住宅ローン借り換え.jp

みずほ銀行と静岡銀行が静岡県内の住宅ローン業務での提携を発表

メガバンクのみずほ銀行(みずほフィナンシャルグループ)と大手地銀の静岡銀行が、個人・法人向けの金融サービスで提携・連携することを発表しています。提携範囲は「資産承継」「信託」「投資信託」と言ったサービス面の提携に加え、「事務効率化」「フィンテック分野」なども含まれる方向で報道されています。

その提携の中に住宅ローン業務の連携が含まれていますので紹介したいと思います。今のところ、静岡県周辺に住んでいる人に多少影響がある程度と思っていて良さそうです。

 

みずほ銀行は地方部の住宅ローンから順次撤退していく

過去の記事(三菱UFJ信託・みずほ銀行が住宅ローンから撤退!今後の影響は?)でも紹介していますが、みずほ銀行は地方部の住宅ローンから撤退し、その地方部ごとに提携する銀行を決めて、その銀行の住宅ローンを紹介・媒介していく大方針を発表していました。つまり、静岡県周辺地域における提携銀行に静岡銀行を選んだということになりますね。

 

静岡県の銀行事情について

静岡県は日本国内の中でも有数のオーバーバンキング 状態になっている地域と言われています。オーバーバンキングエリアとは、その名の通り、銀行が多すぎる地域のことを言い、静岡県の場合、静岡銀行・スルガ銀行・清水銀行・静岡中央銀行の4つも地銀があります。例えば、静岡県の隣の神奈川県は横浜銀行と神奈川銀行の2つの地銀しかありませんし、人口や面積が比較的近い茨城県にも常陽銀行と筑波銀行の2つ地銀しかないことを考えると、確かに銀行が多すぎるのは事実と言えるでしょう。 地方銀行がたくさんあってオーバーバンキングになっている静岡県は、みずほ銀行などのメガバンクでも手を出しにくいでしょうし、効率的なビジネス展開も難しい地域と言えそうです。さらに、静岡県は日本で10番目に人口が多くビジネス規模も一定に期待できます。地方部の住宅ローン撤退を発表しているみずほ銀行が静岡県での展開を優先して検討し、その提携先に静岡銀行を選んだことはとても分かりやすいように思います。

今後の住宅ローンの提携について

みずほ銀行は静岡県で自社の住宅ローンの販売を取りやめるとともに、静岡銀行の住宅ローンを案内していくことになると思われますが、まだ詳細は明らかになっていません。静岡銀行の住宅ローンは、静岡県における融資実績No1の住宅ローンですが、住宅ローンの金利を比較するとじぶん銀行や住信SBIネット銀行の方が低いことがわかります。みずほ銀行と静岡銀行の住宅ローン提携が、静岡県内におけるネット銀行の住宅ローンの勢いを止められる程に成長するのか従来型の銀行のサービスがどのように変わっていけるのか、1つの試金石と言えそうです。

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

 

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識