 

ここで改めてネット対応が進んでいる銀行・金融機関の仮審査、審査日数、契約までに日数をまとめてみました。

 

  仮審査 本審査

契約完了

特徴

ソニー銀行 1時間 7~10日 1ヵ月半程度  仮審査結果回答のスピード化を実現
じぶん銀行の住宅ローン 当日  3日   10日 日本で始めてネット完結型の住宅ローンを実現
楽天銀行のフラット35  翌日  7~14日  1ヵ月半から2ヶ月程度   
楽天銀行(金利選択型) 翌日 

3~7日 

3週間から4週間  
アルヒのフラット35

1から2営業日 

10日から14日前後  1ヵ月半程度  
イオン銀行の住宅ローン 3から7日  1から2週間  1ヶ月から1ヵ月半  ネット完結型の住宅ローンを実現
 住信SBIネット銀行の住宅ローン 当日から3営業日以内   約2~3週間 1ヵ月半から2ヶ月程度   ネット完結型の住宅ローンを実現

 

ソニー銀行関連コンテンツはこちら

ソニー銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリットを解説】

ソニー銀行の住宅ローン審査は厳しい?

 

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識