住宅ローン借り換え.jp

住宅ローンの司法書士報酬の相場と比較

住宅ローンの借り入れ・借り換え手続きを進めるには「登記」の手続きが必要です。この特集ページでは住宅ローンの借り入れ・借り換えにかかる抵当権設定登記とその手続きを進めてもらう司法書士との関係・司法書士報酬の相場について解説しています。

登記について

日本国内における様々な権利関係を管理するために国(法務局)がが運営している制度です。土地・建物・不動産・法人・成年後見など様々な種類の登記があります。住宅ローンの手続きにおいては、不動産登記の手続きが必要で、登記手続きを行うことによって、土地や建物の保有者であることを国に証明してもらうことができるというわけです。また、その物件を担保にお金を借りていることも登記する必要があります。住宅ローンを契約するときにはこの「担保設定」の登記手続きは必ず必要になる、というわけです。この物件が「担保」になっていることを示す登記手続きは抵当権登記と呼ばれています。

 

司法書士とは

司法書士法に基づく仕業を担う人です。国家資格を有する人であり、不動産や法人などの登記手続きを代理で行っています。登記手続きは法務局などが定める書類を作成して提出することで誰でも手続きを進めることができるのですが、専門知識が必要なため司法書士に代理で行ってもらうのが一般的です。

 

住宅ローンの登録免許税・司法書士報酬の相場

不動産抵当権設定の登記には登録免許税と呼ばれる税金がかかります。税制上、住宅ローンの借り入れ・借り換えのための登録免許税は住宅ローンの金額×0.4%です。2020年3月末までは軽減税率が適用されることになっています。登録免許税の軽減税率の適用を受けるには財務省が示す所定の条件を満たす必要がありますが、それほど厳しい条件ではありません(財務省のホームページには2018年3月末までと記載されていますが、2020年3月末までに延長されています)。通常の住宅ローンの借り入れであれば軽減税率である住宅ローンの金額×0.1%と考えて良いでしょう。(1人暮らし用の住宅などは床面積の条件を満たさない場合がありますので注意しましょう)

 

上記の登録免許税は税金なので、どの銀行で住宅ローンを申し込んでも同じです。この登録免許税に加えて手続きを進めてもらう司法書士に報酬を支払う必要があるわけですが、司法書士報酬は、手続きしてもらう司法書士によって金額が変わってきます。以下は2013年に日本司法書士会連合会が所属する司法書士に対して行ったアンケート調査結果で、「抵当権設定登記」で受け取った報酬の平均を示したものです。同じ登記手続きでも金額がかなり違っていることがわかります。例えば、近畿地区の司法書士報酬が高い上位10%の平均は67,000円。東北地区で司法書士報酬が低い10%の平均は19,091円と3倍以上の開きがあります。

同じ手続きを行うのであれば費用は安く抑えたいという人もいると思いますし、司法書士を自分で探せと言われても困るという人もいると思います。結論としては、大半の銀行が「司法書士を指定してくる」ので、司法書士を自分で見るける必要はありません。そのかわり、司法書士報酬が安い司法書士を探して節約することもできません。

では、各銀行ごとの司法書士の報酬(正確には各銀行が指定する司法書士の報酬)はどの程度かを確認しておきましょう。以下は各銀行のホームページなどで紹介されている司法書士報酬の例をまとめたものです。平均すると8万円ぐらいの司法書士報酬がかかると想定しておくと良さそうです。

各銀行の抵当権設定費用の相場

銀行名 司法書士報酬
新生銀行 8万円程度
楽天銀行 6万円~9万円程度
じぶん銀行 6万円~10万円程度
住信SBIネット銀行 6万円~10万円程度
三菱UFJ銀行

9万円程度

三井住友銀行 13万円程度
イオン銀行

8万円程度

※司法書士報酬は当サイトが各金融機関のホームページなどで紹介されている司法書士報酬例を調査した金額を掲載しています。条件によって金額は異なりますので注意してください。詳しくは各金融機関の公式サイトやコールセンターなどで確認をお願いします。

 

抵当権は銀行にとって非常に重要な登記手続きです。各銀行は信頼できる司法書士を指定して確実な登記手続きを進めたいと考えています。司法書士報酬が高いからと言って、銀行指定外の司法書士を利用して登記手続きを進めたいと言っても原則としては受け入れてもらえません。また、司法書士を使わずに自分で登記手続きをすることも認めてもらえません。

どうしても納得できない場合は、司法書士会連合会が行っているアンケート調査の結果と比べると2倍近い司法書士報酬なのは事実ではありますので、金額に納得感がない場合は、司法書士会連合会のアンケート調査結果を見たのだが・・・と銀行に質問してみると良いでしょう。

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

 

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識