住宅ローン借り換え.jp

au住宅ローン 住宅ローン金利・詳細情報

au住宅ローン

三菱UFJ銀行とKDDIが共同で出資したインターネット銀行、じぶん銀行がauスマホユーザー向けに提供しているau住宅ローン。じぶん銀行の住宅ローンと同様に国内最低水準の低金利を実現し、「がん」と診断されただけで住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」を無料で付帯。またauスマホユーザー向けに毎月500円のキャッシュバックを最大60ヶ月行うサービスも付いています。ネット専業銀行ならではのネット完結型の住宅ローンを国内で始めて実現し、住宅ローンの審査申し込みから契約まで最短10日で完了。保証料無料・繰り上げ返済手数料も無料となっています。加入条件を緩和したワイド団信や11疾病保障の取り扱いもしています。

  • 銀行詳細
  • 口コミ・レビュー

注目ポイント

じぶん銀行がauスマホユーザー向けに提供する特別プラン!

  • 変動金利が国内最低水準の年0.457%(2018年1月現在)
  • 「がん」と診断されたらだけで住宅ローン残高が半分に
  • 仮審査の結果回答は最短即日
  • 日本初のネット完結型で審査申し込みから契約まで最短10日
  • 毎月500円をau walletにキャッシュバック(最大60ヶ月)
  • 詳細情報はこちら

au 住宅ローンの概要

メガバンクの三菱UFJ銀行と通信大手KDDIが出資するじぶん銀行が提供しているau住宅ローンはauスマートフォンを契約しているユーザー向けの住宅ローン商品となります。じぶん銀行が提供する一般ユーザー向けと同じくこれまでの住宅ローンにはないサービスが数多く付帯しています。
auスマートフォンユーザーではない方はじぶん銀行の住宅ローンを申し込みましょう。

変動金利・10年固定金利で国内最低水準の低金利を提供!

住宅ローンは長期間にわたりローンを返済していくため、金利負担が大きくなる金融商品です。目的はマイホームの購入なのでなるべく安い金利で住宅ローンを組みたいと思うのは皆さん同じなのではないでしょうか?au住宅ローンは2018年1月現在、変動金利と10年固定金利でいずれも国内最低水準の金利を提供しており、マイホームを新規で購入する方にも借り換えを行う方にも心強い存在となるでしょう。

au住宅ローン 充実の保障 がんと診断されると住宅ローン残高が1/2に

au住宅ローンで注目したいのは充実された保障です。じぶん銀行ではフラット35の借り入れでは年0.3%相当の保険料が必要な団信が無料で付帯されます。

また「がん」と診断されるだけで住宅ローンの残高が半分になる「がん50%保障団信」がこちらも無料で付帯される点です。この団信は、一般的な疾病保障と違い「がん」と診断されるだけで住宅ローン残高が半分になる保障が受けられる点が最大の特徴です。一般的な疾病保障では「がん」と診断されてもその後、1年間の就業不能が保障条件となるなど厳しい保険金の支払い条件が設定されています。医療の高度化で「がん」が不治の病でなくなりつつある中で、「がん」という診断だけで保障が受けられる素晴らしさは家族への保障としても心強いものとなるのではないでしょうか。また、がん保障団信は年0.2%程度の保険料が必要となる場合がほとんどであり、au住宅ローンのがん50%保障団信のように「がん」という診断確定が保障の条件となる疾病保障が無料で付帯される住宅ローン商品は、当サイトの調べでは存在しません。※2017年6月現在 なお、年0.2%の保険金相当の金利上乗せで「がん100%保障団信」への加入も可能です。こちらは「がん」と診断されるだけで住宅ローン残高がゼロになるものです。

 

ネット完結型で住宅ローンの契約が可能

au住宅ローン住宅ローンの契約関連で2つの「日本初」を実現しています。1つ目は住宅ローンの契約完了までをネット上で完結できることです。通常の金融機関では書面の契約書のやり取りや各種書類を金融機関に郵送する必要がありますが、au住宅ローンでは、スマホやインターネット上でアップロードするなどしてネット完結を実現しています。結果、住宅ローンの申し込みから契約まで最短10日というスピードを実現しています。2017年6月からは火災保険の手続きもスマホで完結できるようになっています。こちらも通常は2週間程度かかる手続きを即日で終わらせることができるようになっています。

auセット割で毎月500円、最大60カ月のキャッシュバック特典

au住宅ローンの商品スペックはじぶん銀行の住宅ローンと同じですが、auスマホユーザー向けのau住宅ローンのメリット・特徴であるのが、毎月500円のキャッッシュバックです。

auが提供する新しいポイント(電子マネー)である、 au walletに毎月500円のキャッシュバックがあり、最大で3万円が得られます。au walletの最大のメリットがポイントと表現するより現金に近いものでしょう。日本はもちろん、世界中のmaster cardが利用できる店舗で利用することが可能であり、もちろんAmazon、楽天、Yahoo!ショッピング、ゾゾタウンなどのネット通販でも利用可能です。通常のクレジットカードのように200円につき1円のポイント還元もあるため、クレジットカードの代替としても十分な実力を発揮します。(セブンイレブン、マツモトキヨシなど有名チェーンで利用するとポイント還元が数倍になるキャンペーンも随時実施ており、通常のクレジットカードよりもポイント還元率が高くなるメリットもあります)

Apple Payへの登録も可能な最先端のau walletを活用してみましょう!

au STAR じぶん銀行 特典にも注目!

auの利用年数に応じた特典であるau STARの併用でさらにお得に!

 

  • 詳細情報はこちら
  • 詳しい情報を見る

じぶん銀行の
利用者評価・口コミ・レビュー

40代 会社員 男性

じぶん銀行の口座開設をしたとき、住宅ローンが気になって現在利用している住宅ローン借り換えをしたいと思いました。ちょうど金利引き下げプランを実施していたので通常より低金利で借りることができるようです。がん保障、au住宅ローンセット割などのお得なセットがあったので、auユーザーとしては利用するしかないと考えました。他の住宅ローン比較もしましたが一番マッチしており、WEBサイトの住宅ローンシミュレーションをしたところ、かなりの節約になると感じたので借り換えを決めました。 実際にじぶん銀行の住宅ローン借り換えをすることで、総返済額がかなり減額しましたね。ローン残額は1200万円ほどありましたから、早めに決められてよかったです。借入額が大きいほど借入のメリットが大きくなり、実質年率は1%以上も下げることができました。返済期間もまだ10年以上は残っていましたので、借り換えにおけるメリットはすべて満たしていたわけです。 住宅ローンは借入総額が大きいだけあって、借り換えの節約効果は非常に大きかったですね。毎月のお金が浮くことで生活費に回すことが可能になりましたが、ここはあえて節約して貯蓄しました。子供の教育費用を貯めておきたかったので、無駄使いをしてはいけないと感じたわけです。浮いたお金で趣味・娯楽を充実させる方もいるようですが、あまり贅沢に慣れてしまうと借り換えしたメリットが薄れてしまうと考えたので、生活は基本的に現状維持としました。 現在は不安定な世の中だからこそ住宅ローン比較をして借り換えする必要性は大きいですね。借り換えをすることで毎月の出費を抑えられますし、それが完済まで続くのですから節約効果は絶大です。昔の住宅ローンは総じて今と比べて金利がかなり高かったので、今が住宅ローン比較をするタイミングですね。1%くらいの金利引き下げが期待できるなら、借り換えにおける諸費用を考慮してもかなりお得になりますよ。募集中

  • 口コミを投稿する

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング

住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識