住宅ローン借り換え.jp

2019年10月の消費税増税で各社の事務手数料などが変更されています。最新の料金は各金融機関の公式サイトでご確認ください。

借り換えユーザに人気!10年固定金利への借り換え比較

2019年12月金利更新

借り換えユーザに人気!10年固定金利への借り換え比較

10年固定金利が人気を集める理由とは?

  • すでに利用している住宅ローンが固定金利なので、借り換え後も金利も固定しておきたいと考える人が多い
  • 住宅ローンの残高が購入時より少なくなっているので多少の金利差であれば返済額に与える影響が少ないので固定しておこうと考える人が多い
  • これまでの住宅ローンの返済経験から金利が変わらないことの重要性を理解している
  • 不動産会社の営業がないので、自分の考え方・意思で住宅ローンを選んでいる

 

現在の住宅ローンの条件

現在の住宅ローン残高残りの返済期間金利返済額(月)返済額(合計)
2,500万円25年年2.0%105,963円31,813,720円

住宅ローンの借り換え時にかかる費用(コスト)は?

 事務手数料保証料団信保険料その他費用合計
じぶん銀行の住宅ローン550,000円無料無料180,000円730,000円
住信SBIネット銀行の住宅ローン550,000円無料無料180,000円730,000円
新生銀行の住宅ローン110,000円無料無料200,000円310,000円
ソニーの住宅ローン55,000円無料無料200,000円255,000円
※その他費用は概算値。抵当権設定・司法書士費用・収入印紙代などを含みます。条件によって異なります。
※じぶん銀行と住信SBIネット銀行は印紙代を無料にできるため2万円減額しています。
※新生銀行は”介護保障”などが付帯する安心パックを利用した場合

 

住宅ローンの借り換え後の返済額はどうなる?(最初の10年間)

 金利プラン返済方法金利返済額(月)10年後の残高
じぶん銀行の住宅ローン当初引下げ元利均等返済年0.570%89,650円約1,544万円
住信SBIネット銀行の住宅ローン当初引下げ元利均等返済年0.760%91,526円約1,549万円
新生銀行の住宅ローン元利均等返済年0.850%92,530円約1,563万円
ソニーの住宅ローン元利均等返済年0.920%93,315円約1,569万円
※シミュレーションは当サイトが実施。各銀行のシミュレーションで確認してください。

 

10年経過後の毎月の住宅ローンの返済額と総返済額はどうなる?

 基準金利金利優遇幅適用金利
じぶん銀行の住宅ローン年2.341%▲0.800%年1.541%
住信SBIネット銀行の住宅ローン年2.775%▲0.700%年2.075%
新生銀行の住宅ローン年1.550%▲0.900%年0.650%
ソニーの住宅ローン年1.807%▲1.00%年0.807%
※シミュレーションは当サイトが実施。各銀行のシミュレーションで確認してください。

【結果発表】10年固定金利への借り換え効果は!?

 

まとめ

住宅ローン借り換え.jpのおすすめ特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを様々な視点から徹底比較

 住宅ローン借り換えランキング
 大人気!変動金利への借り換え効果は?
 人気急上昇!10年固定への借り換え比較
 地方銀行の住宅ローン金利比較ランキング


住宅ローンの金利動向予想記事

 2019年の住宅ローン金利はどうなる?
 フラット35の金利はどうなる?フラット35の金利動向を予想!
 5年後・10年後の変動金利はどうなる?変動金利の今後を予想!

最新の住宅ローン金利一覧表

住宅ローン借り換え特集

住宅ローン関連新着情報

人気の特集記事ランキング人気の特集記事ランキング


住宅ローン借り換え基礎知識住宅ローン借り換え基礎知識