住宅ローンの借り換え・金利・比較・ランキングのことなら「住宅ローン借り換え.jp」

【裏技】マイホーム購入・注文住宅完成直後の住宅ローンの借り換え

住宅ローンを始めて利用するのは誰でもマイホーム購入時です。住宅ローンはマイホームを購入するために利用するわけですが、マイホーム購入時は、不動産会社への仲介手数料・引っ越し費用・家具の購入・これまで住んでいた住宅のクリーニング費用・外構工事などのマイホーム周辺環境の整備など様々なお金がかかります。計画的に貯蓄できていれば良いのですが、どうしても資金的には厳しくなってしまうことがあります。

 

また、そもそもマイホーム購入直後は不動産会社が大手の銀行や取引のある金融機関の住宅ローンを熱心に紹介してきます。また、不動産購入の契約を進めるにはどこかしらの住宅ローンの仮審査に通過しておく必要があったり、”ほかの人からもこの物件に照会が入っている”などとせかされるケースも珍しくありません。住宅ローンはマイホーム購入という大きなイベントの中の1つの手続きに過ぎませんので、住宅ローンについて真剣に考える時間が取れずに、”一番手続きが楽な”不動産会社から紹介された住宅ローンをそのまま契約する人が大半を占めていると言われています。

 

また、注文住宅の場合、工務店に住宅工事に着手するタイミングや中間時点などで住宅建築費用を支払う必要がありますので、手続きはもっと煩雑です。金融機関にとっても注文住宅の着手金などを賄うローンを提供するのは手間暇がかかるため、対応していない金融機関も多いのが実情です。工事を発注する工務店を選ぶだけでも一大事なのに、つなぎ融資に対応した住宅ローンを探し出して選定する時間はなく、注文住宅の場合制度がしっかりしていて、工務店から紹介されることも多い、フラット35を利用する人が多いと言われています。

 

注文住宅にしても、建売住宅やマンション購入にしても、”冷静に考えるとベストな住宅ローンを利用できていない”とあとになって気づくことは非常に多いわけです。大半の人は、マイホームに住み始めて1年・2年ぐらいが経過して、新しい生活に慣れてきたころに、”そういえば住宅ローンの借り換え考えなきゃな・・・・”と薄々感じ始めることになる・・・というのが住宅ローンの借り換えの最初の一歩だったりするわけです。

 

住宅ローン契約直後に全額返済(借り換え)する強者も。

中には、マイホームにまだ済んでおらず、マイホーム購入時に利用する住宅ローンの契約も終わっていないのに、住宅ローンの借り換えの金融機関に申し込みを行っている人もいるほどですが、例えば以下のようなケースでそのような裏技の手続きが進められているようです。

 

つなぎ融資対応している住宅ローンを最初は契約

注文住宅でつなぎ融資に対応する住宅ローンを利用する必要があった人の事例です。長く利用したいと思った住宅ローンがつなぎ融資に対応していなかったので、住宅が完成した直後にできるだけ早く借り換えられるように用意周到に準備するという事例があります。(住宅建築中はつなぎ融資に対応した住宅ローンで乗り切り、住宅完成と同時に借り換え実行。)

ちなみに、工務店やつなぎ融資をしてくれている金融機関には当然内密にして、借り換え候補の住宅ローンに申し込んだあとに借り換え先の金融機関の担当者やコールセンターに具体的な手続きについて相談しながら準備を進めたとのこと。

※「最初に借りる住宅ローン」の初期費用や金利タイプは詳しくわかりませんが、初期費用を抑えることを最優先にして、金利は高くても問題ないとして選んでいたとしたらかなりの用意周到です。(すぐに借り換えることが分かっているので金利が高く手も影響が少ない)」

 

転職・勤続年数のタイミングが悪かったので・・・

購入したい住宅の突然登場したので、マイホーム購入は進めたいが転職直後で本命の住宅ローンの審査が厳しくなることが予想されたので、比較的審査に通りやすいフラット35(初期費用を抑えて、金利が高いタイプ)に借り換えた。長く利用するつもりもないので、団信にも加入せずに、マイホームが購入できることだけを最優先にした。その後、勤続期間の条件は充足できたので、本命の住宅ローンの審査に通過すると同時にすぐに借り換えたという人がいました。

これもかなり機転が利く人の対応だと思います。ただし、本命の住宅ローンの審査がすんなり通れば良いですが、万が一審査に落ちると高い金利で住宅ローンを契約し続けることになってしまうので注意が必要だと思います。このケースでは転職先が大手企業だったので、かなり自信をもって手続きを進めていました。

 

マイホームの契約日に間に合わなかった・・・

最初から住宅ローンを自分で選ぶ気が満々で申し込んでいたが、審査と手続きに思ったより時間がかかって間に合わないことが判明。とりあえずメガバンクの住宅ローンで契約進めたが、本命の住宅ローンにすぐに借り換えで申し込みなおして、マイホーム購入1か月後に借り換え。

これは用意周到と言うよりも臨機応変に対応したケースです。普通は、間に合わないことにがっかりして本命の金融機関にクレームすることになってしまうものですが、すぐに借り換えに軌道修正するアイデアがでるのはかなり冷静(冷徹)な人です。

 

住宅ローンの借り換えは早い方が効果が大きい

確かに、より金利の低い住宅ローンに借り換えるのであれば、借り換えタイミングは早ければ早い方が効果が大きくなるわけですが、マイホーム購入時・注文住宅発注時に契約した住宅ローンの返済をほとんど行わずに借り換えてしまう人も存在するのには驚きました。

特に注文住宅の場合は、最初に契約できる住宅ローンに制限があったりするわけですが、住宅建築中に借り換え手続きを裏で進めておく、というのは1つの裏技なのは間違いありませんね。

 

住宅ローンを2つ契約すると、多少なりとも手数料などの費用が嵩むことになりますので注意が必要ですが、マイホーム購入時にちゃんと住宅ローンを選ばずに後悔しながら返済を続けるよりは、このような思い切った裏技も参考にしながら借り換えを考えてみるのも1つの方法と言えそうです。

 

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較

住宅ローン公式サイト

 じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 【じぶん銀行×au】 au住宅ローン専用申込サイトはこちら
 住信SBIネット銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら
 楽天銀行の住宅ローン公式サイトはこちら

住宅ローンの金利動向予想記事

 住宅ローンの金利推移・金利動向は?【2017年10月金利予想】
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

 

住宅ローン借り換え特集

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン関連新着ニュース

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識