住宅ローン借り換え.jp

じぶん銀行 住宅ローン金利・詳細情報

じぶん銀行

メガバンクの三菱UFJ銀行と通信大手KDDIが共同出資して2008年に営業を開始したインターネット専業銀行「じぶん銀行」。2015年末より提供を開始したプロパー住宅ローンは国内最低水準の低金利を実現しているのはもちろん、がんと診断されただけで住宅ローン残高が半分になる疾病保障サービス「がん50%保障団信」を無料で付帯。

また日本初となる契約書の郵送のやり取りが不要なネット完結型のサービスを実現し、審査申し込みから契約まで最短10日で完了。保証料無料・繰り上げ返済手数料も無料となっています。加入条件を緩和したワイド団信の取り扱い住宅ローン借り換えユーザーの幅広いニーズに応えています。

  • 銀行詳細
  • 口コミ・レビュー

注目ポイント

時代の最先端を走る住宅ローンが
三菱UFJ銀行とKDDIの子会社・じぶん銀行から登場!

  • 変動金利が国内最低水準の年0.457%(2018/1現在)
  • 日本初のネット完結型で審査申し込みから契約まで最短10日
  • 「がん」と診断されたら住宅ローン残高が1/2に
  • 繰り上げ返済手数料、団信保険料、保証料が無料
  • 詳細情報はこちら

じぶん銀行 住宅ローンの概要

メガバンクの三菱UFJ銀行と通信大手KDDIが出資するじぶん銀行住宅ローンは、これまでの住宅ローンにはないサービスが数多く付帯しています。
まずは金利が重要です。特に変動金利と10年固定金利に力を入れており他行と比較しても驚異的な低金利で提供されている点に注目したいですね。

国内主要金融機関の中で最低水準の低金利を実現

住宅ローンを選ぶ中でユーザーが最も重視するのは金利でしょう。じぶん銀行は変動金利と10年金利で国内主要金融機関の中で最低水準の金利を実現しており、住宅の新規購入、借り換えの方いずれにとっても魅力的な選択肢となるでしょう。

「がん」と診断されると住宅ローン残高が1/2になる、がん50%保障団信

じぶん銀行の付加サービスで注目したいのは「がん50%保障団信」が保険料無料で付帯する点です。この団信は「がん」と診断されると住宅ローンの残高が1/2になるもので、一般的な疾病保障との違いは「がん」と診断されるだけで保障が受けられる点です。一般的な疾病保障では「がん」と診断されてもその後、1年間の就業不能が保障条件となるなど厳しい保険金の支払い条件が設定されています。医療の高度化で「がん」が不治の病でなくなりつつある中で、「がん」という診断だけで保障が受けられる素晴らしさは家族への保障としても心強いものとなるのではないでしょうか。また、がん保障団信は年0.2%程度の保険料が必要となる場合がほとんどであり、じぶん銀行のがん50%保障のように「がん」という診断確定が保障の条件となる疾病保障で無料という住宅ローンという商品は、当サイトの調べでは存在しません。※2017年6月現在

住宅ローンの契約が最短10日で完了!

じぶん銀行は日本で初めてネット完結型の住宅ローンを実現したことで、最短10日で契約が完了するスピード感を実現しています。

必要書類の郵送は不要でネット上でアップロードが可能で、契約書も紙では作成しないため捺印の手間もありません。

 

ネット完結で住宅ローン・火災保険の契約が可能

じぶん銀行はインターネット専業銀行として「スマート」な銀行サービスの実現を目指しています。住宅ローンの契約関連で2つの日本初を実現しています。まずは、契約完了までの手続きが書面の契約書を郵送でやり取りすることなく、ネット上で完結すること。ネット完結を実現したことで、住宅ローンの申し込みから契約まで最短10日というスピードを実現しています。2017年6月からは火災保険の手続きもスマホで完結できるようになっています。

ワイド団信を取り扱い

住宅ローンを組むためには団体信用生命保険(団信)への加入が必須となりますが、団信加入時には過去3年間の病例、治療歴及び現在の現在の健康状態を告知し、団信に加入できるかの審査が行われます。このため、健康状態によっては団信の審査に落ち、住宅ローン審査にも落ちる可能性があります。こうした健康上に問題がある方向け加入審査条件を緩和した団信をじぶん銀行では取り扱っています。ワイド団信と呼ばれるもので、 年0.3%の金利上乗せで利用可能となっています。

