住宅ローン借り換え.jp

ミスター住宅ローンREALとネット専用住宅ローンの違いとは?

この特集ページはちょっとわかりにくい、住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンとミスター住宅ローンREALの違いを解説しています。かなり似ている2つの住宅ローンですが、どちらの住宅ローンにしようか迷っている人は参考にしてください。

ネット専用住宅ローンはネット完結型の住宅ローンでミスター住宅ローンREALは店舗専用の住宅ローンで商品付帯内容も微妙に違っているので、本ページで分かりやすく解説していきます。

「ミスター住宅ローンREAL」は住信SBIネット銀行の商品であり、SBIマネープラザが住信SBIネット銀行の銀行代理業者として販売する商品です。

 

 

住信SBIネット銀行の取り扱う住宅ローン

住信SBIネット銀行では下記の住宅ローンを提供しています。(2020年10月現在)

 ポイント
ネット専用住宅ローン

ネット申込に限定した住信SBIネット銀行の主力の住宅ローン。低金利と全疾病保障で人気。一部繰上返済手数料・保証料無料。なお、ネット専用住宅ローンからの借り換えが行えないとともに、ネット専用住宅ローンの提供元である三井住友信託銀行の住宅ローンからの借り換えは不可。三井住友信託銀行の住宅ローンを利用中の人はミスター住宅ローンREALに借り換えも可能。

ミスター住宅ローンREAL

店舗(SBIマネープラザなど)での申込に限定した住宅ローン。低金利と全疾病保障で人気を集めている点はネット専用住宅ローンと同様。店舗で相談できるインターネット銀行の住宅ローンとして注目を集めている。なお、ネット専用住宅ローンと全く同じ商品と勘違いしがちだが、金利設定や全疾病保障の条件に微妙な違いがあるので注意。ミスター住宅ローンREAL(または、ミスター住宅ローン)を利用中の人はネット専用住宅ローンに借り換え可能。

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンや三井住友信託銀行の住宅ローンからの借り換えにも対応している点はポイント。

※2015年ごろに”ミスター住宅ローン”をネット上で取り扱っていたことがありますが、現在は取り扱っていません。

この特集ページでは、金利設定や商品性が酷似しているネット専用住宅ローンミスター住宅ローンREALの違いについて解説しています。この2つの住宅ローンは同じようで細かいところでは違いもたくさんありません。それらの違いを把握したいと思っている人はぜひ最後まで読んでいただければと思います。

 

商品性の違いはこれから説明しますが、ミスター住宅ローンREALは店舗申込限定、ネット専用住宅ローンはネット申込限定ミスター住宅ローンREALは三井住友信託銀行の住宅ローンや住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンからの借り換えも可能という点がポイントです。

 

ミスター住宅ローンREALとネット専用住宅ローンの金利の違いとは?

それぞれの2020年10月6日時点での金利は以下の通りです。ここで紹介している金利タイプは全て同じ金利になっていますが、他の金利タイプには金利設定が異なるものがありますので注意しましょう。

最新金利・詳細は以下の公式サイトから確認ください。

ネット専用住宅ローン:住信SBIネット銀行公式サイト

ミスター住宅ローンREAL:SBIマネープラザ公式サイト

 

変動金利

(通期引下げプラン)

10年固定金利

(当初引下げプラン)

20年固定金利

(当初引下げプラン)

35年固定金利

(当初引下げプラン)

ネット専用住宅ローン

※ 審査結果によっては、金利に年0.1%上乗せとなる場合があります

年0.440%(借り換えは年0.428%)

年0.66%年1.280%年1.590%
ミスター住宅ローンREAL

※ 審査結果によっては、金利に年0.1%~年0.3%上乗せとなる場合があります

年0.410%

年0.640%年1.280%年1.590%

※変動金利は通期引き下げタイプ、固定金利はいずれも当初引き下げタイプ。2020年10月。当サイト調べ。最新かつその他の金利タイプは各社の公式サイトで確認してください。

 

ここで、注意しなければならないことがあります。それは、「ミスター住宅ローンREALは住宅ローンの審査結果によって上記の金利に年0.1%~年0.3%上乗せされる可能性がある」という点です。ネット専用住宅ローンは審査結果で年0.1%上乗せされる可能性があります。両者の差は年0.2%ですので大きな違いです。

 

利用者により適用する金利のルール(審査結果で金利を変える or 変えない)が違うので、実際には両方に申し込まないと、自分に有利な金利が提示されるのがどっちかわかりませんが、この2つの住宅ローンに同時に申し込むことはNGになっていますので、どちらかの住宅ローンを選んだ上で、auじぶん銀行の住宅ローンなどの異なる住宅ローンへの申し込みを検討すると良いでしょう(auじぶん銀行の公式サイトはこちら

 

ミスター住宅ローンREALとネット専用住宅ローン 金利以外の違いは?

