住宅ローン借り換え.jp

【速報】長期金利が更に低下、約4か月ぶりの0.015%!

8月に入って右肩下がりの長期金利

8月に入り長期金利の下落が続いています。こちらの記事でお伝えした通り、8月中旬には米国と北朝鮮の緊張の高まりなどを理由に、日本国債への資金流入が増加し、2か月ぶりに0.35%程度まで下落しましたが、その後も長期金利の低下傾向が続いています。

8月25日(金)は利回り0.15%で取引を終え2017年5月2日以来4か月弱ぶりの水準で取引を終えています。

 

2017年9月の住宅ローン金利への影響は?

来週の金曜日は9月1日。8月の最終週を迎える来週は2017年9月の住宅ローン金利を次々と各金融機関が決定・発表するタイミングです。

 

既に住宅ローン金利の予想記事フラット35の金利予想記事でお伝えしている通り、9月の住宅ローン金利は低下する可能性が非常に高い状況にありましたが、更に低下傾向にあり日本の債券マーケットのプロのコメントの中には、月末にかけてゼロ金利に突入するという内容も目立ってきました。

 

8月25日に0.15%まで長期金利が低下したことで、9月の住宅ローン金利が低下になる可能性はほぼ確実と言える状況になったのはもちろん、場合によっては、0.10%程度の大幅な引き下げに踏み切る金融機関も登場する可能性がある水準になってきています。

 

9月に住宅ローンの借り換えを行うにはすでに申込みを行っておかないと間に合わない状況です。少しでも手続きを早めに進めることで9月の月末にドタバタとすることの無いようにしましょう。

 

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2018年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識