ワイド団信引き受け実績のある病気

糖尿病、脂質異常症(高脂血症・高コレステロール血症)、高尿酸血症・痛風、狭心症、心筋梗塞、不整脈、心房細動、期外収縮、心臓弁膜症、高血圧症、血栓性静脈炎(静脈血栓症)、脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、脳動脈瘤(脳動脈解離)、てんかん、ギランバレー症候群、うつ病・うつ状態、自律神経失調症、適応障害、不安障害、強迫性障害、パニック障害、睡眠障害、潰瘍性大腸炎、クローン病、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸ポリープ、肝炎・ウイルス肝炎(B型肝炎・C型肝炎)、肝機能障害、脂肪肝、胆石、胆嚢ポリープ、腎炎・糸球体腎炎、IgA腎症、腎臓機能障害、腎臓結石、蛋白尿、ネフローゼ症候群、喘息、気管支炎、肺炎、肺血栓塞栓症、結核、睡眠時無呼吸症候群、緑内障、白内障、網膜剥離、難聴、副鼻腔炎、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、甲状腺機能低下症、リウマチ性疾患、橋本病、全身性エリテマトーデス、貧血、赤血球・白血球の数値異常、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頸部異形成、子宮内膜炎

※引き受けは病名だけで決まるものではなく、症状で決まるため上記記載の病気でもワイド団信審査に落ちる可能性はあります。

 

  • 詳細情報はこちら

  • 詳しい情報を見る

じぶん銀行の
利用者評価・口コミ・レビュー

30代 会社員 男性

私が住宅ローンを借り換えした年月は、2017年3月です。
購入した物件の種類は戸建て(新築)で約9年前に購入しました。
購入した物件の場所は、愛知県尾張旭市です。

物件価格は3150万円で、今回は借り換えで2500万円の借入をしました。
仮審査申し込みを行った銀行は、住信SBIネット銀行とじぶん銀行になります。
じぶん銀行を選んだ理由は、住信SBIネット銀行の審査で決まった借入できる金額が、
借入希望額(2500万円)まで借りることができなかった為です。

今回は、じぶん銀行の変動金利(半年毎に金利見直しタイプ)を選択しました。
じぶん銀行を選んだ理由は、金利が低かったことが1番の決め手でした。(2017年3月時点の金利は変動金利で0.497%)その他に特典として、がんと診断されたらローン残高が2分の1になるがん50%保障団信が魅力的でした。私は、金利を0.2%上乗せしてがん100%保障団信にしました。

auユーザーの方は、au通信サービスとセットで利用すると、毎月500円分(最長5年間)
auWALLETプリペイドカードへキャッシュバックしてもらえます。
じぶん銀行の住宅ローン(借り換え)をして、後悔している点は1つもありません。

じぶん銀行住宅ローン(借り換えローン)を利用した感想は、申込みから融資実行まで、すべてネット上で完結できるので、とても便利でした。デメリットとしては、必要書類をすべて自分で集めてアップロードしなければならないので大変でした。手続きの中で、分からないことがある場合は、じぶん銀行の相談窓口へ電話をかければ、オペレーターの方が親切に教えてくれたので助かりました。じぶん銀行はネット銀行ならではの低金利を実現しているので、住宅ローン(借り換え)を検討している方にはぜひおすすめします。

40代 会社経営 男性

2017年1月に借り換えでじぶん銀行の住宅ローンを契約しました。6年ほど前に1.5%程度であるメガバンクの住宅ローンを利用し、マンションを購入していましたが、じぶん銀行の変動金利が0.5%を切り、金利差が1%あることから借り換えに踏み切りました。メガバンクでは疾病保障もつけていましたが、じぶん銀行の疾病保障は11疾病保障で0.3%の金利が上乗せとなるため、借り換えでは付けることを断念しました。

平日は金融機関に行くことが難しいためネット完結型のじぶん銀行で契約でき助かりました。

    • 口コミを投稿する

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識