かなり商品性が似ていますが、ミスター住宅ローンREAL⇔ネット専用住宅ローン間の借り換えができるという点は覚えておきたいところです。現在どちらかの住宅ローンを利用している人にとって、この点は重要なポイントかもしれませんね。

次に金利以外の違いを一覧にしてみました。細々とした点も入れると色々と違いがあることがわかります。

 ネット専用住宅ローンミスター住宅ローンREAL
契約先 三井住友信託銀行住信SBIネット銀行 
販売チャネル住信SBIネット銀行のホームページSBIマネープラザやローンプラザ(新宿、池袋、大手町、立川)など対面相談
来店必要有無不要(ネット完結)必要
契約WEB(印紙不要)WEB(印紙不要)
ワイド団信取り扱いなし取り扱いなし
疾病保障全疾病保障が無料付帯全疾病保障が無料付帯
疾病保障引き受け会社カーディフ損害保険SBI生命保険
団信引き受け保険会社カーディフ生命保険SBI生命保険
その他付帯サービスガン診断給付金特約(女性限定)が無料付帯団体総合生活補償保険が無料付帯(まもなく終了)
保証料無料無料
事務手数料(税込)2.20%2.20%
一部繰上返済手数料無料無料
その他
キャンペーン

まず、ネット専用住宅ローンは来店不要・WEB上での契約完結などインターネット専業銀行ならではのサービスを実現している一方でミスター住宅ローンは店舗で相談を受け付ける対面でのサービスを前提としています。また、団信や疾病保障の保険引き受け会社にも違いがあり、出来上がった商品は似ていますが中身は別の住宅ローンと言えるぐらいなのです。

 

全疾病保障の内容は同じ?

次に住信SBIネット銀行の住宅ローンの人気の理由とも言える全疾病保障の保障内容を比較してみましょう。同じ全疾病保障と言う名前を使っていますが、保険引き受け会社も違いますし、8疾病保障以外の病気に対する保険金の支払い条件が異なっていますので注意しましょう。

  ネット専用住宅ローンミスター住宅ローンREAL
待機期間 3ヶ月 3ヶ月
月々の返済に対する保障8疾病 就業不能となった場合に12回(通算36回分)の返済が保障される  就業不能となった場合に12回(通算36回分)の返済が保障される
8疾病以外 入院により就業不能となった場合に11回(通算36回分)の返済が保障される 就業不能となった場合に21回(通算36回分)の返済が保障される(免責期間3ヶ月)
住宅ローン残高に対する保障8疾病 就業不能状態が12ヶ月経過すると住宅ローン残高がゼロになる  就業不能状態が12ヶ月経過すると住宅ローン残高がゼロになる
8疾病以外入院により就業不能状態が12ヶ月経過すると住宅ローン残高がゼロになる 就業不能状態が24ヶ月経過すると住宅ローン残高がゼロになる
 長期就業不能見舞金  なし 8疾病以外の疾病またはケガにより就業不能が12ヶ月継続すると30万円が支給される

主な違いを赤い太字で記載させていただきましたが、8疾病以外での保障に違いがあることが分かります。ネット専用住宅ローンでは8疾病以外では入院が前提になる一方、ミスター住宅ローンREALでは自宅療養でも保障対象としています。

そこだけではネット専用住宅ローンの方が保障のハードルが高そうにも見えますが、就業不能状態が12か月なのか24か月なのかは大きな違いです(当然、12か月の方が保険金支払い条件としては有利)。結論、どちらかが一方的に優れているわけではありませんので、この違いを把握したうえでご自身の考えに合っている方を選ぶと良いでしょう。

ネット専用住宅ローンの全疾病保障の保障内容について

住信SBIネット銀行の住宅ローンの全疾病保障の内容について

 

審査基準は同じ?違いは?

次に住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準の違いを見てみましょう。

  ネット専用住宅ローンミスター住宅ローンREAL
年収規定なし規定なし
職業正社員、自営業、派遣社員、契約社員、会社役員正社員、自営業、派遣社員、契約社員、会社役員
勤続年数規定なし規定なし
ペアローン・収入合算可能(LGBTでも利用可能)可能(LGBTでも利用可能)

いずれも大きな違いはありませんね。ただし気をつけたいのが年収など明確な基準をうたっていない点です。ネット銀行では珍しいくらい住宅ローン審査基準があいまいとなっています。

 

まとめ

今回は、住信SBIネット銀行の2つの住宅ローン(正確にはネット専用住宅ローンは住信SBIネット銀行の親会社の三井住友信託銀行が提供)の違いについて解説しました。どちらの住宅ローンも業界最低水準の住宅ローン金利でおすすめできる住宅ローンですが、微妙に商品性や金利設定に違いがあります。全疾病保障の違いなどは利用者も気づいていなかったりしそうですが、いざという時に分かれ目になる

ミスター住宅ローンREALは、住宅ローンのプロに相談したうえで申し込みたいという人に適した住宅ローンでしょう。また、ネット専用住宅ローンよりも低い金利を提示してもらえる可能性のある住宅ローンの審査に自信のある人に向いている側面もあります。

来店不要で団信・疾病保障の申し込みがネットで完結し、紙ベースでの契約書がないため収入印紙が不要という利便性・コスト性を重視する方にはネット専用住宅ローンが適しているといえるでしょう。

この2つの住宅ローンは全く別の商品ですが、ミスター住宅ローンREALネット専用住宅ローンに同時の申込みはできません。まずは気になるほうから申し込みをしてみましょう。

 

ネット専用住宅ローンの申込ページはこちら  

ミスター住宅ローンREALの相談予約はこちら  

 

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン関連特集

 【最新情報】住信SBIネット銀行の住宅ローンの最新金利動向・金利推移
 【最新情報】住信SBIネット銀行の住宅ローンの貸出実績は?
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?(メリット・デメリット)
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンは危険?
 【特集】住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準(厳しい点・あまい点は?)
 【特集】住信SBIネット銀行から住信SBIネット銀行に住宅ローンの借り換えできる?
 【特集】ミスター住宅ローンREALとネット専用住宅ローンの違いとは?

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2020年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識